イベント

2014年7月 7日 (月)

鳥海山で自転車山登り大会が行われます。

鳥海山の登山口がある矢島町で自転車による登山大会、サイクルロードレース-全日本ヒルクライムレースも既に28回と歴史を重ねました。
201406_28th_



日本国内でも3大大会と呼ばれる様になりました。

今年は7月26日(土)と27日(日)の2日間、全町を挙げて開催されます。

▽タイムトライアル2012年の様子

2012_0728_162857dscn2060


▽ヒルクライム 2013年スタートの様子

2013_0728_083914p7280020

26日(土)の夕刻には前夜祭も行われますので多くの皆様の御来町をお待ち致しております。

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

由利本荘ひな街道・町中ひなめぐりを紹介します。

年々人気上昇し、来客が増えている
「由利本荘ひな街道・町中めぐり」
3月3日から開催されます。

準備の様子はこのブログの2月23日に記録しておりますので御覧下さい。
 
 
来町されるお客様にお楽しみ頂きたく、多くの皆様から諸準備にご尽力頂いております。
愛町心による活動で有り難い事です。

下記のチラシには皆様もよくご存じの一流モデルの加藤夏希さんがポーズを決めてくれておりますが、加藤夏希さんは当市出身で中学校までは地元に住まいしながらタレントとして活躍されておりました。

当市の観光大使を快くお引き受け下さいまして市内で開催される諸行事のポスターやパンフレットに登場して頂いています。

一流モデルの加藤夏希さんがポーズを決めてくれると、ポスターやチラシがグレードアップしますね。

H25223


「h25.2.23 由利本荘ひな街道ポスター・チラシ.pdf」をダウンロード

このブログを御覧の皆様、どうぞ由利本荘市矢島町にお越し下さい、町民総参加で皆様をお迎え申し上げます。

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

平成25年の地域合同新春懇談会を開催して頂きました。

さとう健一郎後援会の主催によりまして
「地域合同・新春懇談会」を開催して頂きました。

2013_0119_134117p1190001

由利本荘市は、平成17年に旧1市7町が合併して誕生した市です。

今年の地域合同・新春懇談会は寒波が居座って底冷えがする時期にも拘わりませず、約150名の皆様からご参集頂きまして盛大で賑やかな懇談会となりました。

開会のことばに続き、地域別に参集者の紹介がありまして、最も遠くからお越しの方は1時間近く掛けてこの会場に馳せ参じて頂きました。

次に、この懇談会の主催者で鈴木清後援会長から開催趣旨の説明を含めた挨拶がありました。
H25119

続いて、ご出席頂きましたご来賓の皆様から祝辞を頂戴致しました。

まず始めに佐竹敬久(のりひさ)秋田県知事の代理として出席して下さいました、副知事の堀井啓一様から祝辞を頂きました。

地域の生命線である由利高原鉄道の必要性や今年の1月2日にスノーモービル愛好者が鳥海山で遭難し、祓川ヒュッテに避難して無事救助された事例を挙げて、「祓川ヒュッテの全面建て替えも含めた改築の調査を早急に開始します」との地域課題の一つを前向きに対処する報告もありました。

H25119_2



副知事が代理出席して下さいました、佐竹敬久秋田県知事は今年の4月に任期満了を迎えて選挙が行われますが、県政課題を的確に把握し、適切に対処する佐竹敬久知事の手腕を私は高く評価しておりますので、全力で応援します。

祝辞の2人目として、地元から9年ぶりに誕生した衆議院議員の村岡敏英代議士の代理として、この度の選挙に於いて後援会長を務められた大越英雄様から祝辞を頂戴致しました。
私と村岡敏英代議士とは父君の兼造先生の秘書になってから25年の長いお付き合いになりますが、代理で出席して頂きました大越英雄様とも同じく25年、四半世紀のご厚誼を頂きました仲間です。

H25119_3

平成22年7月の選挙で民主党の現職議員を破って参議院議員に初当選された元プロ野球選手の石井ひろお参議院議員からの祝辞を秋田事務所の南都洋秘書から代読して頂きました。

H25119_4

続いては今年の7月に行われます参議院議員選挙に秋田県の全県1選挙区の自民党公認・立候補予定者の中泉松司県議からの祝辞を頂きました。
若さ溢れる挨拶を聞いて来場の皆様からも期待出来る候補者である事をご理解頂けた事と存じます。

H25119_5

最後に私から挨拶と県政報告をさせて頂きました。
私からの主要な報告は、鳥海ダム建設が政権交代で事業の進展が期待出来る様になりました。
H25119_6



国道108号の矢島町・総事業費40億円の前杉バイパス工区は着々と事業進行しており、出来た部分から供用開始する様に協議しています。

また、長年の懸案でありました鳥海町・矢ノ本バイパス工区が平成25年の新規事業として公共事業評価委員会から承認頂けた事は喜ばしい事です、と報告しました。

ご挨拶の最後に政治活動、6期22年目となりましたが「より良いふるさとづくりの為に働く事」との、初心を忘れる事無く、決して傲る事無く、積み重ねた経験を活かしながら、皆様から与えられた県議会議員の役目を果たして参りたいと日々気持ちを新たにして、活動を続けて参りたいと考えております、との気持ちを報告致しました。

以上で式の部を終えて、懇親会に移りました。

懇親会では鳥海町後援会長の佐藤豊様より開宴のご挨拶を頂き、

H25119_7



続けて市議会議員で由利地域後援会会長であります村上亨様からのご発声で乾杯が行われまして、和やかな懇親会が始まりました。

H25119_8


私が長くご厚誼を頂いております、秋田県で最大である田沢湖スキー場の福原幸成社長も、矢島スキー場で行われた全県スキースポーツ少年団・交流大会の開会式に参列の後に駆けつけてくれました。


2013_0119_153405p1190040

下記写真3枚は、会場全体の様子です。

H25119_9


H25119_10

H25119

大内地域からご来場の4名様と ↓

H25119_11

東由利地域からご来場の13名様と↓
H25119_13


2時間以上もたっぷり盃を酌み交わしながら懇親した後に、市議会議員で有り、東由利地域後援会長である鈴木和夫様の三本手締めでお披良喜となりました。

H25119_12

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

日本三大山岳サイクルロードレース大会が開催されます。

いよいよ、平成24年7月27日(土)と28日(日)に私のふるさと「矢島町」の第2のイベントであり、日本三大山岳ヒルクライムサイクルレースとまで称される様になりました
「第26回・Mt.鳥海バイシクルクラッシック」山岳登山サイクルロードレース大会が開催されます。
http://mt-chokai.j-cycling.org/  

1日目は個人タイムトライアルで矢島町の中で行われますが2日目の7月29日はヒルクライム、
日本百名山、標高2,236mの鳥海山の5合目までに駆け上ります。
高低差1,100mで全長26km
選手1,400人超の迫力在るサイクルロード大会をお近くで御覧下さい、迫力がありますよ。

H24530_mt

「h24.5.30 Mt.鳥海バイシクル(サイクル)のチラシ(スキャン).pdf」をダウンロード

その山岳登山サイクルロードレース大会の先導は秋田県警察の交通機動隊の「白バイ隊」が安全確保の為に勤めますが、その「白バイ隊」の更に前を地元の道案内の先導車として私の「フェアレディZ」が勤める事になりました。
ドライバーは実行委員会のハンドルさばきが上手な若手です。


走りたい車「フェアレディZ」に活躍の場を与えて下さいました、「サイクルロードレース大会実行委員会」の皆様に感謝を申し上げます。

H24415

このイベントを矢島町で第2のイベントと紹介しましたが、ちなみに矢島町の第1のイベントは9月の「八朔まつり」です。
http://akitakengi-kensato.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-239d.html  

21




| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

華道池坊由利本荘支部創立70周年記念花展・式典に参加しました。

ご案内を頂きまして、上記の

「華道池坊由利本荘支部創立70周年記念花展・式典」

に参加して参りました。

まず、記念行事の開始として関係者の皆様が揃っての集合写真を撮影しました。

H24630

その後に華展会場入り口で開会のテープカットが行われて会場に入りました。

華展会場に一歩足を踏み入れた所「眩しい風景」が目に飛び込んできました。

後藤支部長直々のご案内頂きながら、まずは会場正面に歩を進め、正面の机に飾られていたのは池坊の基本の形を表現した小ぶりの生け花でしたが素晴らしい存在感がありました。

向かって右隣には、この度の70周年記念華展の指導者として京都・本部から来荘下された・池坊中央研修学院・特命教授の香月義則先生の見事な作品があり、左隣には主催者である由利本荘支部長の後藤竹邦支部長の迫力ある作品が飾られてありました。

H24630_70

その後も後藤支部長からの解説を伺いながら、会場を一周しました。
100点出品作品を観賞しての感想は「素晴らしい」の一言に尽きます。
記念式典開会まで時間がありましたので、私は会場を3度廻ってゆっくりと十分に観賞させて頂きました。
花の大小、多数の色彩、花瓶との調和、等々何れも素晴らしく、私は息を呑み、胸がドキドキする感覚を持ちました。
一歩前に近づいて見たくなる作品、一歩下がって見たくなる作品、斜めから見たくなる作品等々、それぞれに活けた方の真剣さが伝わり、そこには確かに日本の伝統文化の力を感じました。

H24630_70_2

記念式典では、私の父が後藤竹邦支部長のご主人で秋田県を代表する書道家である後藤竹清先生の門下生であり、40年来のご厚誼を頂いて居るゆかりをお話しをさせて頂き、私が学生時代に恩師から教えを頂き、心に留めております下記の言葉を紹介して祝辞とさせて頂きました。

H24630


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「心は行動を起こし、行動は習性となる。習性は品性を作り、品性は運命を決す。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記の言葉に「良い」と云う言葉と「悪い」と云う言葉を入れるととても分かり易くなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「良い心は良い行動を起こし、良い行動は良い習性となる。良い習性は良い品性を作り、良い品性は良い運命を決す。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
式次第の最上段に記載されておりました。

H24630_2

今年はいけばな池坊550年祭との事でしたので、華道池坊の公式サイトをご紹介致します。
http://www.ikenobo.jp/main.html  

H24630_7017976

「h24.6.30 華道池坊・由利本荘支部70周年の表紙17976.pdf」をダウンロード

記録では華道池坊は550年祭なのでしょうが、池坊の公式サイトを読み進めてみますと、「いけばな発祥の六角堂と池坊」の紹介では、

「聖徳太子が用明天皇2年(587年)四天王寺建立のための用材を求めてこの地に至られた時、霊夢によってここに六角の御堂を建て、自らの護持仏を安置されたと伝えられています。六角堂の北面は、太子が沐浴された池の跡と伝えるところで、この池のほとりに小野妹子を始祖と伝える僧侶の住坊があったので「池坊」と呼ばれるようになりました。」
http://www.ikenobo.jp/ikebanaikenobo/rokkakudo/index.html 

との逸話が紹介されており、何とおよそ1,500年の歴史が繋がっておりました。

この度の記念華展で「時空を越えて花と詩う」の副題が良く理解出来ました。
70周年記念式典に当たり、歴代の支部長始め会員各位のご尽力に敬意を表し、今後益々日本伝統文化の継承と発展をご祈念申し上げます。
001

「h24.6.30 華道池坊・由利本荘支部70周年の裏表紙.pdf」をダウンロード

H24630_2


後藤竹清先生の書道展の作品展に付きましては、このブログの2008年2月9日に記録しておりますのでご参照下さい。


H24630_3

H24630_6




  

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

落語と天寿を楽しむ会に参加しました。

今年で第9回目となり、恒例となりました

「落語と天寿を楽しむ会」に参加して参りました。

落語は名門、三遊亭鳳楽師匠の独演会でここ数年、私は楽しみにして連続参加させて頂いております。
酒蔵の広さにより寄席は100席限定の会場ですので、ベテランの鳳楽師匠の見事な落語は話術のみならず、身振り、手振り、手ぬぐいの扱い等々、約300年続いていると言われている伝統芸能の魅力が存分に体感出来ます。

また、鳳楽師匠から紹介がありましたが「天寿での酒蔵寄席では、懇親会場が別室に準備出来て居るので落語が終わると早速、懇親出来る事が魅力です」と。

私に乾杯の発声を仰せつかりましたので、「美酒・天寿酒造の何れも美味しいのですが、その中でもふるさとの山、鳥海山の名前を冠した吟醸酒は各種のコンテストで高い評価を得ております。そのチラシを私のブログで紹介しますので是非、この実力を御覧下さい」と申し上げて杯を上げました。

2012_0526_210340dscn1194

H245

「純米大吟醸鳥海山・各種受賞チラシ.pdf」をダウンロード

鳳楽師匠の隣に着席させて頂き、懇談させて頂きました所「午後にホテルフォレスタ鳥海に到着しましたが、新緑がまぶしく、鳥海山が雄大で見事な姿でした」との事で、「地元の私としては遠方からのお客様に最高の歓迎の気持ちは鳥海山が見える事です」等々、会話を楽しませて頂きました。

2012_0526_213928dscn1208

鳳楽師匠の素晴らしい直筆の色紙の抽選会なども有り、懇親会は和やかに楽しく時が流れてゆきました。
2012_0526_220344dscn1216

私のふるさと自慢の一つである美酒天寿」の公式サイト

こちらhttp://www.tenju.co.jp/  ですので紹介します。

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

矢島茶会が開催されました。

今年の矢島茶会は第10回目となる記念茶会となりました。

茶道遠州流の第13世の小堀宗実家元もご来場下されて記念の御講話を拝聴する事が出来ました。

茶道遠州流と矢島町のゆかりに付きましては、茶会の会記に毎年記載されておりますが私のブログの2008年5月19日に記録しておりますので参考にされて下さいませ。



Chakai1_001



Chakai2_001


「h24.5.13 第10回 矢島茶会のプログラム.pdf」をダウンロード

  

御講話の中で私が心に留めた事は「茶の心ではお客人に楽しい一時を過ごして頂く為に、最善の準備をし、お招きしたお客人が喜ぶ様を見て、自分の喜びとする」とのご高説に深く感銘致しました。

記念講話の後には毎年恒例となりました龍源寺での邦楽の演奏がありました。
今年は「一調一管・鼓と笛」の演奏会でして素晴らしい演奏がありました。
演奏会の紹介チラシは私のブログの4月20日に記載しております。
  

予定されていたプログラムで演奏予定は三曲でしたが、サプライズとして龍源寺の副住職をゲストプレイヤーとして三人での特別演奏もありました。

土屋泰順(たいじゅん)副住職はお父上の眞雄(しんゆう)住職と同じく駒澤大学吹奏楽部に所属しており、担当は打楽器でしたので、相当の腕前です。

副住職が持ち出した打楽器はアフリカの伝統楽器で木をくりぬいて胴を造り山羊の皮が張られているジャンベと呼ばれている楽器でした。

夕刻には第10回茶会を記念して、小堀宗実家元を囲み秋田県支部会員多数出席の上に、懇親会も開催されて参加させて頂きました。

H24513

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

矢島駅に名車がズラリ (by やし子)

こんにちは

楽しかったゴールデンウィークも終わってしまいましたねsign01
皆様は、如何お楽しみになりましたかsign02

矢島町では、去る5月5日(土)矢島駅前広場にて

由利高原鉄道新車納入を祝して「矢島駅に名車がズラリ」と題したイベントが行われました

ご覧くださいフェアレディZがズラリ12台並びましたrvcar

これはダットサン・スポーツ・カー・クラブ オブ ジャパン、略してD・S・C・Cと呼ばれている全日本組織の秋田県と岩手県の方達が趣旨に賛同して集合して下さったそうです。

1

こちらはスカイラインGT等々・・・
3

本荘旧車会の皆様や、ご好意で愛車を展示してくださった方々のお蔭で沢山の魅力的な車がズラリと並び、お客様も沢山いらっしゃいました。

(この日は、おばこ号2両に満席のお客様が乗って、このイベントに来てくださいました)
7

車好きheart02には堪らない様子で、写真を撮ったりcamera、中を覗き込んだりeye
6

皆さんそれぞれに、楽しい時間を過ごしているようでしたgood
2



10

旧車・名車の他にパトカー・救急車・除雪車等も展示されましたが、珍しいのは

これsign03

県内にまだ一台しか無いという立ち乗り型二輪車「セグウェィ」もやってきました

佐藤県議も挑戦
5

最高速度30キロというセグウェイは意外に簡単に乗りこなすことができ、とても快適でした。

博覧会など広い会場の案内や、大きな工場、空港などの見回りに使用されているそうです。

沢山の方々のご好意により開催することのできたこのイベント

少しでも由利高原鉄道の利用促進に繋がるようにと、開催されました。

自然豊かな美しい沿線風景を楽しむことができるおばこ号に、ぜひ乗りに来てください。

9

----------------------やし子でしたpaper

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

5月5日のこどもの日に、由利高原鉄道「新おばこ」納車お祝いイベントin 矢島駅前が開催されました。

私のブログの4月14日  と26日 で紹介をしておりましたイベントが開催されました。
   
ご協力頂きました関係各位のお陰様で矢島駅前が賑わいました。

事前のチラシで紹介しておりました通り、

・パトカー

 

・消防車

H2455

・救急車

 

・大型ロータリー&ドーザー除雪車

 

・旧車・名車・フェアレディZ

ダットサン・スポーツ・カー・クラブ オブ ジャパン、略して

D・S・C・C メンバー
H2455_dscc

私とフェアレディーZ
H2455

本荘旧車会メンバー

H2455_2

磨き上げエンジン

H23109_3

とても珍しい秋田県内でただ1台の乗り物

・セグウェイも参加しておりました。H2455_3

心配しておりました、お天気もこのイベントを応援しているかの様に、開催時間中は晴れ間も見えました。

私の地域の生命線である由利高原鉄道の新車両は快調に運行しております。

H2455_4

新車両に乗車を希望される際には由利高原鉄道の公式サイトでご確認の上にお越し下さい。
  

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

由利高原鉄道・新車納車のお祝いイベントが開催されます。

私のブログで行事があればほぼ記録しております、私が住む地域の生命線である「由利高原鉄道」に新車が納車になり、快調に運行しております。

Microsoft_word_24_3_15001

由利高原鉄道 新車出発式にて

H24326

由利高原鉄道 おばこ号新車の社内にて

H24326_2

2011年9月27日に車両更新の計画を紹介しております。
  

新車の運行状況は由利高原鉄道の公式サイトでお確かめ下さい。
 
  

1 納車月日 
    平成24年3月10日(土)

2 営業運転までの動き
  

(1)公式試運転
    平成24年3月12日(月)
  

(2)訓練運転
    平成24年3月16日(金)から3月20日(火)
    (※都合により運転しない日もあります)
  

(3)安全祈願・出発式及び来賓試乗会
    平成24年3月26日(月)午前11時から
  

(4)一般人の試乗会(沿線の小学生及び幼稚園・保育園児)
    平成24年3月27日(火)及び3月28日(水)
  

(5)営業運転
    平成24年4月1日(日)
16D列車(矢島駅発14時50分から)

3 主要諸元等
          

座席配置:セミクロスシート車:

定員座席41人立席73人合計114人

空車重量31.5t 最高速度95km/h

構体構造鋼板溶接構造
(側外板SS400,t3.2 屋根板SUS304,t0.6)

車体寸法全長(連結面間)18,500mm

最大幅3,177mm(車体幅2,800mm)

最大高さ3,878mm

床面高さ(客室1,150mm内)

床面高さ(出入960mm口)

機関形式×台数横形直噴式ディーゼル機関×1連続定格出力261kw/2100rpm


001_2

「おばこ号新車プレス資料図面.doc」をダウンロード

* * * 新車納車のお祝いの記念 * * * として

5月5日の11:00~14:00まで

矢島駅前で「乗り物色々・大集合」と題しましてイベントが開催されます。

「本荘旧車会」の皆様による磨き上げられた名車や「フェアレディーZオーナークラブ秋田」の皆様が集合して下さいます。

また、パトカー・白バイ・消防車・救急車・大型ロータリー除雪車・大型ドーザー除雪車・が大集合してくれますので実際に触れて、それぞれの機能や役割の説明を聞く事が出来ます。
そして、な、なんと、このイベントに近年、大人気の不思議な乗り物「セグウェイ」の体験乗車が出来る事になりましたので、お楽しみに。

このチラシの下段で紹介されていますので御参照下さい

H24413_no

「h24.4.13 矢島駅に名車がズラリ!noチラシ.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

より以前の記事一覧