日記・コラム・つぶやき

2014年9月 5日 (金)

災害時の情報トリアージと防災タイムライン(事前計画)について

さる8月20日の深夜に広島市で発生した豪雨による大規模な土砂災害は大災害でした。
お亡くなりになりました72名の方々にはご冥福をお祈りし、未だ行方不明のお二人の早期発見と被災されました皆様には心からお見舞いを申し上げます。

あの災害については広島市の避難勧告の遅れが指摘されており、広島市の松井市長は9月1日の記者会見で「情報を見落とした事は事実であり、どう影響があったか検証しなければならない」と発言しました。
その理由は「余りにも多量のファクスに紛れて重要な情報を見落としてしまった」との事でした。

この事で、私達は近年注目されている「情報トリアージ」(情報の優先順位付け)情報の鮮度と質、更に重要度や緊急度に応じて問題解決の優先順位を付けて解決行動を迅速に取る事を確実に学習する必要性を痛感しました。

一般的にトリアージとは災害時・非常時に短時間に制約された条件の下「病気やケガの緊急度や重症度」を判定して「治療や後方搬送の優先順位を決めることを言います。

分かり易いサイトがありましたので紹介します⇒トリアージとトリアージ・タッグについての区分

今年の7月12日のNHK・19時のニュースで「災害対策」として、下記の2点が放送されました事を紹介致します。

防災対策の参考にして頂ければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本県熊本市では平成24年の九州北部豪雨の際に情報の混乱による避難指示が遅れ、多くの命の犠牲と危険にさらされた教訓から1年経過した平成25年7月の放送で「災害情報トリアージ」をについて深く検証している放送でして、その取材と放送の記録は下記に掲示されております
http://www.nhk.or.jp/fukuoka//frontier/back/back_130712.html   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆また、台風などの災害想定の進路が事前に分かる時に有効な三重県紀宝町「防災タイムライン(事前計画)」・2013年10月24日放送内容の文字での記録がこちらにあります。
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/10/1024.html 

 
紀宝町タイムライン(事前計画)の資料   

| | コメント (0)

2014年8月15日 (金)

地元で中学校の同期会が開催されました。

私のふるさと、矢島町では、小学校が一校で、中学校が1校です。私が卒業した今から47年前には1学年の同期生が320人居りました。

上記の通り、1小学校で1中学校でしたから7・8歳から15歳まで同じ学舎で過ごしましたので、今でも仲良くお付き合いが続いています。

20140811



3年前の還暦祝いでは全国から150人が集まって祝いましたし、その翌年には、宮城県岩沼市の竹駒神社に家内安全・身体堅固・祈願の小旅行にも24人が参集しました。
その時の様子はこのブログの2012年7月17日に記録しております。

この度はふるさと矢島に「お盆に帰省をする仲間が居るぞsign01との連絡を受けた地元在住の仲間が連絡を取り合いまして帰省者3名、地元在住者15名の合計18名の参加となりました。
20140811_2



時の流れるのを忘れるほどの楽しい時間でした。

次の期会も多くの仲間と再会したいものです。

| | コメント (0)

2014年5月 7日 (水)

ソーラー電源でワイヤレスの信号機がありました。

所用で岩手県盛岡市に出かけた際の山越えの道路で、片側通行の信号機がソーラー電源でワイヤレスでしたので記録します。

H260413

私の家業は建設業でしたのでとても興味深く双方を見回しました。

H260413_2

今から20年以上も前に私が建設業の経営に携わっていた時代でも工事信号はありましたが、近くの電柱から仮設電気を引き込むか発電機が必要でした。
双方の信号機同志は長~いケーブルで切り替え機器に繋いでいました。

ですから、電源要らずでしかもワイヤレス(無線)で、交互に切り替わる事は極めて便利な機能だと思いました。
信号機の裏側に製造・発売元の会社名シールが貼られてありましたので検索した所「株式会社 ソーラー信号機」と言う富山県の会社でしたので紹介します。

H260413_3

株式会社 ソーラー信号機のサイトはこちらにありました。

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

菩提寺・高建寺護持会の年次総会に出席しました。

私の菩提寺の曹洞宗・高建寺(こうけんじ)護持会総会が開催されて参加して参りました。

H260501

高建寺は総数440檀家が「心の頼どころ」として、信仰し護持に努めております。

5月1日の護持会総会では前年度の決算と本年度の予算案の内容が役員から懇切丁寧に説明され、住職からも補足説明があり満場一致で総会議案が可決しました。

特別会計の補足として住職から数年後に当・高建寺の本寺である新潟県村上市の耕雲寺・創建600年祭に向けての寄付金です、と説明がありました。

H260501_2

住職の説明では「当・高建寺は本寺である耕雲寺の直末(じつまつ)寺80ヶ寺の内、第4番目に位置づけられており、当・高建寺も10年後には創建600年を迎えます」との紹介がありまして長い歴史と檀家の護寺会の先人に敬意と感謝を新たにしました。

そして、この高建寺の入り口には1本の木から「赤と白」の花が混交している珍しい木が満開でした。

H260501_3

この木は歴史上で有名な源氏(白)と平家(赤)の旗色にちなんで「源平桃」と云う品種だそうですので紹介します。

| | コメント (0)

2012年7月17日 (火)

還暦の後祝いとして同級生と小旅行がありました。

私は昭和27年3月3日生まれで今年の3月で

満60歳の還暦を迎えました。

私のふるさとの矢島町は、一小学校で一中学校でしたから7・8歳から9年間一緒に少年時代を過ごした幼なじみですので皆んなとても仲良しです。

昨年、学年での還暦祝いを地元の矢島町で開催した際には140名の参加者での大祝賀会となり、懐かしい顔・顔・顔との面会で楽しい、楽しい一時でした。

そして私達も矢島町の先輩達の良き伝統を受け継ぎ「来年は旅行に行くぞ~」との約束通り、7月15(日)・16日(祝)の連休を利用して宮城県岩沼市にある竹駒神社で集まりました。

参加したのは地元の矢島町在町メンバーを中心に秋田県内と準備をしてくれた宮城県と東京と横浜からの同級生も参加して合計28人で「還暦後祝い」のお祓いを受け、実行委員から指名を受けて代表して玉串奉奠をさせて頂きました。
H24715



拝礼終了後にご祈祷の神符(お札)と御神酒を頂戴してきました。
H24715_2

竹駒神社は別名、竹駒稲荷で日本三稲荷とも呼ばれており、社伝では創建1,000年を超える歴史を積み重ねておりました。
西暦1,800年代には陸奥国の雄、伊達家の崇敬を受けて発展しましたが、平成2年11月21日の未明に過激派の放火により焼失し、現在の社殿は平成6年に再建されたという事で、とても新しい綺麗な社殿でした。

H24715_3

些細な事ですが昨年7月の還暦祝賀会の時点で私は早生まれの為に満年齢では還暦に届いておりませんでしたが、今年は辰年で3月3日に確実に満60歳に到達しました。

H24715_4

宿泊は東北一の都市、仙台の奥座敷として有名な秋保温泉で和室のお膳での夕食懇親会でした。

開会に際してまず「物故者に黙祷」で何人かの顔を思い起こし冥福を祈りました。
そして一言「みんな還暦まで良く生きた、還暦はお祝いだ、ゆっくりお互いにお祝いをしよう」と午後6時の開宴で午後8時過ぎにはホテル内のスナックに移動し、貸し切りで二次会、午後10時過ぎには部屋に集まっての3次会まで。
気心の知れた幼なじみの同級生ですから話は尽きず、お披良喜になったのは丁度、午前零時でした。

龍は想像上の霊獣で、インド神話では蛇を神格化した人面蛇身の姿で大海や地底に住し、雲雨を自在に支配する力を持つとされている。

中国では、古代より吉兆を運ぶ祥瑞として、鳳・麒麟・亀とともに四瑞の一として尊ばれ王朝と深い関わりをもってきた。

龍の姿・正確が提携されたのは、漢代(後漢)である。
姿はいわゆる九似(九種類の動物に似ていること)すなわち、頭は駱駝(らくだ)、蛇の頂、鹿の角、鬼の目、牛の耳、虎の掌、鷹の爪、大蛇の腹、魚の鱗というものである。

「韓非子」に言う(逆鱗に触れる)とは、龍の顎の下には鱗が逆さまに生えていて、それに触れれば、必ず怒りを買い命を取られるという言い伝えによる。

・中国で龍のイメージが出来上がったのは後漢の王府による「九似説」と・・・
http://ryuss.cocona.jp/ryu-iware/ryu-santeikyuji.htm  

http://ryuss.cocona.jp/henshukoki-2012/no233-120101.html  

Kyoto National Museum の「染織のおはなし・皇帝の龍」のURLはhttp://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/data/senshoku/48koutei.htm  

龍について、九似・5忌・4霊・4神・指の数・逆鱗の解説URL
http://www.ffortune.net/symbol/12si/s05/ryu.htm  

・禅・龍めぐり
  http://www.murata4.co.jp/07omake/01tin/kyouto/ryu01.html  

| | コメント (0)

2010年4月21日 (水)

市町村税の電子申告をお勧めします。(下)

地方税のインターネットによる電子申告はeLTAX(エルタックス:地方税ポータルシステム)と呼ばれております。

Pcs*

県内の市町村に於けるeLTAXの取り組み状況を県の税務課に問い合わせた所、「活用促進に付きましては県内各市町村と協議を進めておりますし、今年度中に全市町村共に地方税電子化協議会に加入する予定と聞いております」と伺いました。

Juntyousこのブログをご覧頂いている皆様は、当然インターネットを使用している方ばかりですので、それぞれのお立場で、eLTAXの有効性を十分に認識下さり、早期導入に向けてご尽力下さいます様に希望致しております。
尚、eLTAX上記での文字にはこの運営組織である(社)地方税電子化協議会の公式サイトにリンクを張りましたが、日本経済新聞社の子会社である日経BPでeLTAXついて詳しく分かり易い説明がありましたので信頼出来る記事としてご紹介致します。

Shinbuns

日経BP
の記載の eLTAXに解説記事2008/07/01はこちらですので興味のある方はご参照下さい。
記事の表で示されております通り、平成19年4月より、利用届出及び申告における電子署名簡素化開始を契機として急激に利用が増加しております。

私の地元の由利本荘市では、平成22年1月から稼働し、私はその利便性を体感しています。
秋田県は25の市町村で構成されておりますが、その内eLTAXを活用しているのは、秋田市鹿角市五城目町藤里町由利本荘市5市町のみです。
*
今後、各市町村でも必ず必要となる住民サービスの一つとなる事が想定されますし、さほど多額の費用も必要せずに、納税者の利便性が飛躍的に向上する、市町村税の電子申告eLTAXをより多くの市町村でも早期に導入して頂きます様に希望しております。

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

市町村税の電子申告をお勧めします。(上)

Images

個人及び法人活動の義務であります納税に付きましては、国税の税務申告は平成16年(2004年)からe-TAXが導入され電子申告が可能となりました。

県税や市税などの地方税のインターネットによる電子申告はeLTAX(エルタックス:地方税ポータルシステム)と呼ばれております。

全国47の都道府県と全国19の政令指定都市でも平成18年(2006年)からインターネットによる電子申告が可能となり、会社経営者と事務員及び税理士にとっては申告書の提出作業時間が軽減されました。

Imagescaxjz9hx

しかし、市町村税に付きましては未だに「申告用紙による記載提出」が多く、しかも、その申告用紙には「代表者の自署と押印(認め印可)と会計責任者の自署と押印(認め印可)」があり、申告書完成後に税理士と連携を取りあって、どちらかが移動して署名・押印してから、提出している現状が大半です。

申告書を作成してくれる税理士事務所と近くにある会社であれば、さほど気にとめない些細な事かもしれませんが、税理士事務所と遠距離にある会社では、少し大げさに言えば、「僅か一行の署名の為に多くの時間を割く必要がある」と言えます。

その様な煩わしさを解決してくれるのが、電子申告である地方税ポータルシステムeLTAXです。

市税の電子申告ついては、秋田県では県庁所在地であり中核市である、人口 約325,000人の秋田市が最も早く平成20年1月から活用しております。

平成21年11月に県議会事務局の政務調査課に秋田市eLTAX導入の概要の調査を依頼しました所、下記の様な回答がありましたのでお知らせします。

秋田市の市民税課からの回答
●eLTAXの導入は平成19年度で平成20年1月15日から稼働開始。
●eLTA Xを導入 ・活用した結果、以下の理由から、導入効果は十分にあったものと認識している。
●申告書の窓口持参や郵送作業が不要となること、複数提出先に一括送信できることなどにより、納税者の利便性が向上した。
●申告書受付事務(窓口、郵送)作業の軽減、基幹システムとのデータ連携に伴うパンチミスの排除などにより、本市における事務の効率化や正確性向上が図られた。
なお、電子申告を導入する市町村が増加することにより、利用率の向上が図られ、更なる導入効果が得られるものと考える


上記の様にeLTAXは導入効果が高いとの回答を頂いております。                        
後日に続きます。

| | コメント (0)

2010年3月31日 (水)

ICTの注目キーワードはクラウドコンピューティング。

Eyes0928

私はPCを仕事の道具として使っている1ユーザーに過ぎませんが、近年急速に使われている「クラウドコンピューティング」というキーワードに注目しています。
*
これまでもインターネット接続状況を絵に描くと個別のPCを数本束ねるサーバーを通してモクモクとした雲に繋がる様に描かれています。
そのモクモクした雲がcloud=クラウドです。
ネットで検索して各種の記事を読み進むに付けて「クラウドコンピューティング」がもうすぐ急速に発展するサービスなのであろうと予感します。
*
各種の説明の中から私が最も理解しやすかった表現はクラウドコンピューティングとは『利用者が、利用したいものを、利用したいだけ、利用するということに専念できるようなIT消費スタイル』」でした。
現在は手元の「PC」で必要な「アプリケーションソフト」を使って、「データー」を作って保存する作業ですが、PCを上手に使っている長女からは「インターネット接続環境さえあれば手元のPCが只のキーボードになっちゃうんだよ。システムもデーターも雲の中」と教えられて理解を深めました。
*

77998099

素人の私が専門用語でコンピューティングを語るのは誠に僭越であり、これ以上は記載しませんが、このブログを読んで興味がありましたら注目のキーワード「クラウドコンピューティング」で検索されて、各種のレポートやCMで確認して見て下さる様にご紹介致します。

71299140

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

由利本荘市社交飲食同業組合の新年会がありました。

毎年、お招きを頂いております地元の社交飲食同業組合の新年会が開催されました。
H22048
その名の如く「社交的」で華やかな新年会です。
主催者の由利本荘社交飲食同業組合の岡田邦雄組合長は秋田県社交飲食同業組合の会長でもあります。
開会の挨拶で
「昨年に引き続き全組合員参加の下での新年会となりました」とのご挨拶を聞いて強い絆を持った組合なのだろうと思いました。
*
H22117 組合員には同級生もおりますし、20年来馴染みのお店の方もおります。
*
*
何かと気ぜわしい昨今でありますが、少しアルコールを注入しながらのゆっくりとした懇談は社会の潤滑油」であるとも感じました。
お招き頂く多くの新年会の中でも「一際華やかな新年会」でした。
H22117_2

| | コメント (2)

2009年1月 5日 (月)

お正月で孫をスキーに連れて行きました。

長女が1月3日に33歳の年祝の祝賀会があり、孫の幼稚園も冬休みなので一緒に帰省しています。
P1001467 4歳の孫は昨年、自宅の回りでスキーを履いてちょこちょこ歩き回ったりしていましたが、今年は矢島スキー場に連れていくことにしました。ちょうど天気が良かった事と私の日程が取れましたので、長女と三人でお昼前に自宅を出発。わずか15分で矢島スキー場に到着します。このスキー場フード付き4人乗り高速クワッドリフトとペアリフトの2機のリフトがあり、連日ナイター営業もしているというファミリー向けとしては十分な設備の整ったリフトです。

*
P1001468 到着してまずはお昼の腹ごしらえです。レストランもいくつかありますが今日は車を停めた場所に近かった事もあり「ビッグベア」に行きました。こちらのメニューはどれもボリューム満点でとても食べ応えがあります。「生ビールとカツカレー」と言うスキー場のランチでは定番と思われるメニューを注文し、しっかり堪能した後はいざ出陣です。
*
孫のスキーセットをレンタルし、まずはそれらしい恰好になりました。ちなみに私が着用しているウェアはこちらのスキー場を本拠地としている矢島スキークラブのユニホームです。私のブログの2008年11月10日の記事にもある様に秋田県スキー連盟は創立80周年でしたが、その所属団体である矢島スキークラブは今年で創立78周年を迎える歴史あるスキークラブです。
P1001469_2  2003年に製作したウェア-に72周年と刺繍されておりますので、2009年は78周年である事をご理解いただけると思います。
*
スキークラブではスキー場の運営やイベントのお手伝いをしたり、スキースクールのインストラクターをしたりします。何年かに一度新しいユニホームウェアを新調します。それを着ているとゴーグルや帽子で顔が見えなくても「あぁ、スキークラブの仲間が来ているな。」と言う事がわかります。
リフト乗り場でお仕事をしている人達に声を掛けながら孫と一緒にリフトに乗り込みました。孫は初めて乗るリフトに大喜びでご機嫌のまま山頂へ。そこからは昔娘達が小さかった頃にしたように、私の両足の間に孫を挟み、その体を支えながらゆっくり進んでいきます。実際ほとんど私が滑って居るだけなのですが、それでも少しでも自分で滑る感覚を覚えてくれればと、時々支える手を緩め、添える程度にしたりしながらゆっくり時間をかけて下まで滑り降りました。再びリフト乗り場の近くまで辿り着いた頃には孫も少し疲れていた様なのでおやつのソフトクリームを食べながら少し休憩。その後もう一度リフトに乗り、山頂までまた行っては同じ様に足に挟んで滑らせましたが、最後の緩斜面はわざと手を放し「ほら行け~!」と言うと転ばずにまっすぐ進んでいきました。終わってから「スキーはどうだった?」と聞くと「楽しかったよ~」と満面の笑みで答えてくれました。
東京暮らしの子供なのでなかなか地元の子供の様に毎日スキー場に通って上達させると言う訳には行きませんが、また来年も遊びに来た際には連れて行ってあげて「スキーは楽しい」と思ってくれる様になると良いなと思います。
Dscn4519

| | コメント (2)

より以前の記事一覧