« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

台湾スキー協会一行が来県されました。

昨年の8月に私が台湾に訪問し、秋田県スキー連盟会長として台湾スキー連盟との友好協力協定を調印して来ましたが、この度、
台湾スキー協会の幹部の皆様秋田のスキー場視察に訪問して下さいました。

台湾スキー協会の正式名称は中華民国滑雪滑草協会と名刺に表記されております。

調印式の様子は私のブログの2014年8月22日に記録しております。
  

台湾スキー協会副理事長の簡添松(かんてんしょう)様を初め、10名のご一行様でした。

25日には花輪スキー場の見学と滑走し、26日には森吉阿仁スキー場の見学と滑走されたようでしたが、両日とも好天でしたので「とても魅力的で素晴らしい」との感想を伺いました。

27日には秋田県知事への表敬訪問がありまして、私も同席しました。

20150127_2

来県された皆様からは「これを機会に台湾の皆様にスキーはもとより、秋田の魅力を紹介して交流を深めたい」とのごあいさつでした。

20150127_3

県庁で知事への表敬訪問後に渡り廊下で繋がっております。議会応接室でも懇談を重ね、副議長執務室で記念の集合写真を撮り、皆様の出発を見送りました。

20150127_4

20150127

| | コメント (0)

2015年1月26日 (月)

鳥海高原矢島スキー場は、大賑わい---(by 矢島っ子)

1月24日、25日と鳥海高原矢島スキー場では、

第17回秋田県スポーツ少年団

競技別大会スキー交流会 矢島会場 アルペン競技 が行われました。

地元の矢島スキースポーツ少年団からも出場しており、懸命に滑っておりました。

Img_5937

Img_6025

ゴール付近では、タイムを縮めるべく姿勢を低くして滑り込んできます。

Img_5939

Img_5958


Img_5998



ギャラリーもいっぱいです。

Img_5923

この競技コースの左手には、そり遊びコースがあり、たくさんの親子連れで賑わっておりました。

Img_5909

Img_5920

転んでも、笑う~ とっても、楽しそうでした。

Img_5918


そして、一般のコースもかっこいいスキーヤーやスノーボーダーたちが思い思いのシュプールを描いておりました。

Img_5987

Img_5969

また、ジャンプなど多彩なアイテムのあるスノーパークでは、こんな光景も見ることができました。

飛ぶsnowboardup

Img_6073

飛ぶsnowboardup
Img_6086

飛んで、空中で一回転typhoon
Img_6077


晴天に恵まれると、リフトのカバーも外して下界の景色を楽しむ方たちもおりました。

Img_5975


リフト乗り場です。

Img_5891

お昼時の休憩所前です。
Img_5890

鳥海高原矢島スキー場、楽しさいっぱいです。

是非、遊びにいらしてくださいね。

Img_6071



| | コメント (0)

2015年1月22日 (木)

矢島町の新春芸能発表会が盛大に開催されました。

今年は第37回となりました矢島地区老人クラブ連合会の新春芸能発表会が開催されまして楽しませて頂きました。

Photo


「2015次第.pdf」をダウンロード

20150121_7


「20150121プログラム.pdf」をダウンロード



かなり本格的な日本舞踊もありました。

20150121_3

20150121_4

20150121_6


全て手作りのお揃いの衣装もありました。

20150121_5

20150121

ユーモア溢れる踊りもありました。

20150121_2

何処のグループも良く練習を重ねられた事が偲ばれました。

お元気な大先輩と盃を交わすと「私はまだ84才」とか「私はまだ90才」と笑顔で答えてくれました。

 

矢島地区老人クラブ連合会の皆様、益々お元気にお過ごし下さいませ。

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

平成27年の地域合同新春懇談会---(by 矢島っ子)

さとう健一郎後援会の主催によりまして

「地域合同・新春懇談会」が1月17日に開催されました。

受付でお客様の出迎えをしていた仲睦まじい佐藤県議夫妻です。

Img_5218

今年は、約200名の方々に参集いただき、過去最高の人数に会場は熱気に溢れておりました。

Img_5232

開会の言葉に続き、来賓の衆議院議員 村岡敏英様からご祝辞を頂きました。

Img_5254

続きまして、参議院議員 石井浩郎様からもご祝辞を頂きました。

Img_5274

もう一人来賓のご挨拶は、参議院議員 中泉 松司様の代理の方に御祝いのメッセージを代読いただきました。

Img_5282

参加出来なかった方々からの御祝いのメッセージを読み上げられた後、
佐藤健一郎県議より、挨拶と県政報告がありました。

Img_5294

日頃の活動に御協力いただいておりますことに感謝を申し上げ、県政報告に入りました。

佐藤県議が初当選いらい24年間、変わらず掲げてきた約束であります「鳥海ダムの早期着手」ですが、幾度も政治の波にもまれながらあきらめることなく「ダム」を訴え続けて地域のみなさまとともに一緒に要望活動を続けてきました。

45年の悲願であります鳥海ダムが1年前倒しで着手いたしましたことを一緒に喜び、確実な事業促進を目指し、これからも力を合わせてまいりましょう。と力強い言葉がありました。

Img_5308

この他に、

・農業振興のための施策と下水道んど社会基盤整備の促進

・圏域を結ぶ国道、県道のさらなる改良促進

・特色ある地域の産業と商工業を支援する施策の充実

・大災害時での「情報トリアージ」(優先順位付け)と「防災タイムライン」(事前行動計画)を活用

・「日沿道」のさらなる事業継続

・少子高齢化に対応できる福祉政策の充実

・情報化社会に対応する環境をレベルアップ

・官公事業の県内業者への優先発注と地元産品の優先使用

など、鳥海山とそれに連なる圏域の発展のため、熱い思いが弾け飛んでおりました。

ここで懇談会は終了いたしました。

そして、懇親会に入りました。

開会のご挨拶は、 東由利地域後援会 会長の鈴木和夫様よりいただきました。

Img_5321


乾杯のご発声は、鳥海町後援会 会長であります佐藤豊様よりいただきました。

Img_5325


Img_5355


Img_5344

Img_5366


会場の様子です。

Img_5340


Img_5337


Img_5338


Img_5339


こうして、地域の親睦は深められました。

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

矢島才の神焼き---(by 矢島っ子)

古くから小正月行事として矢島に伝わる「才の神焼き」が1月11日行われました。

Img_5140

今は「才の神焼き」といいますが、私が子どもの頃は「どんど焼き」と呼んでいました。

正式名称の才の神焼きは、サエの神ともいいます。塞(さえ)の神、障(さえ)の神、幸(さい)の神、賽(さい)の神などの字があてはめられ、ふさぐ・ふせぐの意味が主ですから、「災厄の侵入を防ぐ神」で道祖神であり、厄除けとして信仰されています。

※道祖神とは、厄災の侵入防止や子孫繁栄等を祈願するために集落の守り神として主に道の辻に祀られている民間信仰の石仏のことです。

▽水神様を祀って、一年の無事を祈願します。

Img_5080

また、才の神焼きは修験の火祭りが庶民化した行事となったともいわれております。鳥海山がかつて修験の山であったことからも、うなづける話ですね。

さて、この才の神焼きとはどんなことをするのか、といいますと、150束のワラを積んだ山に火を点け、正月飾りや書き初め、旧年中のお札などを焼きます。

Img_5100

この燃え盛る火でお餅を焼いて食べると一年間健康で暮らせるという言い伝えもあり、焼いて子どもたちに食べさせる姿がありました。

Img_5109


Img_5118

火柱を立てて燃えていた火は静まり、火の粉が暗闇の空に登っていきます。

Img_5128

空を見上げながら、今年も元気で過ごせる事を祈った晩でした。

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

平成27年度の新春を飾る消防出初め式が行われました。

今年の出初め式は好天に恵まれました。

一斉放水は青空に向けて高く水柱を上げました。

20150105

分列行進の先頭は保育園児の可愛い幼年消防団でした。

20150105_2

続いて消防職員の規律正しい見事な行進でした。

20150105_3

更に続いて一般市民で構成されている消防団員も立派に行進しました。

20150105_4

消防職団員の皆様は常に住民の防火意識の向上と安全の為に努力されております事に敬意を表します。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

110番の日ーーー(by 矢島っ子)

1月10日は、110番の日ということで、矢島駅でイベントがありました。

Img_4996


警察官やご家族、交通安全関係者、由利本荘市の方々など110人が本荘駅から乗車して矢島駅に来てくださいました。110人の予定でしたが、130人の乗車とのことでおぼこ号の人気も上々のようですupscissors

Img_5026

到着してみなさんが駅ホールに集まったら、警察官による「ふりこめ詐欺」の寸劇が始まりました。「ふりこめ詐欺」は、金融機関からお金を振り込むだけではなく、銀行員などを名乗って自宅にお金を取りにいくなど手口は多様化しているようです。

多額のお金を知らない人に渡す時には、十分に注意しておかしいな。と思ったら、家族、近所の人などに相談してください。

Img_5037_2

矢島駅二階では、警察官の制服やけい棒などの持ち物が展示しておりました。

Img_4997

寸劇が終わると、お土産屋さんが賑わっておりました。

「野菜王国」「くるみの里」が臨時のお店を出しており、おいしい矢島のお土産を販売しました。

Img_5033


Img_5031_2

矢島駅というと「桜茶」といわれるほど、定着しつつあるのですが、絣の着物姿のアテンダントさんが無料でお配りしておりました。

Img_5034_2

足元がかわいい藁靴だったので、写させていただきました。

暖かそうに見えますが、濡れやすくて足が冷たくなるそうです。ですから、靴カバーみたいなのを内側に履いてました。

Img_5050_2

こんなに可愛いおまわりさんたちもいましたよo(*^▽^*)o

Img_5046_2

(*゚▽゚)ノ (゚▽゚*) (o^-^o)


Img_5075_2

今回は、20分ちょっとの滞在時間でしたが、「やしま雪夜の冬まつり」が2月14日に開催されますので、雪と灯りを楽しみにいらしてくださいね。お待ちしておりますheart04

| | コメント (0)

2015年1月 9日 (金)

本年もよろしくお願い致します---(by 矢島っ子)

遅ればせながら・・・(^-^;

あけましておめでとうございます。

Img_4801

みなさまは、お正月はゆっくりお休みできましたでしょうか。

久しぶりに会う親類や家族との団らんもあり、今年一年頑張る意欲をもらったり与えたりしたことでしょう。全ての方が、健康で平和に暮らせる年になることを念じてやみません。

今年のお正月は、雪があまり降らずに”雪よせ”しなくていい日があり穏やかでいいお正月を過ごせました。

”雪寄せ”?と読んでいる方には不思議かもしれませんが、矢島では雪かきのことをこう言います。その言葉通り家の入り口などに降り積もった雪をどけるので、どける事をよせるといいます。もっと雪深い鳥海地域では、”雪掘り”と言います。家が雪で埋まるほど降るので、出入り口を掘るの意味合いからの言葉が生まれたのだと思われます。

今では、除雪車が高機能化し道路の積雪は、ほとんどゼロに近くこのように飛ばしますが、飛ばす所が無い場所はトラックに積んで雪捨て場まで運ぶようになりました。

Img_4994

冬仕度の記事で矢島公民館(日新館)の木々の冬囲いを掲載したのですが、今ではこんなに埋もれてしまってます。

Img_4976

▽こちらが雪が積もる前
Img_4579

矢島駅を覗いてみると、秋田県のゆるキャラ「スギッチ」がお正月を祝ってました。

Img_4987

今年は、できるだけ雪を楽しもうと心に決めましたので、童心にかえって何十年ぶりにゆきだるまを作ってみました。ちょっと、微妙・・・(;´▽`A``

Img_4963

由利本荘市の広報誌を見ていたら、新たな企画の

「やしま雪夜の冬まつり」が2月14日に開催されるのですが、雪灯篭製作団体を募集しておりました。

製作期間は、型枠作りが2月7日からで、本製作が2月11日~13日です。

設置場所は、矢島駅 駅前広場です。

Img_4970

申し込み書の配布は、市商工会青年部矢島支部 FAX 27-5115

1月20日までの申し込みです

たくさんの雪灯籠が夜の矢島をほんわかと照らしてくれるのを楽しみにしております。

ふるってご参加くださいませ~paper

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »