« ポニーランド花立---(by 矢島っ子) | トップページ | 「法体の滝」の紅葉がきれいです---(by 矢島っ子) »

2014年10月16日 (木)

矢島郷土資料館『企画展』---(by 矢島っ子)

長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

私たちの地元にも活火山である鳥海山がありますので、御嶽山の噴火で他人事ではない。と感じられた方も多いことでしょう。

この御嶽山の噴火より2~3ヶ月前に矢島郷土資料館で企画されていた「鳥海山をめぐる自然災害」の企画展の展示を10月1日より行っております。

2014_1002_102828pa020059


地元民にとって身近な存在である鳥海山は、水資源をはじめとする山の恵みなど様々な恩恵を与えてくれ、四季折々の豊かな食べ物を育て与えてくれます。また、その美しい雄姿は地元の人々の心の拠り所でもあります。

ですが、忘れてならないのは、『鳥海山は活火山である』ということです。記憶に新しい噴火活動として昭和49年の噴火です。これまでの鳥海山の噴火経緯や最も古いとされる鳥海山の絵図なども展示されております。

2014_1002_102930pa020061

また、万が一の為の備蓄品も展示されており、見る事により安心も得られることでしょう。

2014_1002_102800pa020058



常設展示としましては、玄関から入ったホールには鳥海山を中心としたジオラマがあり、鳥海山の形と矢島の盆地が一目で観察できます。

Img_2625

第一展示室は、矢島町の鳥や動物たちと植物の展示があります。

Img_2628


鳥海山の生い立ちを模型やパネルで説明しております。

Img_2641


矢島は今から1300万年前は海だった!?

それを証明するクジラの化石が矢島から出土され、これも展示されてます。

Img_2640


第二展示室は、鳥海山の修験に関しての資料があります。

Img_2636

不思議な絵の印ですが、鳥海山の護符として授与されたものです。


Img_6763


第三展示室は、むかしの暮らしと道具が展示されてます。

Img_2638


玄関ポーチには、県内でも矢島と阿仁からしか発見されていない、『魚形文刻石』(さけ石)があり、縄文人が鮭の豊漁を祈って刻んだと考えられている巨石があります。

Img_2646

鳥海山にも初冠雪があり、肌寒くなってきました。天気の悪い日は、矢島郷土資料館を見学してみるのもおススメですよ。

|

« ポニーランド花立---(by 矢島っ子) | トップページ | 「法体の滝」の紅葉がきれいです---(by 矢島っ子) »

矢島っ子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポニーランド花立---(by 矢島っ子) | トップページ | 「法体の滝」の紅葉がきれいです---(by 矢島っ子) »