« 佐藤県議宅の金木犀が満開ですーーー(by 矢島っ子) | トップページ | 矢島郷土資料館『企画展』---(by 矢島っ子) »

2014年9月29日 (月)

ポニーランド花立---(by 矢島っ子)

矢島の鳥海山登山口途中の鳥海高原花立牧場公園には「ポニーランド花立」という乗馬できる施設があります。

Img_2344


5年前に設立したポニーランド花立は、三つの目的を持って運営されております。

1.乗馬の普及と国体選手の発掘

今年、国体選手が輩出され10月17日から長崎で開催される国体総合馬術競技に参加いたします。おめでとうございます。

国体選手の山上楓選手と佐藤県議ご夫妻

佐藤県議御夫婦は、お孫さんに連れられて来たのがきっかけでここの乗馬クラブに所属しております。今では人馬一体となって馬場を颯爽と駆け回っております。いつか機会がありましたら、佐藤県議の乗馬姿をブログで紹介できたらいいな。と思っております。

奥様も乗馬が大好きで、馬は大きい割に怖いと思ったことがなく、一度乗ったら人を覚えていて、私が近付くとすり寄ってきて甘えてくるから可愛い。そして、乗っていて自分の思う通りに動いてくれると「ありがとう」の気持ちが湧いてきて、それが伝わるんです。また耳が良く動いて人の言葉を聞いてるんだよね。と乗馬の魅力を語ってくださいました。

Img_2421


2.地域の活性化

このポニーランドの知名度が徐々に上がってきており、市内はもとより秋田市近郊からも会員登録されて通って来られる方々がおります。会員が増えて馬術の上達度合いを披露する場として、9月26日にはアルビオンカップ馬術競技大会が開催されました。

Img_2339

競技内要は、馬車競技、馬場馬術競技、ジムカーナ競技、小障害飛越競技などで、参加延べ人数は30名ほどです。

参考にジムカーナ競技の経路図を載せさせていただきました。

ジムカーナ競技とは、馬術において指定された経路(障害飛越競技も含む)の走行時間を競う初心者向け競技です。

Img059


オーナーの宮野さん曰く、競技ではあるけれども、ここに来てただ乗馬の練習をするだけでは自分の上達度合いを知ることができないので、こうやって大会を開催することで自分と向き合い上達度合いを確認し、自信を持ってもらうことや会員同士の親睦を深める為でもあるのです。


3.乗馬セラピー

「乗馬はバランスの良い全身運動」で、障害の種類や程度、乗馬方法にもよりますが、馬に乗ることで以下のような効果が期待されています。

身体機能について

①体をリラックスさせ、諸症状を癒し鍛える。
②筋力の強化・トレーニング(腹筋・背筋・足腰等)
③柔軟性のアップ
④循環器系機能の向上
⑤消化器や排泄など他機能への適度な刺激
⑥平衡感覚の発達
⑦脊髄の支持
⑧姿勢の改善

精神的な面では

①自信・満足感が得られる
②不安や多動を軽減し、嫌悪感や恐怖心・攻撃傾向を減少(ストレス・孤独感を緩和)
③意思・感情表現が豊かになる
④知覚・運動能力を向上
⑤対人関係のコツを覚える
⑥積極的な社会性を発達させる
⑦協調性・調和性が身につく

乗馬では、前後・上下・左右の動きが脳神経を刺激し、精神的効果があるということが科学的に証明されています。ドイツでは、乗馬は保険適用になっていて代替医療として認められております。

オーナーの宮野さんから伺ったお話では、足が開かない為車いす生活をしていたお子さんが、馬に乗りたいと来ましたが横乗りをお願いされました。でも、「ちょっとだけ足を開いてごらん。」というと、今まで病院でのリハビリなどでも全然開かなかった足が開き乗馬できたそうです。このお子さんの身体機能と精神性の向上につながった事は言うまでもありません。

私も乗馬体験してきました。乗せてもらったのは、23歳のチャンス、人間でいうと92歳だそうです。優しい目をしてます。

「よろしくね」と話かけてから乗りました。乗り方を教えていただき、進めの合図が両足で馬の腹を蹴るのですが、この蹴る行為が馬は痛くないのかと心配でそっと蹴ったところ伝わらず、もうちょっと分かるようにとご指導いただきました。また、たずなを引いて「ほぉ~」と言いながら停めることや、右左行きたい方向にたずなを引くと、曲りながら歩んでくれることなどを教わりながら体験コースの30分があっと言う間に終わりました。

乗っていて前後、左右、上下の揺れが以外に心地よく、これが脳神経に刺激を与え精神的効果があるというのが体得できました。それと、馬の体温です。鞍を通じてほんわかと伝わってきて、愛おしさがこみ上げてくるのです。動物好きな方は、だっこしたりなでたりすることで癒されますよね。その行為をする目的は、体温を感じることで癒されているのではないかと感じました。

Img_2352

チャンスは私の乗馬が終わり、鞍を外して馬場へ開放されました。そのあと、背中を地面にこすって猫みたいに転げてました。これは、鞍を長く付けていたことで、背中が蒸れて痒いからだろうとの事でした。チャンスお疲れさん、ありがとう。

Img_2416


ポニーもいて子供さんがこうやって触れることができ、ニンジンのエサやりもできます。動物に触れあう事で得る情緒の育成は、成長過程でとても大切だと思います。

Img_2427

Img_2417

オーナーの宮野さん御夫婦が気さくな方でお客さん全てにお声掛けしてて、とっても居心地のいい場所で親類の家にでも来ているようでした。

皆様も是非ポニーランド花立へ遊びに行ってみてください。得る物が大きいですよ~scissors

|

« 佐藤県議宅の金木犀が満開ですーーー(by 矢島っ子) | トップページ | 矢島郷土資料館『企画展』---(by 矢島っ子) »

矢島っ子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐藤県議宅の金木犀が満開ですーーー(by 矢島っ子) | トップページ | 矢島郷土資料館『企画展』---(by 矢島っ子) »