« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

地元・森林組合の合併20周年記念式典が挙行されました。

私のふるさとは鳥海山麓の町です。
標高2,236mの独立峰の鳥海山には広大な山麓があります。

その森林・林業の恵みを最大限に活かす為に最も活躍して頂いておりますのが森林組合です。
20140728




「式次第.pdf」をダウンロード

その本荘由利森林組合が合併20周年の記念式典と祝賀会が挙行されまして、私もお祝いに参加して参りました。

2014072820

20140728_2

「概要.pdf」をダウンロード

現在、組合員は正会員が5,663人で准組合員が86人の合計組合員が5,749人の大所帯です。まず、代表理事組合長の小松佳和氏から合併20年の経緯を含めた式辞が述べられました。

20140726_20

20年前の合併にご尽力された元地域組合長の表彰が行われました。

20140726_20_2

その後、関係各位からの祝辞があり、私も祝辞を述べさせて頂きました。
私の祝辞では「一昨年に、議員発議の条例として『秋田県林内路網の整備の促進に関する条例』を提案し可決した所であります」と報告致しました。

20140726_20_3

懇親会では多くの皆様と情報交換をしましたが、下記の写真で私の向かって右隣が30年以上もご厚誼を頂いております、組合員数31,000人の秋田県森林組合連合会の会長であり、更に世界最大規模の組合員で構成する日本の森林組合、全国森林組合連合会の会長でもあります佐藤重芳様です。
そして、向かって左隣は私の高校と大学の同級生で、しかも吹奏楽部も共に所属しました。40年を越えるお付き合いがありますにかほ市議会議長の菊地衛さん です。

20140726_20_4

時の流れを忘れる程の楽しい懇親会の最後には、本荘由利森林組合の更なる発展を祈念して万歳の三唱が行われました。

20140726_20_5

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

2014.矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック--(by 矢島っ子)

28回目を迎えたサイクルロードレースが7月26日~28日の二日間に渡って開催されました。

エントリ―された人数は、1260名

矢島カップは、JCA日本ヒルクライムシリーズの一つとなっており、

日本の蔵王ヒルクライム・エコ

 

ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース

 

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

と並ぶ四大大会となっております。

26日の1st ステージでは、緩やかなアップダウンコースの

長泥→木在(折り返し)→長泥 TOTAL 8km のタイムを競います。

Img_9887

木在(折り返し)地点

Img_9959


ゴール間近では、スタートした選手とゴールする選手の両方を観戦できます。

Img_9911


この日は、今年最高気温の34℃という熱射の中での大会でした。

無料で清涼飲料水や麦茶などキンキンに冷えたのをスタッフが準備しておりましたので、選手や応援の方たちも熱中症予防が出来た事でしょう。
青いシャツがスタッフです。

Img_9885


スタート地点のスタッフたちも猛暑の中、張りつめた緊張を緩す事無く集中してサポートしておりました。

Img_9880

ゴール確認のテントのスタッフ

Img_9891

タイムを記録し、タイム表をアウトプットするスタッフ

Img_9886

選手とスタッフの皆様暑い中、本当にお疲れ様でした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

27日 2ndステージ

明け方から降り続いていた雨が朝には晴れあがり、スタートの時点では晴天でした。

フルクラスの行程は、栩木田スタート→登坂→上原→花立→祓川ゴールのTOTAL 26km標高差1,100mです。

標高差1100mを26kも駆け抜けるなんて、私にはとうてい真似できない競技です。それゆえ、応援にも力が入ります。

スタートの様子です。

Img_0008

佐藤県議もスターターを務めました。

Img_0010


1000人を超えるレーサーたちが道路いっぱいに走り抜けるようすは、圧巻そのものです。

Img_0014

Img_0052


『ガンバレー』と見送った後で、花立のハーフクラスのゴールで撮影しますので、川辺から車で花立に向かいましたcardash

早い、早いsweat01 もうすでに花立を通過するレーサーたちがおりました。

ここは、給水ポイントもありますので、『頑張れ~もうすぐお水あります~~』と大きな声で応援しながらの撮影でした (*゚ー゚*)

Img_0087

給水ポイントでは、中学生たちがコップに入った水を選手達に手渡しします。

Img_0153

『はぁ~~、おいしい。ありがとう』と言って、あと13kmの山道を駆け登っていきました。

Img_0206


途中、どしゃ降りの雨にたたかれながらも、果敢に挑戦する選手たちから環境に左右されない強い意志、ぶれない自分を見せてもらいました。

お疲れ様でした。そして、心からありがとうございますheart04

また、来年お待ちしてますからね~paper

こうして、暑い、暑い矢島のロードレースが無事終了しました。

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

秋田の甲子園予選---(by 矢島っ子)

野球ファンの私は、毎年この時期になると甲子園予選秋田大会を観戦しに球場まで行きます。

選手達の熱い想いが伝わるプレーや、吹奏楽の力強い音に合わせた大声援を聞くと、自分までワクワクしてくるんです。

今年大検討をしたのは、由利工業高校ですup

2014_0721_133926p7210032

なんと、12年ぶりにベスト4まで勝ち進んでくれました。

地元の高校が勝ち残ってくれると、応援にも力が入ります。

由利工業の試合結果、シード校ですので2回戦からになります。

2回戦 由利工業 13 - 3 能代工業

 

3回戦 由利工業 5 - 1 横手

 

準々決勝 湯沢 1 - 8 由利工業

 

準決勝 角館 7 - 0 由利工業

打線が好調な上に、ピッチャーも好投し順調に勝ち進んだのですが、児玉君の試合後の感想は「角館打線が上だった」ときっぱり認めておりました。潔さもまた素晴らしいことですね。

▽エースの児玉君~お疲れ様でした。

2014_0721_140127p7210048

▽「由利工業高校野球親の会」のおそろいのTシャツには

『全人の夢をはぐぐむ』と書いてます。ステキな言葉ですね。

2014_0721_132459p7210027

全校応援は、選手にとってどれほど力強い事だったでしょうか。

2014_0721_132603p7210030

次に健闘したのが、西目高校です。

西目高校もシード校ですので2回戦からでした。

2回戦  西目 2 - 1 横手清陵

3回戦  西目 3 - 2 秋田商業

準々決勝 西目 4 - 11 能代松陽

----------------------------

他三校の試合結果は次の通りです。

1回戦 秋田中央 6 - 2 由利

1回戦 十和田 12 - 0 矢島

1回戦  本荘 2 - 3 秋田 

高校最後の試合に向けて辛い練習を積み重ねてきた部活は、これからの人生にも必ずや役に立つ場面があります。辛い時に乗り越える力や仲間を信じる心を育んだと信じてます。

みんな、みんな頑張りました~~

熱いプレーを見せてくれてありがとうございましたheart04

2014_0721_114609p7210025

秋田の甲子園出場校は、角館に決まりました。

おめでとうございます。甲子園でも自分達の野球をして楽しんできてくださいね。

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

矢島の子供たちが大活躍です--(by 矢島っ子)

第36回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会 

東北1ブロックにおきまして、矢島野球スポーツ少年団優勝しました。

おめでとうございますcrown

Img_9668

これを祝して7月13日に駅から矢島総合支所まで、凱旋パレードを行ったのですが、残念ながらその写真を撮ることが出来なかったことをお許しください o(_ _)oペコッ

その翌日、またも嬉しいニュースが飛び込んできました。

第63回全県中学総体で矢島中学校卓球女子が団体戦優勝いたしました。

7月14日も駅から矢島総合支所まで、凱旋パレードを行い町の方々に温かい拍手を頂いてました。

Img_9662

前日に同じように地域の方々から拍手をもらった野球スポ少の子どもたちは、恩返しをするように大きな拍手と「おめでとうございます」の祝福を贈ってました。

Img_9678

総合支所に到着すると、職員の方々や近隣の方、父兄などから大きな拍手をもらい、晴れやかな笑顔で到着しました。

Img_9685

校長先生からのご挨拶では、子どもたちの頑張りに感動したことや、支所の皆さんのサポート、地域の皆さんからの応援に対して感謝の言葉でした。


Img_9692

主将の相庭さんからは、指導してくださったコーチと先生に対しての感謝と、家族のサポートに感謝の言葉でした。東北大会でも良い成績を残せるように頑張ります。と頼もしい言葉でした。

Img_9696


矢島総合支所長から祝福の言葉があり、選手たちも顔がほころんでおりました。

Img_9701


最後に祝福の横断幕の前で記念撮影をさせていただきました。

Img_9713


本当におめでとうございます。

東北大会も頑張ってくださいね。

(*^∇^)/☆;:*:;☆Congratulation☆;:*:;☆

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

木境神社の虫除け祭り---(by 矢島っ子)

毎年7月8日に、鳥海山二合目の木境神社で秋田県の無形民俗文化財にも指定されております「木境大物忌神杜虫除け祭り」が行われます。

Img_9198

鳥海山は古代は国家の守護神として崇められ

中世は、修験道の霊場としての地位を確立し

近世では、農業神として崇められております。

農家の方々の願いは、育てた作物が病害虫に侵される事無く、無事に収穫されることです。そこで、大物忌神(稲魂神)、薬師神を祀る木境神社に虫封じや家内安全を祈願する「虫除け祭り」が伝わっているのです。

前夜に社務所に夜籠をした神官が、神霊祭を執リ行ってお礼に祈祷を行います。

翌7月8日に各集落の代表が集い、虫除けの神事が始まり、神前に安置されている舟(長さ60㎝、幅15㎝、杉材)のお室の中に「虫封じの札」をくぎで打ちつけ、悪虫を封じ込めます。

Img_9227

祈祷が終了すると、濁川番楽による奉納が行われ境内は晴れやかになりました。

Img_9256

番楽の後には、雨乞いの唱が紹介され、今年のようにまとまった雨が何日も降らない時には覿面だとのお話でした。

そこで、皆さんでその唱を唱和しました。

唱を紹介したいと思います。

神前の左手の柱に書かれた

『綾に綾に奇(くす)しき尊と木境山 神の御前を拝(おろが)み奉る』

Img_9239


この後、参拝者はお札をもらい、集落の家々に配ります。そのお札を田の水口に立て虫封じとなります。

Img_9357


普通のお祭りは祈祷して終了となりますが、虫除け祭りはこのあと、虫封じをした舟を矢島のはずれの子吉川へ流します。

針ヶ丘集落の獅子頭が先祓いをして、小板戸部落の当番が背負い舟が岸辺に到着しました。

Img_9462

Img_9459


神主が祝詞を奏上したあと、舟は流されます。

Img_9479


Img_9485


無事に流れた事を見送り、虫除け祭りは終了いたします。

見送った方々は、「これで、悪虫を追い払ったな~」と安堵したようすでした。

Img_9497

今年も豊作でありますように・・・・(祈)

Img_9439

| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

アジサイロードが見ごろを迎えてます---(by 矢島っ子)

由利本荘市大内の国道105号線を岩城方面へ行く峠道があります。

そこの峠道に約2kmに渡って千本のアジサイが植えられており、鮮やかな青やピンク、白、紫など、色とりどりのアジサイが目を楽しませてくれます。

この峠には折渡地蔵があり、千体のお地蔵さんが祀られていることから、千本のアジサイを植えたんだそうです。

通称アジサイロードです。

Img_9053


Img_9070

今年は雨が少なく、アジサイが少し元気がないように感じましたが、日陰のアジサイはきれいな色をしておりました。

Img_9051

Img_9052


Img_9054


Img_9116

アジサイロードを過ぎると、「折渡千体地蔵」が祀られているポイントに到着します。

古来より通行の難所だった所に通行人の安全祈願とイボ取り地蔵として地域の方々に親しまれ、守られてきた霊地です。

Img_9100


始まりは、赤田の大仏の長谷寺を建立した是山和尚が建てた延命地蔵尊が本尊で、その延命地蔵尊のまわりに、寄進された千体のお地蔵さまが並んでいるので通称千体地蔵とも呼ばれております。

▽折渡千体地蔵寄進者御芳名

Img_9089


千体のお地蔵さんの足元には、それぞれ漢字一文字が記されております。お参りしていて、木の上から枝が「パキッ!」と折れる音がして実が落ちてきました。

Img_9103


拾ってすぐそばのお地蔵さんにお供えしたら、なんと「駒」の文字・・・

矢島は、生駒様の城下町です。「生駒様の里から良く来たな~」と言ってもらえたような気がしてうれしくなりました。

Img_9104

皆様もドライブしながら、地域の方々が大切に育てているアジサイや千体地蔵さんをご覧になってパワーを頂いて下さいheart01

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

鳥海山で自転車山登り大会が行われます。

鳥海山の登山口がある矢島町で自転車による登山大会、サイクルロードレース-全日本ヒルクライムレースも既に28回と歴史を重ねました。
201406_28th_



日本国内でも3大大会と呼ばれる様になりました。

今年は7月26日(土)と27日(日)の2日間、全町を挙げて開催されます。

▽タイムトライアル2012年の様子

2012_0728_162857dscn2060


▽ヒルクライム 2013年スタートの様子

2013_0728_083914p7280020

26日(土)の夕刻には前夜祭も行われますので多くの皆様の御来町をお待ち致しております。

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

第59回・自由民主党秋田県支部連合定期大会が開催されました。

20140701

私達、県議会議員の26人で構成する常任総務会議に続いて、各地区の支部長で構成される総務会には70人の出席がありました。
20140701_2



各種の団体では総会に当たる会員大会には600人の参加を得て開催されました。

20140701_4



大会の後には秋田県出身の菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官から記念講演を頂きました。

20140701_5



講演の冒頭に「官房長官に就任してから1年と6ヶ月になりましたが、東京都以外に訪問出来たのは初めてです」との事でした。

しかも、この日の午前5時に北朝鮮がミサイルを発射して午前5時30分からの緊急危機管理会議を開いて対策を指示しどうにか午後5時からの講演に間に合いました、との事でした。

私達、常任総務が壇上に呼び上げられまして乾杯をして和やかな懇親会が始まりました。

20140701_6


20140701_7

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »