« 秋田の甲子園予選---(by 矢島っ子) | トップページ | 地元・森林組合の合併20周年記念式典が挙行されました。 »

2014年7月27日 (日)

2014.矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック--(by 矢島っ子)

28回目を迎えたサイクルロードレースが7月26日~28日の二日間に渡って開催されました。

エントリ―された人数は、1260名

矢島カップは、JCA日本ヒルクライムシリーズの一つとなっており、

日本の蔵王ヒルクライム・エコ

 

ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース

 

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

と並ぶ四大大会となっております。

26日の1st ステージでは、緩やかなアップダウンコースの

長泥→木在(折り返し)→長泥 TOTAL 8km のタイムを競います。

Img_9887

木在(折り返し)地点

Img_9959


ゴール間近では、スタートした選手とゴールする選手の両方を観戦できます。

Img_9911


この日は、今年最高気温の34℃という熱射の中での大会でした。

無料で清涼飲料水や麦茶などキンキンに冷えたのをスタッフが準備しておりましたので、選手や応援の方たちも熱中症予防が出来た事でしょう。
青いシャツがスタッフです。

Img_9885


スタート地点のスタッフたちも猛暑の中、張りつめた緊張を緩す事無く集中してサポートしておりました。

Img_9880

ゴール確認のテントのスタッフ

Img_9891

タイムを記録し、タイム表をアウトプットするスタッフ

Img_9886

選手とスタッフの皆様暑い中、本当にお疲れ様でした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

27日 2ndステージ

明け方から降り続いていた雨が朝には晴れあがり、スタートの時点では晴天でした。

フルクラスの行程は、栩木田スタート→登坂→上原→花立→祓川ゴールのTOTAL 26km標高差1,100mです。

標高差1100mを26kも駆け抜けるなんて、私にはとうてい真似できない競技です。それゆえ、応援にも力が入ります。

スタートの様子です。

Img_0008

佐藤県議もスターターを務めました。

Img_0010


1000人を超えるレーサーたちが道路いっぱいに走り抜けるようすは、圧巻そのものです。

Img_0014

Img_0052


『ガンバレー』と見送った後で、花立のハーフクラスのゴールで撮影しますので、川辺から車で花立に向かいましたcardash

早い、早いsweat01 もうすでに花立を通過するレーサーたちがおりました。

ここは、給水ポイントもありますので、『頑張れ~もうすぐお水あります~~』と大きな声で応援しながらの撮影でした (*゚ー゚*)

Img_0087

給水ポイントでは、中学生たちがコップに入った水を選手達に手渡しします。

Img_0153

『はぁ~~、おいしい。ありがとう』と言って、あと13kmの山道を駆け登っていきました。

Img_0206


途中、どしゃ降りの雨にたたかれながらも、果敢に挑戦する選手たちから環境に左右されない強い意志、ぶれない自分を見せてもらいました。

お疲れ様でした。そして、心からありがとうございますheart04

また、来年お待ちしてますからね~paper

こうして、暑い、暑い矢島のロードレースが無事終了しました。

|

« 秋田の甲子園予選---(by 矢島っ子) | トップページ | 地元・森林組合の合併20周年記念式典が挙行されました。 »

矢島っ子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田の甲子園予選---(by 矢島っ子) | トップページ | 地元・森林組合の合併20周年記念式典が挙行されました。 »