« 第十二回となりました矢島茶会に参加して参りました。 | トップページ | 山菜が盛んです---(by 矢島っ子) »

2014年5月14日 (水)

国指定重要文化財の土田家住宅---(by 矢島っ子)

矢島を通る国道108号線の新ラ町交差点から500mほどの所に、土田家住宅があります。

国指定重要文化財の土田家住宅は、17世紀後半に建てられたとされる秋田県内では最古の民家です。

2006年の9月には、皇太子様が鳥海登山の帰路に立ち寄られた事もあり、矢島住民として私もワクワクしながらお出迎えした思い出が蘇ります。

この土田家住宅の先祖は、信濃の国佐久地方を本拠地とした旭将軍、木曽義仲の重臣 四天王の一人 根ノ井小弥太の末裔で豊臣秀吉から朱印状を与えられ、この地域に小領主として処遇されておりました。

住宅の特徴として、「中門造り」の系統です。通例の中門は、厩(うまや)部分が母屋から張り出す「厩中門」が最初だとされてきました。ですが、土田家は座敷中門で他の中門造りとは異なります。よって、この建築年代の古さから推定すると、中門造りの発展の過程を見ることが出来、学術上貴重な建造物とされております。

昨年後半から萱ぶき屋根の吹き替えの為に、見学できませんでしたが、このたび完成し、きれいになった姿を拝見させていただきました。

Img_3451

萱を重ねて、形を整える。スゴイ技ですね。

Img_3448

Img_3449 

建物内部は、上座敷、下座敷、茶の間、内座、納戸、台所、座敷中門となっております。

中もしっとりとした古風な造りで、座敷は今でもピンと張りつめたような空気が漂います。

学術上重要な発見があった、座敷中門を実際に見る事ができますので、是非とも矢島へぶらりとドライブがてら、または、おばこ号に乗ってお越しくださいましたら、小旅行気分も味わえますね。お越しをお待ちしております。

clover土田家住宅 clover

住所:秋田県由利本荘市矢島町元町相庭舘9

TEL 0184-56-2364 

開館 通年 不定休(年末年始休) 

時間 9:00~16:00

アクセス  由利高原鉄道鳥海山ろく線矢島駅からタクシーで5分

駐車場あり(無料)大型バス2台可
 
文化財保護協力費 高校生以上200円

|

« 第十二回となりました矢島茶会に参加して参りました。 | トップページ | 山菜が盛んです---(by 矢島っ子) »

矢島っ子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第十二回となりました矢島茶会に参加して参りました。 | トップページ | 山菜が盛んです---(by 矢島っ子) »