« 春よ来い! ---(by やし子) | トップページ | 矢島の小中高の入学式・・・(by矢島っ子) »

2014年4月 4日 (金)

新ブログサポーターの「矢島っ子」です---(by 矢島っ子)

  前任のやし子さんに代わり『矢島っ子』が、ブログサポーターとなりました。

矢島生まれ、矢島育ち、矢島在住と50数年矢島におります。あまりにも同じ景色を眺め続け、見えてなかった矢島の良さは、やし子さんから気づかせていただきましたo(*^▽^*)oやし子さん、ありがとうheart04

矢島の良さと、歴史も勉強しながら発信していきたいと思っております。拙い文章で読みずらい箇所もあろうかと存じますが、なにとぞ寛大なお心で読んでいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

矢島の一番の魅力は、何と言っても出羽富士と呼ばれる美しい姿の鳥海山です。

年間降水量は12,000mm、冬の積雪は30mを超えるといわれていますが、実はこの年間降水量は、鹿児島県の屋久島の倍以上の量だそうです。

このような気候変動の激しい山ですので、ほとんど雲の中にいると言っても過言でないくらい、麓の矢島からその雄姿を拝見出来る日は限られており、朝見えていても、流れる雲に覆われて見えなくなる時間も多く、それゆえに四季の彩も鮮やかです。標高2236mの独立峰なので、鳥海山でしか見られないチョウカイフスマやチョウカイアザミなど貴重な植物が生息する山でもあります。

4月1日の矢島からは、とても美しい姿が見られました。

2014_0401_082128p4010005

あまりにも美しいので、ズームしたのも一枚

なめらかな山肌の左側が、矢島と鳥海地区から多く見られる面です。

右手の山は西側となり、日本海側のにかほ市方面の山肌です。wikiによりますと「紀元前466年に鳥海山がが噴火し、大規模な山体崩壊があった。」とあります。その姿がにかほ市側から見ると両手を広げ深い懐で迎えているような勇大な姿なのです。

2014_0401_082631p4010011

鳥海山はそこに在るだけで、地元の人々を癒し育んでくれております。なぜに癒されるのだろうかと地元での愛され方を歴史を通じて知りました。

古代には国家の守護神として、中世には出羽国の中心的な信仰の山として崇められ、近世には農業神として崇拝されております。

古代、国家の守護神として崇められた要因は、たび重なる火山活動が国家の治安の不安定さと重なることがあり、神階奉授を重ね大物忌神として畏れ祀り上げられていたようです。

中世、修験道の霊場としての地位を確立し、鳥海山を取り巻く各地には修験衆徒が活動拠点を設けて登拝口とし、独自の登拝道を確立しました。その活動拠点が矢島、にかほ市、山形の吹浦です。

矢島の活動拠点は、福王寺ですが、正式名称は「鳥海山福王寺」です。

2014_0403_145002p4030052

鳥海山修験信仰の開祖で、理源大師(京都醍醐寺三寛院尊師)を学頭として和銅5年(712年)に開創されたとも言われております。矢島修験十八坊の組織の支配者で、鳥海山の別当の役をなして代々が領主生駒氏の祈願所となっておりました。矢島でもっとも歴史のあるお寺です。

2014_0403_145201p4030053

近世、農業神として崇められている行事があり、木境大物忌神社の虫除け祭りです。

木境大物忌神社、通称木境神社は、鳥海山登山道の2合目に当たる場所にあります。

大物忌神(稲魂神)、薬師神を祭っており、古くから五穀豊穣、家内安全を祈願する祈祷所として信仰を集めてきました。毎年7月8日には虫除け祭りがおこなわれ、虫封じのお札をそれぞれの田んぼの水口に立てると、稲に虫がつかないと言われております。また、長さ60cm幅15cm程の杉で作られた船の室には、「虫封じの札」を釘でうちつけ悪虫を封じ込め小吉川に流します。これは、現在でも続けられている神事です。

▽矢島郷土資料館に展示されている虫除け祭りに使われる船のレプリカです。

2014_0403_141656p4030025

2012年7月8日撮影した虫除け祭り。子吉川へ虫封じのお札を乗せた船が流されるところです。

2012_0708_162914dscn1803

2012_0708_162945dscn1806

脈々と受け継がれる行事をきちんとこなす事が、鳥海山への信仰心であり、日々豊かで綺麗な水が田んぼへ流れ込む事、私達がいただける事への感謝でもあるように感じます。

鳥海山、ただそこにあるだけで人々を豊かにしてくれてます。本当にありがたい存在です。

|

« 春よ来い! ---(by やし子) | トップページ | 矢島の小中高の入学式・・・(by矢島っ子) »

矢島っ子」カテゴリの記事

コメント

矢島っ子さん、この度は2代目ブログサポーターをお引き受けくださってありがとうございます。

今後も、父のこと、どうぞよろしくお願いしますhappy02

投稿: 娘① | 2014年4月 5日 (土) 02時02分

娘①さん。

いつも大変お世話になっております。
初コメありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 矢島っ子 | 2014年4月 5日 (土) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春よ来い! ---(by やし子) | トップページ | 矢島の小中高の入学式・・・(by矢島っ子) »