« 高原の風にふかれて ---(by やし子) | トップページ | ひまわりの種 ---(by やし子) »

2013年8月24日 (土)

フットパス~矢島城下町コース---(by やし子)

こんにちは。 今日はちょっと耳慣れないフットパスの話題です。         
フットパスとはイギリスを発祥とする“森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】”のこと。         
今年、山梨県で行われている「文化の国体」と言われている国民文化祭が来年我が秋田県で開催されますね。         
その「国文祭」の中で市独自の事業としてフットパスが開催される予定です。         
まさにやし子の好きなぶらぶら散策!         
         
このフットパス事業に向け8月21日(水)にフットバス先進地の山梨県北杜市より講師を招き、矢島城下町コースの研修会が行われました。         
参加したのは国文祭プレイベントフットパス案内人等約30名です。         
         
先ずは由利高原鉄道の列車で矢島入りした一行、駅で熱烈な歓迎を受けました。         
         
2


         
この日のコースは、矢島駅を出発し城下町の風情を楽しみながら、約3キロの道のりを2時間かけての矢島巡り。         
案内役は「矢島見どころ案内人の会」会長の東海林 晃氏です。         
         
3
       
         
さっそくコースの説明を受け出発。         
         
4
         
         
案内する方もされる方もそれぞれ自分の地域のフットパスの案内人ですから、どのように案内したらいいか 、思いめぐらせながらの散策です。         
         
5
       
         
東海林会長の案内に耳を傾け、城下町の雰囲気を感じながらの散策。         
コースに組み込まれている大井家住宅では当主と奥様が家を開放して待っていてくださいました。         
         
         
6
      
         
当主の計らいで普段は見る事の出来ない家の中を見せてもらい、昔ながらの豪華な造りに一同驚き。         
         
7
      
         
大サービスで庭の門も開けて下さっていました。         
         
8
   
         
別世界に足を踏み入れたような静寂な庭に皆さん目を奪われた様子。         
暫し暑さを忘れる空間でした。         
         
9       
         
         
沢山のストーリーを織り交ぜた東海林会長の案内は矢島町への愛情が溢れ出ていて 案内を聞く側もその世界にに引き込まれます。         
         
11
   
         
案内人の皆さんも矢島町のフットパスを楽みながらの研修となった様子でした。         
         
13         
         

コースでは文化財の八森苑の瀟洒な造りに感心したり

16         
         
         
荘厳な龍源寺に圧倒されたりと、矢島町の歴史に触れ感心していました。         
         
19

         
また、方丈さんのお話に耳を傾けたり         
         
22

       
不動の滝の水音を聞きながら金毘羅坂を歩き、         
         
24

       
戊辰戦争の舞台となった八森城址で歴史に思いを馳せました。         
         
26         
         
矢島神社を見たり竹林の風を感じたりしながら         
         
27
      
         
通称「天寿坂」を降りるときには矢島の街並みを見下ろすことができます。         
         
28
       
         
まさに「ありのままの自然や、古い町並みなどの風景を楽しみながら散策する」というフットパスにピッタリの散策コース。         
やし子は何度歩いても大好きなこの街並みですが、研修された皆さんからも絶賛の声を聞きとても嬉しく思いました。         
         
         
最後に北杜市の自然ガイドをしている多賀氏、五味氏からアドバイスを受け、案内のポイント等を教えて頂き、有意義な意見交換で案内技術の向上を図っていました。         
         
32
      
         
矢島町では今回のコースの他に坂之下コース木境コースが予定されており、歴史や自然を満喫できそうです。         
この様な機会に沢山の方々に由利本荘市の魅力を感じてもらいたいですね。         
やし子は今から来年の国文祭が楽しみになってきましたよ~heart02         
         
やし子でした         

|

« 高原の風にふかれて ---(by やし子) | トップページ | ひまわりの種 ---(by やし子) »

サポーター やし子」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
私はミニベロ乗りのたけとと申します。
日本はイギリスみたいな田舎でフットパスいいですね^^

投稿: たけと | 2013年8月26日 (月) 21時28分

たけと様

初めまして。 
ブログご覧くださり有難うございます。
恥ずかしながらミニベロと言う乗物を初めて知りました。 どこにでも快適に行けそうですね。
矢島町は自然がいっぱい、空気も水も美味しく鳥海山が美しい姿を見せてくれる町です。
フトパスにぴったりの町ですよdelicious

投稿: やし子 | 2013年8月28日 (水) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高原の風にふかれて ---(by やし子) | トップページ | ひまわりの種 ---(by やし子) »