« 由利橋「由利タワー」が竣工し、渡り初め式が行われました。(前編) | トップページ | 「矢島歴史まちなみをまもる会」 ---(by やし子) »

2013年2月 7日 (木)

由利橋「由利タワー」が竣工し、渡り初め式が行われました。(後編)

前回の記録の通り、神事に続き新由利橋のたもとには渡り初めセレモニーの準備が整っており、沢山の関係者が指示された場所の配置に付き、合図に合わせてテープカットとくす玉の開披が行われ、いよいよ渡り初めです。

まず新由利橋の安全を祈願し、神官が清め、払いながら先頭に立ち、続いて新山神社の裸まいり法螺貝吹鳴会の皆様が「パオ~、ポオ~」と賑やかな音を響かせ、そして親子三世代夫婦の二家族が続きました。
親子三世代夫婦による橋の渡り初めの儀式は江戸時代から全国的に行われていると記録されているそうです。
一家に三世代の夫婦が顕在する事は大変珍しく、おめでたいことから、これにあやかり「三世代夫婦のように、橋も永続してほしい」との願いが込められていると伝えられております。

その後に幼稚園児70名が元気に続き、先程、渡り初めセレモニーで配役を賜った私達が続き、そして待ちに待っておりました市民約1,000人の皆様が小雪が舞い川面を渡る冷たい風をものともせずに渡り初めを行いました。

H25129



子吉川の左岸側から左車線を進み、右岸に到着してからUターンして後から続く市民の皆様と笑顔で手を振り合いながら喜びを分かち合いました。
私も橋往復した渡り初めを終えて県の関係者と和やかにしばし懇談しました。

H25129_2



現地での渡り初めセレモニーを終えて、近接するホテルに会場を移して由利橋竣工記念式典が開かれました。

H25129_3



式辞、祝辞、工事関係者と土地提供者に感謝状贈呈があり、最後に工事の概要報告がありました。

改めて新由利橋の概要を紹介しますと、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
路線名 : 市道由利橋通線

位 置 : 由利本荘市巣組~石脇地内

構造形式: 二径間連続鋼斜張橋

橋 長 : L=190.5m

幅 員 : W=19.0m
(車道W=6.0m,歩道W=3.5m)

主塔高さ: 50m

斜ケーブル:24本

平成22年8月着工~平成25年1月竣工
(工事期間29ヵ月)

総事業費:44億円

H25129_4
「h25.1.29 由利橋・工事概要.pdf」をダウンロード

私は祖父が創業した建設業の生まれ育ちで、建設会社の代表者も務めて数多くの工事に携わってきました。
道路の新設や改良工事、河川の堰堤や護岸の工事、ほ場整備、治山や法面の工事、等々、実に多種多様な工事に拘わってきており、それぞれに事業完成時には喜びはありますが、橋梁の架け替え工事は、地元住民が特に喜ばれる事業の一つだと私には感じられておりました。

この度、由利本荘市の歴史に残る大事業の竣工に立ち会えた事を、重ね重ね感謝しながら新由利橋の交通安全と橋梁機能を十分に発揮されます事を祈念して皆様への報告と致します。

|

« 由利橋「由利タワー」が竣工し、渡り初め式が行われました。(前編) | トップページ | 「矢島歴史まちなみをまもる会」 ---(by やし子) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由利橋「由利タワー」が竣工し、渡り初め式が行われました。(前編) | トップページ | 「矢島歴史まちなみをまもる会」 ---(by やし子) »