« ひまわりの種とり---(by やし子) | トップページ | さよなら 列車YR1500---(by やし子) »

2012年9月30日 (日)

鳥海山の裏側へ---(by やし子)

こんにちは
稲刈り真っ盛りの矢島町です
そんな中、今回は「ふるさと歴史講座」の皆さんの臨地研修について鳥海山の裏側、山形県遊佐町へ出かけてきました
海岸線を走る事約一時間半で着いたのは、鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮ですbus
2



神社周辺は宿坊集落だったので、街並みにその名残を感じる事が出来ました
神社の中を丁寧に説明して頂いた後
3



境内の長い長い階段を上り
4



拝殿へ
5



拝殿の上には二つの社殿が立ち並んでいました
かつて吹浦口ノ宮では大物忌神と、月山神の二つの御祭神を祭っていたため現在も二つの社殿が、並んでいるのだそうです
6



拝殿を拝んだあと、鳥海山大物忌神社末社の丸池神社へと向かいました
9



鳥海山の湧水を水源とする丸池は、瑠璃色で透き通っておりとても神秘的な雰囲気
10



神社の周辺には遺跡も点在するとかで、とても厳かな場所でした
御神体の丸池に向かって立っている神社をありがたく拝みました
11



丸池の近くには清流「牛渡川」が美しい流れを見せていました
7



水源がほとんど100パーセント湧水と言うだけあって見とれるほどの透明度eye
もうすぐ、鮭が遡上してくるそうです
8



さて、今日のもう一つの見どころは鳥海山大物忌神蕨岡口ノ宮
通称「上寺(うわでら)」と呼ばれる鳥海修験者たちの宿坊集落の中央に位置しています。
12



国登録有形文化財の本殿は、とても大きく立派です
13



本殿の横には君が代の歌詞にある「さざれ石」がありました
岐阜県春日町には君が代の由来となったといわれる「さざれ石」があり岐阜県の天然記念物に指定されています
そのさざれ石の一部が奉納されたものだそうです
14



ここ一帯は、かつて宿坊だった家々が当時の面影を残して街並みを作っています
小路などは、とてもすてきな雰囲気がありましたup
ここのお宅の姓は「鳥海」さん「とりのうみ」さんと読むそうで、この辺りにはよくある名字だそうです。
16



さて、最後のお楽しみは湧水の町八幡地区の玉簾の滝
可憐な山野草を楽しみながら、山道を15分ほど散策します。
17



神社の後ろに現れた美しい滝の姿に、暫し見とれるばかりです
18



岩面にあたった水が、玉のように砕け散り繊細な玉簾となって落ちてきます
マイナスイオンをたっぷりあびて、リフレッシュできた臨地研修でした
19



やし子でした

|

« ひまわりの種とり---(by やし子) | トップページ | さよなら 列車YR1500---(by やし子) »

サポーター やし子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひまわりの種とり---(by やし子) | トップページ | さよなら 列車YR1500---(by やし子) »