« 矢島町のちょっとした風景-----(by やし子) | トップページ | 和文化に親しもう!------(byやし子) »

2012年5月15日 (火)

矢島茶会が開催されました。

今年の矢島茶会は第10回目となる記念茶会となりました。

茶道遠州流の第13世の小堀宗実家元もご来場下されて記念の御講話を拝聴する事が出来ました。

茶道遠州流と矢島町のゆかりに付きましては、茶会の会記に毎年記載されておりますが私のブログの2008年5月19日に記録しておりますので参考にされて下さいませ。



Chakai1_001



Chakai2_001


「h24.5.13 第10回 矢島茶会のプログラム.pdf」をダウンロード

  

御講話の中で私が心に留めた事は「茶の心ではお客人に楽しい一時を過ごして頂く為に、最善の準備をし、お招きしたお客人が喜ぶ様を見て、自分の喜びとする」とのご高説に深く感銘致しました。

記念講話の後には毎年恒例となりました龍源寺での邦楽の演奏がありました。
今年は「一調一管・鼓と笛」の演奏会でして素晴らしい演奏がありました。
演奏会の紹介チラシは私のブログの4月20日に記載しております。
  

予定されていたプログラムで演奏予定は三曲でしたが、サプライズとして龍源寺の副住職をゲストプレイヤーとして三人での特別演奏もありました。

土屋泰順(たいじゅん)副住職はお父上の眞雄(しんゆう)住職と同じく駒澤大学吹奏楽部に所属しており、担当は打楽器でしたので、相当の腕前です。

副住職が持ち出した打楽器はアフリカの伝統楽器で木をくりぬいて胴を造り山羊の皮が張られているジャンベと呼ばれている楽器でした。

夕刻には第10回茶会を記念して、小堀宗実家元を囲み秋田県支部会員多数出席の上に、懇親会も開催されて参加させて頂きました。

H24513

|

« 矢島町のちょっとした風景-----(by やし子) | トップページ | 和文化に親しもう!------(byやし子) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢島町のちょっとした風景-----(by やし子) | トップページ | 和文化に親しもう!------(byやし子) »