« 天満宮祭礼---(by やし子) | トップページ | 「第3回鳥海高原菜の花まつり」--------(by やし子) »

2012年5月29日 (火)

お釈迦様の誕生祝いに参加して参りました。

矢島仏教会(4宗派6ヶ寺)の主催による花まつり、今年は金嶺山龍源寺を会場に執り行われ参加して参りました。

H24526


皆様がよくぞご存じの行事ですが「花まつり」とは、仏教の開祖であるお釈迦様のご誕生をお祝いする法要で、他にも甘茶を潅(そそ)ぐ行事なので「潅仏会(かんぶつえ)」とか「降誕会(ごうたんえ)」「仏誕会(ぶったんえ)」とも呼ばれています。H24526_dscf3430

お釈迦様は、生まれた直後に周囲を見わたし七歩あるいて右手を天に指し左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言ったとの言い伝えがあり、私の母校であります「駒澤大学・花まつり」の記事では、お誕生の際に、甘露の雨が降った、という説話が元になっていると紹介されております。

更に「天上天下・・・」の言葉を茶化して「世界で一番、私が偉いのです」等と冗談で言う方が居りますが、私が教えて頂いたのはは「無限に広い宇宙の中で自分より尊いものはないという意味で、人間一人ひとりが宇宙にただ一つしかない命を頂いている尊い存在だという意味だ」と伺っております。

当番寺の住職の先導でお経が唱えられて、その後に可愛いお稚児さんを始め参列者が花御堂(はなみどう)に天地を指さしたお釈迦様の像に甘茶を掛ける潅仏(かんぶつ)が行われ、生誕を祝いました。

H24526_2



  

龍源寺には檀家さんで構成されております梅花講があり、御詠歌が本堂内に響き渡りました。

H24526_3

私の母校である駒澤大学の「花まつり」サイトを紹介します。

花まつり行事に一区切りを付けた後に、

当町出身戦没者慰霊法要が行われて、遺族会会長から

「戦没者に感謝の誠を捧げ、二度と悲惨な戦争を起こしません」

追悼と不戦の誓いがありました。

|

« 天満宮祭礼---(by やし子) | トップページ | 「第3回鳥海高原菜の花まつり」--------(by やし子) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天満宮祭礼---(by やし子) | トップページ | 「第3回鳥海高原菜の花まつり」--------(by やし子) »