« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月27日 (火)

由利高原鉄道の車両更新が行われます。

名峰鳥海山のすそ野を走る由利高原鉄道は昭和60年の国鉄矢島線の廃止に伴い沿線住民の熱意で、全長23kmの第3セクター鉄道として、昨年開業25周年を迎えましたが、開業以来使用している車両の老朽化が限界に達し、今年度から3年間で、毎年1両ずつ合計3両の更新をする事になりました。

その公式報道発表資料が、由利高原鉄道株式会社から私にも送られてきましたので一部を紹介し、更にその資料を読み取れる様にブログに貼り付けますのでご参照下さい。

「プレス資料doc」をダウンロード

車両メーカーの選定は、企画提案競技により行ったもので、メーカーによる新造車両のプレゼンテーションを実施し、審査員の採点の結果、日本車輌製造に決定しました。

日本車輌製造とは「国内メーカー初となる新幹線総製作両数3,000台達成」の日本国内最大級の車輌製造会社です。

日本車輌製造のサイトに「車両ができるまで」の解説が有りまして興味深く読みました。

車両の長さは現有の更新対象の15メートルより3メートル長い18メートルで身障者用トイレ付きです。

3両のカラーは3種類で

1次車は、鳥海山麓に広がる田園、草花、木々をイメージしてのグリーン(緑)。

2次車は、鳥海山に映える夕日をイメージ(赤)。

3次車は、豊かな水、沿線を流れる子吉川をイメージしたブルー(青)

の計画です。

車両のロゴマークは開業以来の「おばこ」を踏襲した様です。

車両外観イメージです ↓

*

H2310


「h23.10 由利高原鉄道の新車両3種の外観最終.pdf」をダウンロード

おばこ号の車両ロゴマークです ↓

H239271

「h23.9.27 由利高原鉄道の車両ロゴマーク[1].pdf」をダウンロード

*

車両のシート柄になります ↓

H239271_2

「h23.9.27 由利高原鉄道の新車両のシート柄.pdf」をダウンロード

*

明るいニュースで、新車の納車が楽しみです。

bus==bus==bus==bus==bus==bus==bus==bus

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

矢島町で年に一度の大祭典がありました。

藩政時代から続く長い歴史と伝統を持つ矢島町の八朔祭りと呼ばれるお祭りがありました。
矢島町最大の行事で、祭典当日は晴天にも恵まれて盛会に執行されました。

町内の若者たちが力を合わせ、準備を重ねて五穀豊穣・町内安全等々大いなる自然に対する感謝と願いを込めて執り行われます。

041

町の高台にある神明社に居られます天照皇大神(あまてらすおおみのかみ)が御輿に乗って町中にあります宇賀神社に居ります弁財天(べんざいてん)に年の1日だけお泊まりに来ます。

011

七夕の織り姫と彦星の様に年に一度のデートと想像される事が多いのですが、実は天照皇大神も女神で弁財天も女神ですので矢島観光サポーターブログでは「年に一度の女子トーク」と現代風に解説されており、分かりやすいですね。

八朔祭りの象徴的な存在になった館町の連獅子踊りです↓

Securedownload2

*n祭り午前中の様子です ↓

2

*v日が暮れても踊り続けます ↓

031

私がうろ覚えの記録を記載するよりも、「矢島観光サポーターブログ」の宵宮(前夜祭)と祭典の状況が詳しく紹介されておりますので是非ご覧下さいます事をお勧めします。

矢島観光サポーターブログはこちら http://ameblo.jp/yashima-kanko/page-2.html#mainです。
このブログのに掲載しているナイスショットの写真も矢島観光サポーターから提供して頂きました。

後日には私の自宅前の写真も追加掲載する予定です。
まずは、速報的に記録しておきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

お待たせいたしました。

自宅前の写真を追加させていただきます。

私の自宅の玄関飾りの外観です。

H239114 *

*

私の自宅の玄関飾りの内部です。

H298311

お祭りをお迎えする我が家の一同です。

Securedownload1 *

*

連獅子達も我が家で喉を潤します。

H239111

*

出演者達へ冷たい飲み物を準備しております。

H239113 *

*

御輿が自宅の前を通過中です。

H239112

| | コメント (2)

2011年9月11日 (日)

国道108号の通行規制が変更になります。

去る6月24日に記録的豪雨による大規模地すべりによって即時に「全面通行止め」となっておりました私の住む地域の一般国道108号の秋田県由利本荘市鳥海町瀬中石・地内が「9月16日(金)16:00~(当分の間)片側交互通行が可能になります」と県から公式連絡ありましたので、このブログを御覧頂いております皆様へもにお知らせ致します。

全面通行止めの状況はこのブログの8月10日に記載しております。

この部分の地すべりは大規模であった為に道路の上部から土砂除去をして復旧作業を進めておりましたが、現場の道路上の土砂も全て撤去されておりました。

H2391_3

H2391

又、片側交互通行の為に道路の中ほどに安全防護柵用の基礎部分が作られておりました。

H2392

更に、片側交互通行の際の停止位置表示の看板も既に設置されておりました。

H2391_2

地域の大動脈である108号が約2ヶ月半の間完全通行止めだった事は誠に不自由でありましたが、同時に今日の車社会で地域生活の為に道路がいかに大きな役割を果たしている事を再認識する事となり、より安全な道路整備促進の必要性と地域要望実現の為に強く取り組むべし、思いを新たにしました。

このブログには秋田県由利地域振興局から送られてきました「公式なお知らせ」を貼り付けておりますので、このブログを御覧下さいました皆様からはより多くの皆様にお伝え頂ければ幸いです。

「h23.9.8_国道108号通行規制の変更(片側通行)のお知らせ.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

由利本荘市・戦没者追悼式が挙行されました。

由利本荘市主催の戦没者追悼式が行われました。

001


まずは会場一同で御霊に向かって拝礼をし、御霊のご冥福を祈って黙とう。

H2383011

国歌「君が代」斉唱。

市長の式辞、

H23830_1_2

追悼のことばとして秋田県知事(代理・由利地域振興局長)・由利本荘市議会議長・由利本荘市遺族会長からありました。

それぞれ立場は違っても、御英霊に対する感謝と不戦の言葉でした。

毎年の事ながら遺族会会長のご挨拶には戦没者ご遺族のご苦労が偲ばれる挨拶で胸を打たれます。

その後献花が行われて壇上の献花台は白い菊の花一色になりました

H2383021  *

その後には、市民コーラスグループによります戦没者追悼歌「みたまをたたえて」の合唱がありました。

「みたまをたたえて」は短い歌詞の歌で、静かな曲調でありますが、

ご遺族の深い想いが伝わり胸を打つ歌です。

歌詞を紹介します。

「還らざる 人を思えば 

   青雲(あおぐも)の うえより 

      ただに 来るがに 思う

             来るがに 思う」

001_2

追悼式終了後には遺族会主催によります由利本荘市戦没者遺族地方大会が開かれて、私もご指名により、ご遺族の皆様に対してこれまでのご労苦に敬意を表し、今後のご健勝をお願い申し上げます、と激励のご挨拶をさせて頂きました。

毎年、戦没者追悼式に出席させて頂く度に「戦争の悲劇を風化させる事無く、不戦の誓い」を心新たに深く胸に刻みます。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »