« 第13回・由利畜産共進会が開かれました。 | トップページ | 国道107号・本荘道路の説明資料を紹介します。 »

2011年7月27日 (水)

国道107号・108号の整備促進の合同期成同盟会の総会が開催されました。

H23725

今日の車社会で道路整備の重要性を説明する必要は全くない事と思いますが、高規格幹線道路建設に対しての事業評価として、三便益(走行距離の短縮、走行経費減少、交通事故減少)をBとし、全体事業費をCとして算出した費用便益費「B/C」(ビー・バイ・シ-と呼びます)の確認が重要とされ、近年東北地方の高規格道路の建設のスピードがなかなか上がらない現実がありました。

がしかし、3月11日に発生した大地震と大津波が発生した大震災により被災された東北地方住民の命を繋いだ物資の補給路線は日本海側の道路・鉄道・港湾であった事がハッキリと証明されました。

一般国道107号は、太平洋側の岩手県大船渡市を起点とし、終点が由利本荘市となっている延長192.5Kmで東北地方を横断する広域幹線道路です。
国土交通省・東北地方整備局・道路部が公開している「東北の道路」の総合情報サイトで距離と時間のデーターベース国道107号・道路時刻表
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/jikoku/route107.html

で路線の内容が確認出来ます。

もう一方の一般国道108号は、上記の107号より少し南側の太平洋側宮城県石巻市を起点とし、終点が由利本荘市となっている延長186.9Kmの広域幹線道路です。
上記と同じく国道108号・道路時刻表 http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/jikoku/route108.html で路線の確認で出来ます。

両国道は沿線住民に密着した生活の大動脈として重要な役割を担っている事は申すに及ばず、東北の横断道と呼んでも過言では無いと私は思っております。

H23725_2 H237253_2



近年の政府が「効果の高い路線を中心に重点的整備」と訴えていた都市偏重政策を大きく変更し、今こそ地方の均衡ある発展を視野に入れた高規格道路整備を強く訴える時期です。

その東北地方の生命線とも言える東北自動車道と日本海沿岸東北自動車道と東北中央自動車道の3本の縦軸を横断し、連結出来る横軸となり得るのが、この国道107号と国道108号です。

この日の総会では、両国道が通過している由利本荘市・横手市・湯沢市の関係者とこの国道の整備事業を担当している秋田県当局の出席を得て、お互いに連携・協力して改良促進に努めましょうと確認し合いました。

H237254

*

*

平成23年度 国道107号 

道路整備事業 実施予定箇所一覧

107_001

「23107.pdf」をダウンロード (こちらは、A4サイズのファイルとしてプリントできます)

*

*

平成23年度 国道108号 

道路整備事業 実施予定箇所一覧

108_001

「23108.pdf」をダウンロード (こちらは、A4サイズのファイルとしてプリントできます)

|

« 第13回・由利畜産共進会が開かれました。 | トップページ | 国道107号・本荘道路の説明資料を紹介します。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第13回・由利畜産共進会が開かれました。 | トップページ | 国道107号・本荘道路の説明資料を紹介します。 »