« 矢島町で総合防災訓練がありました。 | トップページ | 矢島スキークラブ創立80周年記念式典が行われました。 »

2010年10月20日 (水)

あきた総合支援エリアの竣工記念式典がありました。

「あきた総合支援エリア」とは、秋田県立医療療育と秋田県立盲学校、秋田県立聾学校、秋田県立特別支援学校の特別支援教育と一つのエリアに集約して新規建設した施設です。

Kagayaki1_001_2 Kagayaki2_001_2

全国初の試みでしたが無事に竣工し、今年の4月から開校しております。

かがやきの丘建設事業費は、

療育センター用地取得費、 1,245,000,000円
   〃    事業費、 3,753,000,000円
療育センター部分の小計、4,998,000,000円
学校部分の用地取得費、 1,743,000,000円、
  〃   事業費、   4,903,000,000円、
学校部分の小計     6,646,000,000円
 総事業費の合計、  11,644,000,000円

(百十六億四千四百万円)で秋田県にとっても大事業でした。

Kagayaki3_001_2

式典では修礼、開式のことばに続き、国歌斉唱の際に君が代を手話通訳されているのを私、は初めて見て驚きました。
国旗・国歌はかくあるべきと私は思いました。

H221019_

知事の式辞では、「あきた総合支援エリアかがやきの丘」の竣工は誠に喜びに堪えません。その後、この事業の経緯を振り返り、長年にわたり障害児・者の医療・福祉・教育に情熱を傾けられた関係各位に深く感謝申し上げます。今後も秋田県の医療療育並びに特別支援教育の拠点としての支援機能を発揮する様に期待しております。全国的にも期待や関心が高く、関係各位には尚一層のご理解とご協力を賜ります様にお願いします。」との挨拶でした。

続いて、県議会代表からの祝辞秋田県教育委員会あいさつ秋田県療育機構あいさつ、に続き、児童生徒代表お礼のことばがありました。

H221019__2

小学部は盲学校の児童中等部は聾学校の生徒、そして、肢体不自由の高等部の代表がそれぞれ素晴らしい御礼のことばを述べて、学ぶ事に対する強い意欲が感じられて感動しました。

ここで学んだ子ども達が自信を持って社会に飛び出す事を祈る気持ちを新たにした素晴らしい式典でした。

Oka2_001_3

Oka3_001_2

|

« 矢島町で総合防災訓練がありました。 | トップページ | 矢島スキークラブ創立80周年記念式典が行われました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢島町で総合防災訓練がありました。 | トップページ | 矢島スキークラブ創立80周年記念式典が行われました。 »