« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年5月

2010年5月24日 (月)

地元の交差点の安全対策を協議しました。

私の地元の大動脈である国道108号の矢島町曲り渕交差点の安全対策を協議しました。

H22511_2

この交差点では、さる、4月29日に車輌同士の交通事故が発生し、軽傷ではありましたが、けが人もあったとの事でした。
この交差点は国道108号線から矢島町市街部に入るT字路です。

Photo_3

事故発生の翌日30日に私も事故現場を通りかかり、事故車両を見つけて「安全対策協議」を県当局及び警察へお願いをしておりました所、連休明けには下調べを済ませて、11日には「現地協議を行いたい」旨の連絡が道路管理者である県の由利地域振興局建設部から有りました。
早速、市役所の矢島総合支所と交差点隣接の皆様に連絡を取って、午前11時から現地で合流しました。
合流協議の少し前に矢島高校生が郷土資料館での学習の為に、この交差点を横断しておりました。

H22511

H22511_3

短時間の連絡でしたが現地協議では、秋田県由利地域振興局建設部の次長と企画課長由利本荘市矢島総合支所の建設課長と担当者由利本荘警察署矢島幹部交番の所長、そして交差点角の店舗の代表と町内会副会長からご参集頂きました。
*
県の由利地域振興局建設部では事前調査写真と由利本荘警察署と連絡を取り合って、過去の事故発生状況なども記載された資料により現状認識の説明がありました。
その説明資料によりますと、平成19年から3年間追突事故4件その内2件は人身事故でした。
それぞれの立場での意見交換の後に県の建設部の企画課長から「安全確保の為の調査を進めます」との見解が示されました。

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »