« 鳥海山の山開きがありました。 | トップページ | 地元の交差点の安全対策を協議しました。 »

2010年4月30日 (金)

映画「釣りキチ三平」の幻の大イワナを紹介致します。

H22429

昨年の3月公開となった釣りキチ三平」の実写版映画でクライマックスシーンが撮影された滝ゆえに、以来「三平の滝」とも呼ばれる様になりました「法体の滝へは春を待ちわびるお客様の為に除雪車がフル稼働して道路の両脇には4~5mもの雪の壁を作りながらも通行出来る様になりましたのでお知らせ致します。
*

その実写版映画「釣りキチ三平」の撮影に使われた「幻の大イワナ」を滝田洋二郎監督のご理解と映画会社東映様のご厚意で法体の滝にほど近いリゾートホテル「フォレスタ鳥海」のロビーに展示されており迫力満点です。

H22425

*

Photo

法体の滝」ここは私のふるさと自慢の一カ所です。
日本の滝百選(その1) (その2)にも選ばれている滝です。

H207_081

釣りキチ三平」の実写版映画の監督滝田洋二郎監督は、映画「おくりびと日本人初のアカデミー賞を受賞した「世界のタキタ」と呼ばれる程の著名人ですが、由利本荘市の旧由利町にご親戚の方がおられて「是非、来町頂きたい」との要請に応えて下さり昨年11月3日の文化の日に「文化講演会」の講師としてお越し下さいました。

H21113_2

H21113_082_2滝田監督の講演の際には「撮影期間中は毎日冷めたロケ弁(コンビニ弁当)の中で、法体の滝で撮影の際に地元JA女性部の皆様が作ってくれた温かい手作り弁当の美味しさは忘れられない思い出です」と語られておりました。

文化講演を終えた夕刻からは「滝田監督との交流会」が開催されました。
勿論、懇親会ではJA女性部の皆様やご親戚の方も参加され和やかな懇親会でした。

H21113私も滝田監督との懇談の際に「幻の大イワナ」に話が及び厚顔にも「それが有ったら頂戴出来ませんでしょうか?」とお願いした所、滝田監督からは即座に「私は良いですよ、東映さんと協議して下さい」との了解を頂きました。

翌日、早速映画ロケの受け入れの窓口であった県の観光課にこの旨を連絡した所、担当された関係各位のご尽力によって法体の滝の観光拠点であるリゾートホテル・フォレスタ鳥海のロビーに展示される事となったのでした。

この映画の原作者である秋田県出身の矢口高雄氏が実写版映画が制作されるに際して「原作の背景を深く迫るため、ロケの95%を秋田で行ったと伝え聞いた時は素直にうれしかったですね」と、隔月で10万部も発行されているフリーペーパー「Ag」の秋田県版#26号で述べておられます。

H21113_2

このブログをご覧の皆様、秋田県民歌の冒頭の歌詞「秀麗無比なる鳥海山」の雄大な自然を体感しにどうぞお越し下さいませ、「三平の滝」こと「法体の滝」が皆様をお待ちしております。
直木賞作家 森敦の「鳥海山」はこのブログの2008年4月26日に、深田久弥の名著「日本百名山」での「鳥海山」の描写は2010年4月25日に記載しております。

|

« 鳥海山の山開きがありました。 | トップページ | 地元の交差点の安全対策を協議しました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山の山開きがありました。 | トップページ | 地元の交差点の安全対策を協議しました。 »