« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月

2009年10月14日 (水)

鳥海りんどうが販売金額1億円突破の報告

私のふるさと矢島町は標高2,236mの鳥海山の麓の町です。平成17年に町村合併しましたが隣接する旧鳥海町はその名の如く矢島町より山懐に深く抱かれた町です。
その鳥海町で今から6年前に稲作からの脱却を決意して花の「りんどう」の栽培に取り組んだグループの販売金額1億円突破の報告を生産者自身が県庁を訪問し、佐竹敬久知事に喜びの報告をしました。

下記に佐竹知事への報告書を記載しますのでご参照下さい。

***********************************************

秋田県知事
 佐竹 敬久 様
  “鳥海りんどう”販売金額1億円突破報告書
                     平成21年10月7日
        JA秋田しんせいリンドウ部会
          部会長 眞坂 重孝

            

  報  告  事  項

Dsc_0037  ◆“鳥海りんどう”は鳥海山麓の冷涼な気象条件を活かし、水田を活かせる収益性の高い経営実現を目的に、平成16年度に鳥海地域の農家18戸、面積2.5haで取り組みました。(H21年現在36戸、9.9ha)

◆“ ロケットスタート”を合い言葉に、徹底した個別指導を受けるとともに、月に1回は全員参加の栽培講習会を実施し、栽培技術の確立と早期定着に努めてきました。

Dsc_0048 ◆平成18年の販売開始から県内外の市場から、鮮明な花色と日持ちの良さに高い評価を得ています。

◆10a(1反歩)当たり粗収入200万円を超える農家もおり、冬期間の出稼ぎを止めてリンドウ栽培に専念する農家も出てきました。

◆ゼロからのスタートで、当初目標は5年の計画でしたが1年早く、販売開始以来4年目の9月21日に目標の販売1億円を突破する事が出来ました。

Dsc_0020Dsc_0022*

*

*

*Dsc_0033_2

*

*

*

*

訪問者名簿
  JA秋田しんせい花き部会リンドウ小部会
     部会長   眞坂 重孝
     副部会長 榊  善清
     役  員  梶原 浩栄
     部会員   池田喜榮子
        〃    高橋千恵子

由利本荘市鳥海総合支所産業課
     課  長  佐藤 富榮
JA秋田しんせい営農経済部農産園芸課
     課  長   渡部  治

JA秋田しんせい営農経済部農産園芸課
     調査役   村上  覚

***********************************************

上記の報告書にも記載されております通り、一反歩200万円超の経験は驚くべき実績です。
このブログを読んでおられる秋田県内の稲作農家の皆様、挑戦される気持ちになりましたら、お近くの秋田県の各地域振興局か秋田県農政部・農畜産振興課・花き班 高橋宏彰主任(りんどう指導員)018-860-1804に電話で相談してみて下さい。

Dsc_0059

*

*

*

*

*

背景に掲げられてある額は、いわば佐竹知事の祖先の家臣に当たる家で生まれ育ち、画才を発揮した秋田を代表する小田野直武の作品で秋田蘭画の最高傑作と言われ、秋田県で最も貴重な絵の一枚です。

こちら や
こちら  や
こちら で確かめて下さい。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

自由民主党秋田県支部連合会の総務会が開催されました。

去る、8月30日の衆議院総選挙において、結党以来50余年間で歴史的大惨敗となった、私も所属しております自由民主党秋田県支部連合会(会員1万余名)の 総務会が開催されました。
自由民主党秋田県支部連合会の総務会が開催されました。
去る、8月30日の衆議院総選挙において、結党以来50余年間で歴史的大惨敗となった、私も所属しております自由民主党秋田県支部連合会(会員1万余名)の 総務会が開催されました。
総務会は衆議院議員選挙区別の3支部と新・旧市町村別の地域支部48支部とその他の支部(県議会議員及びそれに準ずる者)32支部と職域支部27支部の支部長110人で構成されています。
この日の総務会には総員98名の参加があり、会議が進められました。
*
Photo_7まず、秋田県連の鈴木洋一会長から挨拶がありました。
挨拶の内容は、衆議院議員選挙での大惨敗の結果を真摯に受け止め原因を分析し、その主なものを報告し、「改善すべき課題を共有し、自民党の再生の為に各支部の皆様からは引き続きご協力をお願いしたい」と締めくくり、会場からは大きな拍手を頂きました。
*
*
*
Photo_6続いて衆議院議員 金田勝年氏からご挨拶がありました。
その後、能登祐一幹事長から総選挙後の党状報告がありました。
選挙結果判明直後に開催された「緊急全国幹事長会議」での意見や提言の抜粋が参考資料として出席者に配布されており、その要点の説明がありました。
その資料の内容の一部を下記に掲載します。
【1.総選挙関係】
・公認決定にあたり、県連の意見が尊重されなかったのは残念である。
・党内の混乱が党支持者からもヒンシュクを買った。
・党のの醜さが出た、総裁の足を引っ張る姿は耐えきれない。
【2.公約・政策関係】
・公約制定にあたっては、地方の声をしっかりと聞いて欲しい。
・保守政党としてポピュリズム(大衆迎合)に乗ってはだめだ。
・公約に保守でないものが見られる、保守の原点を見直し、公約を再点検されたい。
・民主党のあとから出した自民党の公約なのに解りづらい。
【3.総裁選挙関係】
・総裁が党再生の第1歩だ。地域を廻り、党員とひざ詰めで活動されたい。
・党員投票数を300票以上にしてくれないか。党の規定を変えてくれ。
【4.党運営関係】
・党本部と県連が一緒に行動できる様、党職員の派遣を望む。
・地方と本部の在り方を変えて欲しい。
次に議題を「衆議院議員総選挙について」として会議が進行されました。
Photo_3Photo_4会場からは次々と発言が続き、会議時間は1時間30分を超えました。
*
*
*
*
会員である各地区支部長からは多岐に亘り、叱咤激励がありましたが、「自民党再生の為にみんなで頑張りましょう」という発言が続き、大きな拍手がわき起こる場面が多くありました。
会員皆様からのご意見は貴重であり、誠に有り難く自民党の再生の第1歩を感じられた総務会でした。

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

子吉川の洪水対策の現地協議がありました。

Photo 私の地元の命の水と言っても過言ではない標高2,236mの鳥海山麓の水を集めて流れる延長65キロの一級河川子吉川が今年の7月19日の豪雨の際に堤防を越水し、河口から24キロ地点の滝沢堰頭首口の上流部の木在(きさら)集落の田畑や道路が冠水被害を受けました。

昭和55年の洪水の際に床下浸水の被害を受けた5世帯に今回の越水では被害を受ける事が無かった事は不幸中の幸いでした。

001002 

この日は県議会開会中ではありますが、常任委員会と予算委員会を終え審査内容整理の為の休会日でしたので私も同席出来ました。
被災の現地協議に参集頂きましたのは、地元集落総代を含む関係者7名と由利本荘市矢島総合支所からは、支所長、建設課長、建設課参事、産業課長と河川管理者である秋田県からは由利地域振興局・建設部の河川砂防課長、同じく班長、担当係の皆様でした。

Photo_3Photo_4 
**

Photo_2現場で地元の皆様からの説明を受けた後に集落会館で車座になって協議を致しました。
協議では、地元の皆様から現場で説明頂いた事への補足説明と、由利本荘市矢島総合支所の建設課長からは当日の最高水位の状況写真と河川管理者である県に対して「地図と写真」を記載した対策要望書が配布されました。
住民の皆様は、矢島支所から県に対しての要望書を手にして対策が取られている事を実感されて、少しホッとした様子でした。
そして、河川管理者である秋田県の代表として由利地域振興局・建設部の河川砂防課長から

Dscn4952

「この地区の洪水対策の堤防設置は緊急を必要とすると認識しております。まず緊急対策として暫定堤防を早速作ります、その予算要求は既に提出しており、10月7日の9月定例県議会最終日で予算承認頂けば直ぐに取りかかる準備が出来ております。

更にその後に本格堤防の築堤に掛かる様に取り組みます。

本格堤防には当該地区以外の集落所有地があり、その用地の権利関係者は100人を超えておりますので、調査と確認と承諾に少し時間が掛かると予想されますので、ご理解とご協力を頂きたい」との説明でした。
参集された住民の皆様はこの説明を聞き「安心しました」との事でした。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »