« 「美酒 天寿」会長の6代目大井永吉様の叙勲祝賀会が盛大に開催されました。 | トップページ | 県議会の本会議での委員長報告(農林商工) »

2008年12月22日 (月)

県議会・本会議での各委員長報告(福祉環境)

報告の記載日が少しずれてしまいますが、去る19日に行われた本会議に於ける各委員長報告の重点部分を記載致します。

Dsc_0052 福祉環境委員長からは、「保育料助成制度の見直し案について」でありますが、まず、保護者の中には、県が、第三子の保育料について、無料化したことを受け、出産に至ったケースもあると聞いている。第三子以降への経過措置等の取扱については、議会だけの議論だけでなく、保護者の意見を聞くなど、しっかりとした議論をすべきでないか、とただしたのに対し、 
経過措置等の取扱については、市町村からは、支援対象者割合を75%とした方が良いという一方、現行の100%を継続するべきといった、意見が示された。県ではこれらの意見を踏まえ、支援対象者割合については100%を維持する一方で、この制度を安定的なもとするため、第3子以降の経過措置人の経費を縮減せざるを得ず、財源等の問題等を含め、検討した結果の見直し案である。ご指摘やご意見については、検討させて頂きたい
との答弁がありました。また、この見直し案について、どのように保護者等の理解を得ていくのか、状況をきちんと周知する必要があるのではないか、とただしたのに対し、6月、9月に、市町村の担当者会議を行ったほか、働いている母親や子育て支援団体等とも意見交換を行った。特に市町村からは、対象となっている家庭への説明をしっかりおこなって欲しいと言われている。市町村、保護者等に対する見直しの内容については、その周知についても検討して参りたい。との答弁がありました。
*

Dsc_0053 次に、「産業廃棄物条例等施行状況の検討について」であります。
制度導入から5年を迎え、有識者会議で制度の在り方について検討をおこなったわけであるが、有識者や市町村、事業者からは、課税している額の妥当性について、不満の声はなかったのかとただしたのに対し、この税制度は27都道府県 1政令指定都市で導入されており、すべて1トン当たり千円を徴収しているが、当県の状況としては、額が「高い」、制度が「おかしい」と言った意見も今のところ出ていないおおむね有効に機能しているものと考えられる。との答弁がありました。
建設・学術国際・予算それぞれの委員長報告は、後日記載致します。

尚、本会議は全て録画中継されておりますので、秋田県議会事務局の、こちらでご覧頂く事が出来ます。

|

« 「美酒 天寿」会長の6代目大井永吉様の叙勲祝賀会が盛大に開催されました。 | トップページ | 県議会の本会議での委員長報告(農林商工) »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「美酒 天寿」会長の6代目大井永吉様の叙勲祝賀会が盛大に開催されました。 | トップページ | 県議会の本会議での委員長報告(農林商工) »