« 本会議が開かれて、一般質問の2日目 | トップページ | 県議会の常任委員会が継続されました。 »

2008年12月11日 (木)

県議会で常任委員会が開かれています。

午前9時30分から議会運営委員会が開かれて、各種課題の協議をしました。
午前10時からは各常任委員会が開かれました。
*

Dsc_0040 私は建設交通委員会に所属しておりますので、所管する補正予算(案)やその他の議案を審査しました。
補正予算(案)関係につきましては
○緊急経済対策について
厳しい県内経済状況を踏まえ、県単独事業の前倒し発注を促進するため、37億円を超える債務負担行為を設定する。
また、県内経済への波及効果の大きい住宅建設を促進するため、住宅取得支援対策(債務負担行為の設定)を実施する。
1.県単独投資促進事業   37億8,290万円
内訳は
・県単公園事業          1,300万円
・県単独道路整備関係    30億3,790万円
・県単独河川整備・砂防関係    7億1,300万円
・県単港湾整備事業        1,900万円

*

Dsc_0043 2.住宅取得支援対策:予算額 5億6,000万円
(1)事業目的:住宅投資の経済波及効果による県内経済の活性化を図るため、高齢者同居又は子育て世帯(18歳未満の扶養する子供がいる世帯)の住宅取得を支援する利子補給制度を創設する。
(2)事業内容:県内で住宅を取得(新築、改築、分譲住宅取得)する者で、申込者の世帯年収(給与所得の場合)が700万円以内とする。
(3)対象住宅:県内に本店を置く建設業者等が建設又は分譲する在来工法の木造住宅。
Dsc_0111(4)支援内容:
・利子補給額は利子補給対象融資額の償還元金残高(2,000万円を超える場合は、償還元金残高を2,000万円として計算する。)に対して当初5年間支払利子相当額の1/2
・利子補給限度額は5カ年分の合計で80万円までとし、初年度に一括払いとする。
・募集期間は平成21年1月(予定)から21年度末まで。
・募集戸数は年間700戸
*

建設交通委員会所管では、約38億弱ですが、12月定例県議会に上程されている、一般会計補正額は、100億8,514万円ですので、県内経済活動の下支えになれば良いなと思っています。

***********************

P1001430  常任委員会を終えて、午後5時から、「環日本海視察団報告会及び意見交換会」が開かれて出席しました。
さる、7月26日から8月2日までの8日間、国際交流議員連盟会長の武田英文議員を視察団長として一行8名が、韓国・ソウル仁川空港乗り換え、ロシアのハバロフスク・シベリア鉄道を利用しウラジオストック・中国の延吉等の環日本海地域視察調査してきた報告会でした。
出席者は、県議26名、県関係部局から6名、秋田港シー P1001431_2 アンドレール構想推進協議会から9名、秋田沿海州航路誘致推進協議会から8名、秋田県国際交流議員連盟事務局から3名の合計52名でした。
75ページにも及ぶ「視察報告書」は秋田県議会マルチメディア推進議員連盟のホームページに全て掲載しておりますので、興味のある方はご覧下さい。

|

« 本会議が開かれて、一般質問の2日目 | トップページ | 県議会の常任委員会が継続されました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本会議が開かれて、一般質問の2日目 | トップページ | 県議会の常任委員会が継続されました。 »