« 由利本荘医師会「保健・介護福祉施設(仮称)の建設について・後編 | トップページ | ついに国内メーカーのミニノートパソコンが、50,000円を切りました。 »

2008年12月 2日 (火)

食糧自給率向上を目指して活動している組織がありました。

私のブログの11月23日に「食糧自給率」について、翌24日に「フードマイレージについて」を記載しました所、知人から「食糧自給率向上を目指して活動している組織がありますよ」とお知らせのメールがありました。
*

10028283_t2 その組織の名称はFOOD ACTION NIPPON
◎食料の未来を確かなものにするために
◎日本の食料自給率問題とは
◎食料自給率アップ推進宣言

等のテーマについて詳しく説明されており、

◎ FOOD ACTION NIPPONについて、には下記のように記載されておりました。
・FOOD ACTION NIPPON推進本部の発足
50006417_t2 日本国内にとどまらず、世界規模で食料問題がますます深刻化する中、国産農産物の消費拡大は食料自給率向上を実現する最も有用な手段であると考えられてきています。そのためには、消費者の啓発と意識改革にとどまらず、「生産」「流通」「消費」のそれぞれの現場で問題意識を認識・共有し、消費者・企業・団体・地方公共団体など、全ての国民が一体となって国産農産物の消費拡大を具体的に推し進めることが重要な課題となっています。

これらの課題の実現を目的として、農林水産省は平成20年度より「食料自給率向上に向けた国民運動推進事業」を立ち上げ、そしてこの度、その基盤となる組織として「FOOD ACTION NIPPON推進本部」を発足いたしました。
50035268_t2 FOOD ACTION NIPPON推進本部、有識者・事業者・企業などで構成された食料自給率向上推進委員会、及び各々異なる役割を持つ3つの部会が集まった「FOOD ACTION NIPPON推進組織」を中心として、食料自給率アップのために様々な活動を行う企業・団体から成る「FOOD ACTION NIPPON推進パートナー」、国民運動をより活性化していくために、多彩な著名人で結成された「FOOD ACTION NIPPON応援団」という3つの組織で構成されています。そして、全ての組織が一丸となり、日本の食料自給率向上のための様々な活動に取り組んでまいります。

と説明されてありました。
私はブログで自分の活動報告や私が興味を持った事柄を調べて記録しております。
この度の連絡を頂きまして、自ら情報を発信する事は同時に新たな情報も収集できる事なのだと実感しました。

|

« 由利本荘医師会「保健・介護福祉施設(仮称)の建設について・後編 | トップページ | ついに国内メーカーのミニノートパソコンが、50,000円を切りました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由利本荘医師会「保健・介護福祉施設(仮称)の建設について・後編 | トップページ | ついに国内メーカーのミニノートパソコンが、50,000円を切りました。 »