« 食糧自給率向上を目指して活動している組織がありました。 | トップページ | 12月定例県議会の開会と、県医師会との懇談会。 »

2008年12月 3日 (水)

ついに国内メーカーのミニノートパソコンが、50,000円を切りました。

近年、パソコンと携帯電話は、市場の競争原理と工業製品である事等により、半年ごとにモデルチェンジをして性能向上と値下げを繰り返して、我々消費者には大変入手し易くなっています

71808054 近年ミニノートPCは、欧米ではモバイルPCとして、又、セカンドPCとして低価格の魅力もあって爆発的に売れて来ております。
ミニノート普及の火付け役は、欧米で人気を博し、日本でも発売後徐々に売り上げが上昇してきたのが
ASUSのEee PCで、画面サイズが7インチタイプが35,000円〜、8.9インチが45,000円〜、10インチが60,000円〜発売されています。
これに対抗している海外メーカーは
・メーカー直販世界最大手のDELLの8.9インチは、50,000円〜発売されています。
・PC本体のみならず、プリンターやプロジェクタ、ワークステーションなどの総合メーカーであるHP(ヒューレット・パッカード)は、これまで発売していた8.9インチタイプで45,000円〜、最近10.2インチタイプも追加されました。

これまで国内メーカーはこの分野への参入を検討していた様子もうかがえましたが2008年秋冬モデルから各社一斉にこの分野への参入が始まりました。

71248590 国内メーカーではこれまでも、ミニノート製造販売専門メーカー工人舎が7インチディスプレイ中心に10万円以下で発売されており、知る人は知っているPCでしたが、Eee PCに刺激されたのか、8.9インチモデルも10万円以下で発売しています。
東芝は9月29日にミニノートPC、8.9サイズを60,000円〜発売を開始しました。 
NECは10月16日にミニノートPC8.9インチサイズを60,000円〜の発売を開始しました。
.ソニーは以前から発売している VAIOの11.1画面タイプの性能向上させていますがこちらは約165,000円〜の物になります。
・パナソニックは以前からモバイルパソコンとして人気の高いLet’note の10.4タイプをモデルチェンジしていますが、高い能力を持たせて、値段は150,000円〜です。
・そしてついに国内メーカーでは、10.2型ワイド液晶ディスプレイを使用しているモデルがエプソンから50,000円を切って発売されました。
エプソンダイレクトショップで基本構成価格 46,800円〜でOSはWindows XPです。

上記は私がネットで調べた通信販売で機器のみ売りっぱなしの参考資料です。
パソコンはただ安ければよい物ではありません。
PC操作能力はビギナーからエキスパートまで、更には、エンジニアに至るまでとても広いユーザーがおります。
PCは希望する処理能力や値段と照らし合わせる事が大事ですし、何よりも「値段が少し高くても自分で手に負えない作業が発生した時にサポートして貰える能力のある、近くのお店から買う事が何よりも大事です」と私は常々、PC紹介の際には話しております。

|

« 食糧自給率向上を目指して活動している組織がありました。 | トップページ | 12月定例県議会の開会と、県医師会との懇談会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食糧自給率向上を目指して活動している組織がありました。 | トップページ | 12月定例県議会の開会と、県医師会との懇談会。 »