« 我が国の食糧自給率は40%未満と言われておりますが・・・。 | トップページ | 本荘高校定時制課程・創設60周年記念事業が開催されました。 »

2008年11月24日 (月)

フードマイレージについて

昨日に続いて食料について記載します。
消費者から「フードマイレージとは何か」と云う質問に農林水産省では下記のように回答しております。

Roads058  フード・マイレージとは、英国の消費者運動家ティム・ラングが1994年から提唱している概念("Food Miles")で、生産地から食卓までの距離が短い食料を食べた方が輸送に伴う環境への負荷が少ないであろうという仮説を前提として考え出されたものです。具体的には、輸入相手国からの輸入量と距離(国内輸送を含まず)を乗じたもので、この値が大きいほど地球環境への負荷が大きいという考えです。
輸入食料に係るフード・マイレージ輸入相手国別の食料輸入量× 輸出国から我が国までの輸送距離(注.輸入相手国別に計測し集計したものが全体のフードマイレージとなる。)2000年では1人当たりのフード・マイレージは日本が4,000tkm(トンキロメートル)であるのに対し、国は3,200tkm、アメリカは500tkmと大きな開きがあります。また、日本には「地産地消」という考え方がありますが、フード・マイレージは、このような考え方を数量的に裏付けるものと考えられます。 回答日 平成15年4月

農林水産省が所掌する政策に関する総合的な調査及び研究を行う農林水産政策研究所  ではフードマイレージに専門的に取り組んでおり、専門的な論説や、試算がありました。

昨日紹介しました(財)食生活情報サービスセンターのフードマイレージについての解説はこちらにあります。

フードマイレージについて私が見つけた民間団体のサイトは「大地を守る会」がありました。
Eyes0547 「きょう食べたものはどこからきたのかな」とのテーマでキャンペーンを行っており、身近な食品70品目の国外と国内生産地とそれぞれが分かるサンプルがあり、地球温暖化に影響しているCO2排出に換算する説明があり大変興味深く読みましたので紹介いたします。

|

« 我が国の食糧自給率は40%未満と言われておりますが・・・。 | トップページ | 本荘高校定時制課程・創設60周年記念事業が開催されました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が国の食糧自給率は40%未満と言われておりますが・・・。 | トップページ | 本荘高校定時制課程・創設60周年記念事業が開催されました。 »