« 臨時県議会の8日目、決算特別委員会の総括審査が行われました。 | トップページ | 国道108号・矢島町前杉バイパスの事業が進行しています。 »

2008年11月19日 (水)

11月臨時県議会の最終日、本会議が開かれました。

午前9時30分から会派議員総会が開かれて、昨日までの決算審査に対して会派内での意見交換が行われました。
その後、11時から決算特別委員会が行われて、討論と採決が行われました。
決算委員会の開始を告げて、付託された議案である「平成19年度 歳入歳出決算」に対する委員会での発言は無く、質疑は終局したものと認められました。
*

次に、付託議案である 認定第3号「平成19年度 秋田県歳入歳出決算の 認定について」を議題とし、討論と採決に進みましたが、討論は、無く、起立により採決し、賛成者多数をもって、認定第3号は認定すべきものと決定されました。
*

引き続き議会運営委員会が開かれて、午後に開催される本会議の進行について協議されました。
Dsc_0004_2 午後1時30分から本会議が開催されて決算特別委員長の報告がありました。
昨年に引き続き決算委員長は私が務めており秋田県議会の公式WEBサイトの録画中継 で何時でもご覧頂く事が出来ます。
*

Dsc_0005決算特別委員長報告の概要は、 議題となりました、認定第3号「平成19年度 秋田県歳入歳出決算 の認定について」に関して、 決算特別委員会における審査の経過と結果を、報告申し上げます。
審査に当たっては、まず会計管理者から概要説明と、代表監査委員の審査概要報告を受けました。
*

その後、各分科会において、関係する部局長からそれぞれ説明を聞き、当局に対し、決算書等に基づいた詳細な説明を求めるとともに、審査に必要な資料の提出などを求めました。
その上で、予算が、関係法令に基づき、適正かつ効率的に執行されたのかどうか。
Dsc_0009 また、実施した施策や事業の目的が、どの程度達成されたのか。
更に、それが県民生活の向上や県勢の発展に、どのような効果を発揮したのか、といった視点から、分科会における部局別の審査、及び総括審査を通じて、慎重に審査を行いました、と報告し、
 
その主な内容については、総務企画分科会、農林商工分科会、福祉環境分科会、建設交通分科会、学術教育公安分科会で質疑応答された内容を報告をしました。
*

次に、総括審査に於ける審査状況を報告した後に、質疑を終了し、討論なく、採決の結果、認定第3号は、賛成多数をもって認定すべきものと決定した次第であります、と報告しました。
認定すべきとした委員会の結論に対して、反対の意思表明が、山内梅良議員(日本共産党)と石川錬治郎議員からあり、その理由の説明をする討論がありました。

討論を終えて、起立採決の結果、賛成多数で、平成19年度決算は認定すべきものと決定されました。
Dsc_0027

|

« 臨時県議会の8日目、決算特別委員会の総括審査が行われました。 | トップページ | 国道108号・矢島町前杉バイパスの事業が進行しています。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨時県議会の8日目、決算特別委員会の総括審査が行われました。 | トップページ | 国道108号・矢島町前杉バイパスの事業が進行しています。 »