« 第4回・由利本荘市身体障害者福祉大会が開催されました。 | トップページ | 秋田県スキー連盟創立80周年記念式典・祝賀会が開催されました。 »

2008年11月 9日 (日)

第9回・天寿を楽しむ会が開かれました。

Dscn2959_2 天寿とは私の住む町、矢島町の酒蔵で創業135年の歴史を重ねているふるさと自慢のお酒です。
そのお酒を存分に楽しむ会が開催されました。
*

この会は会場の広さの関係で先着220名のチケット限定発売でしたが、発売間もなく完売されたとのことでした、人気があるのですね。
Dscn0534 私は開場の15分前に到着したのでしたが、ロビーには開会を待ちかねるお客様で溢れていました。
定刻の5分前に開場されてお客様はドーッと開場になだれ込みましたが、予めテーブルが指定されておりましたので混乱することはなく指定席に収まりました。
*

開会に当たって大井建史社長のご挨拶がありました。
Dscn0556 『今年は台風被害もなくお米は豊作で順調に新米が入荷しており、社員一丸となって美味しいお酒造りに励んでおります。今年は国内に止まらず世界規模のコンクールに出品した所、金賞や銀賞など高い評価を頂く事が出来ました。今日はごゆっくりお楽しみ下さい。』との事でした。
*

次には私に「開会の挨拶と乾杯をして下さい」と社長から依頼されていましたので、登壇してご挨拶をさせて頂きました。
私の挨拶は
Dscn0561 『本日は第9回の天寿を楽しむ会の開催、お目出度う御座いました。
天寿さんは今年135回目の酒造りだとのことで、長い伝統を守り続けて居られますことに敬意を表します。
しかも、伝統を守りつつも、良い水、良い米、そしてお酒の命とも言うべき、新しい酵母の使用などの常により良いお酒を造ろうという姿勢に敬意を表します。
天寿さんのお酒は国内のみならず、国際的なコンクールでも高い評価を受賞されていることは、私達の自慢でもあります。
造ることのみならず、販売にも努力されており
蔵元通信を見ていますとほぼ毎月の様に地元由利本荘市内では勿論のこと、東京や北海道へも積極的な販売活動にも努力されており感心致します。
今日は私達のふるさと自慢である「天寿」の社員皆様が腕によりを掛けて作り上げられたお酒を大いに楽しみ、タイトル通り心ゆくまで「天寿を楽しみましょう」 
天寿さんの益々のご発展と今日の会が楽しい一時になります様に祈念して乾杯しましょう、かんぱ~い。』 

*

Dscn0584 その後の懇親会では、無農薬栽培米を造る為に雑草駆除に大活躍したアイガモ君達が最後のご奉公である美味しいカモ鍋になっておりました。
その他、天寿の社員皆様の手作りの美味しいご馳走が沢山並んでいました。
天寿のキャッチコピーは、「この酒で百歳まで・美酒天寿」と言います。
その如く、その酒を造っていた蔵人・木村佐吉さんが満百歳のお祝いをしたと、6代目大井永吉会長が天寿 の「生きた看板」であり、「生き証人です」蔵元通信に書かれておりました。
Dscn0598Dscn0639*

*

*

*

来年も開催されればチケットは直ぐに売り切れるそうですので、皆様お早めに心の準備をして於いた方が宜しいかと思います。

Dscn0734 

|

« 第4回・由利本荘市身体障害者福祉大会が開催されました。 | トップページ | 秋田県スキー連盟創立80周年記念式典・祝賀会が開催されました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4回・由利本荘市身体障害者福祉大会が開催されました。 | トップページ | 秋田県スキー連盟創立80周年記念式典・祝賀会が開催されました。 »