« 県議会の21日目、各委員会が開かれました。 | トップページ | 秋田県立由利高等学校の竣工記念式典が挙行されました。 »

2008年10月 4日 (土)

県議会の最終日、本会議が開かれました。

午前9時から地元要望について県庁3課と面談。
午前10時30分、議会運営委員会が開催され、午後に開会される本会議の進行について最終確認が行われました。
*

予定通り午後1時から本会議が開かれて、今議会で審査された議案について、議会の最終意志決定が行われました。
Dsc_0019日程第1は秋田県教育委員会の委員の任命について
日程第2は秋田県公害審査会の委員の任命について、議会の同意を求めるものです。
起立採決によって賛成者全員及び多数で同意されました。
Dsc_0024以下、日程第3~第5まで委員長説明と採決。
続いて、日程第6から日程47まで一括して上程、各常任委員長から所掌するる議案の審査の経過と結果を報告。
その報告に対して採決。
*

昨日までのブログで紹介しました通り、委員会審査を終え、会派の意見を集約したものが議会運営委員会で確認されておりますので、採決方法は全員一致のものは簡易採決(議長が御異議ありませんか?と問い、議員が異議なしと答える採決)、圧倒的多数のものは起立採決(起立して賛否を確認します)そして記名投票(賛否が拮抗している場合に投票して確認)があります。
この採決方法について興味のある方は、丁度1年前の9月議会報告、このブログの9月22日に説明しておりますので、ご確認下さい。

記名投票について今議会で採用された追加の説明を致します。
これまで、賛否が拮抗した場合と紹介しておりましたが、それのみならず「重要議案に付き各議員の賛否を正確に記録する為」にも採用されます。
*

Dsc_0101今議会では現在、県内各地にある8振興局を3振興局に統合し設置するという「秋田県総合振興局設置条例案」という県民生活に関わりの深い重要議案があり、その賛否について議員の意思を記録する為に記名投票が行われました。

Dsc_0106_2結果は投票総数42票、青色票(反対)36票、 白色票(賛成票6票)という結果でした。前述致しました通り、圧倒的多数で否決される事は分かっていましたが、どの議員が賛成か反対か記録に残ります。
*

その後、請願の採決が行われ、採択されたものについては、その趣旨に準じた、意見書を作成し、秋田県議会の総意であるとして政府に対して提出されます。

*
政府に提出する意見書

・新たな過疎対策法の制定を求める意見書

・原油高から国民を守る緊急対策を求める意見書

・福祉人材確保及び福祉施設等の整備に関する意見書

・燃料・農業資材等の高騰に対する緊急対策を求める意見書
等、7件を提出する事が決まりました。
*

これらが秋田県議会の意志としてこれを土台にして私達は政府に対して働き掛け活動を継続する事になります。
その後、2件の日程が承認されて、合計59の日程が終了し、議長が閉会を宣言して9月定例県議会は終了しました。
時折紹介しております通り、本会議の内容は中継録画で全て公開されておりますので、興味のある方はご覧下さい。

|

« 県議会の21日目、各委員会が開かれました。 | トップページ | 秋田県立由利高等学校の竣工記念式典が挙行されました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会の21日目、各委員会が開かれました。 | トップページ | 秋田県立由利高等学校の竣工記念式典が挙行されました。 »