« 政府は高速料金の大幅引き下げ検討 | トップページ | 我が家の金木犀が良い香りを放っています。 »

2008年10月 8日 (水)

日本人3人が同時にノーベル物理学賞を受賞しました。

南部、小林、益川氏に物理学賞=素粒子理論で−ノーベル賞日本人6年ぶり
 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を南部陽一郎米シカゴ大名誉教授(87)=米国籍=、小林誠高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)と益川敏英京都産業大教授(68)の計3人に授与すると発表した。
日本人のノーベル賞は、02年に小柴昌俊東大名誉教授(82)が物理学賞、田中耕一島津製作所質量分析研究所長(49)が化学賞を受賞して以来6年ぶり。南部氏を含めれば計15人となった。複数の日本人の共同受賞は初めて。故湯川秀樹博士以来、物理学に強い伝統が示された。(時事ドットコム 2008/10/07-22:38)


研究は汗と不満と甘い夢 天才的な洞察力の南部陽一郎名誉教授
「物理学の醍醐味は、クロスワード・パズルのような謎解きの面白さ」。
米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎氏は昨年6月、日本に一時帰国した際に取材に応じ、物理学の醍醐味(だいごみ)をこう語った。
素粒子論の世界的権威。素粒子の標準理論の構築に大きく貢献した。
独創的な研究は、「10年先を知りたいなら、南部の論文を読め」と高く評された。
ノーベル賞についても、20年近く前から候補として名前が挙がり続けていた。
「研究は汗と不満と甘い夢でなり立っている」、自身はかつてこう話した。エジソンに憧れた科学少年の研究は、大きく結実した。
(産経新聞 10月7日21時24分配信 )


「受賞あるなら今年だと」=「理論屋」に笑顔も−益川教授
「(ノーベル賞は)科学とは関係ない。研究者仲間から『正解だったよ』と言ってもらうのがうれしい」−。益川敏英さん(68)は京都産業大で、「(受賞の)可能性があるとしたら今年だろうと思っていた」と話した。小難しい顔で会見に臨んだ「理論屋」からは、時折笑顔ものぞいた。
研究室で受賞決定を知らせる電話を受けたのは午後7時前。直後の会見では「南部先生が取っていただいたことが一番うれしい」と共同受賞者の南部陽一郎さん(87)の名を繰り返した。
論文発表から実に36年越しの吉報。「人ごと。何か益川という人がやったらしいぞと」と話し、クールな表情を崩さない。ただ、同じく共同受賞者の小林誠さん(64)と会見中に電話した時は笑みがこぼれた。「また会う機会があるだろうから、その時にじっくりお話ししましょう」など短く言葉を交わした。
益川さんは最近の学生について、「はちゃめちゃのエネルギーを感じない」。理由を問われ、受験戦争を挙げる。「科学にロマンを持つことが非常に重要。あこがれを持っていれば勉強しやすいが、受験勉強で弱くなっている」と憂慮する。
(時事ドットコム 2008/10/07-22:27)


「最高の賞」と照れ笑い=謙遜、奇妙な思いとも−首相から電話・小林さん
「研究者にとって最高の賞。自分がとは考えていなかった」。小林誠さん(64)は東京都千代田区の日本学術振興会で記者会見。持ち前の朴訥(ぼくとつ)とした口調で、照れ笑いを浮かべながら喜びを語った。
受賞決定の連絡は午後6時40分ごろ、ノーベル財団から携帯電話に入った。「ただびっくりした。大変なことになったなあと」。長年、ノーベル賞候補と言われ続けたが、「値するとは思っていなかった」と淡々と話す。
30年以上前の研究での受賞決定に「その後は特に何もしていない。多少奇妙な思い」と感想を語り、カメラの放列に囲まれ「戸惑っています」と苦笑。若者の理科離れに対し「プラスになればいいと思う」と控えめに言葉を選んだ。
会見の途中、麻生太郎首相から祝福の電話が。「最近明るいことが少ない中、明るいニュースでよかった」との言葉に「ありがとうございます」と何度もうなずいた。若い人へのメッセージを請われ「自分を信じて十分頑張ってほしい」と答えた。
(時事ドットコム 2008/10/07-23:12)


ノーベル賞はダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年に始まり、毎年行われる世界的な賞でである。
賞は、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞5部門からなり、それぞれ世界的な権威がある。
ノーベル賞はスウェーデンのストックホルムで選考と授賞式が行われるが、平和賞だけはノルウェー国会が選考してオスロの市庁舎で行われる。
経済学賞は1968年に設立され(1969年から授賞)、その原資はスウェーデン中央銀行の基金による。そのため、この賞は正式名称を「アルフレッド・ノーベルを記念した経済学におけるスウェーデン銀行賞」としており、厳密にはノーベル賞には含めない。
(電子百科事典 Wikipediaより)


テレビのインタビューで受賞者の先生方は口を揃えて「青少年に科学する心を養って貰いたいが、今日の社会環境から経済優先主義を憂慮している」と云うコメントが、心に残りました。

|

« 政府は高速料金の大幅引き下げ検討 | トップページ | 我が家の金木犀が良い香りを放っています。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政府は高速料金の大幅引き下げ検討 | トップページ | 我が家の金木犀が良い香りを放っています。 »