« 私の地元、法体の滝の紅葉を紹介します。 | トップページ | Googleのストリートビューが話題となっていました。 »

2008年10月29日 (水)

秋田空港と羽田空港のパソコン通信環境

先週18日から私用と公用とで24日まで出張しました。
その際見つけた両空港のパソコン通信環境をお伝え致します。
P1001089P1001090 

*

*

*

まず秋田空港の1階に無料で利用できるパソコンが設置されています。
設置されている場所はのコンビニと喫茶店の間の通路の奥にあります。

空いている時には出発時間までの間にメールチェックする際には便利です。
*

P1001092 羽田空港ではかつて公衆電話が10台も並んでいる場所が数カ所ありましたが現在はスペースも半減しており、更にそのまた半分はパソコンが設置されていました。

日本の人口は、1億2,766万人 それに対して携帯電話の利用台数は1億台を超えている現在、空港で欠航などが発生しても公衆電話の前に列が出来る様な光景はもうありません。
*

P1001093_2 徐々に公衆電話に取って代わっているのは有料パソコン@Station(アットステーション) です。
コインパソコンとも呼ばれており、100円で10分間インターネットが利用でき、まさに公衆電話の感覚です。

全国全ての都道府県に設置されており、主に空港、ホテル、病院、等に設置されている様です。
*

私も携帯パソコンを持っていない時代には見つけると良く使用しておりました。
P1001094_2 また、羽田空港の出発フロアーには、携帯パソコンを持っている人の為のパソコンデスクというスペースもありました。

*
P1001101 また、出発の搭乗待合室にはパソコン作業用のスペースも設けられておりました。
私は現在10.4インチの携帯パソコンFOMAカードを差し込んで、何時でも、何処でもメールの送受信は出来ますが、益々通信環境が整備されている事を嬉しく思っております。
*

欧米では10インチ以下のミニパソコンが50,000円程度からの低価格で販売されて爆発的に売れており、値崩れを起こしたくなくてこれまで発売していなかった国内メーカーもこの分野に参入せざるを得ない状況に追い込まれています。
トップバッターとして東芝が9月に発売しましたが価格は70,000円弱に設定されております。
他の国内メーカーも徐々に参入するとの事です、皆様にも大変お手頃価格になった携帯パソコンの利活用をお勧めします。       

|

« 私の地元、法体の滝の紅葉を紹介します。 | トップページ | Googleのストリートビューが話題となっていました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の地元、法体の滝の紅葉を紹介します。 | トップページ | Googleのストリートビューが話題となっていました。 »