« 北島康介選手がオリンピックで2連覇の金メダル。 | トップページ | 公立小中高校のパソコン配備状況 »

2008年8月13日 (水)

母の新盆です。

昨年8月22日に84歳で逝去した母の新盆です。
P1000860 母は他界する2週間前までは普通に日々を過ごしていたのでしたが、本人が「体調が悪い」と言って病院に行ったら「すぐに入院して下さい」との事で入院しました。
私達家族に担当医からは「余命2週間です」と告げられていましたが、本人は案外元気でお盆で帰省した孫達とも会って楽しげな会話もし、他界する3日前には3歳になったひ孫に「大きくなってね」と頭を撫でながら話していたのでした。

*

日本女性の平均寿命86歳には少し足りませんでしたが、家族に必要以上の心配を掛ける事もなく静かに他界しました。
葬儀の日々を慌ただしく過ごしておりましたが、母の逝去を知った母の友人から逝去を悼み心温まる手紙を何通も頂きました。
母の友人は皆様ご高齢の方々でしたが、便せんに何枚も何枚も母の逝去を悲しみ、悼む言葉が綴られていました。
中には涙で文字が滲んでいるものもありました。
私の友人からも母の逝去を悼む手紙が数通頂きました。
母は姉と私を生み育て、孫達の成長を見守り、更に昨年は3歳と0歳だった2人のひ孫もその腕に抱く事が出来ました。
命のリレーのバトンタッチが行われたのだなぁと思っています。

合掌。

|

« 北島康介選手がオリンピックで2連覇の金メダル。 | トップページ | 公立小中高校のパソコン配備状況 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北島康介選手がオリンピックで2連覇の金メダル。 | トップページ | 公立小中高校のパソコン配備状況 »