« 第4回 由利本荘市交通安全市民大会が開催されました。 | トップページ | 22万床存続に方針転換 療養病床削減で目標緩和 »

2008年8月 3日 (日)

NTTが次世代ネットワークシステムNGNを進めます。

6732012161386673 先日、県の情報企画課の方と面談の機会があり、その際に「NTTが次世代ネットワークNGNを秋田市由利本荘市へ提供します」と発表がありました、と聞きました。
早速、「NTT東日本 NGN」のキーワードで検索したら、NTT東日本から下記の様に広報されてありました。

”NTTグループが世界に先駆けて実現する次世代ネットワーク。それがNGNです。
当社は、次世代ネットワーク(NGN)を用いた多彩なブロードバンドサービスを、より多くのお客様に安心して便利にご利用頂けるよう、「オープン」と「コラボレーション」をキーワードに異業種・他業界の皆様との協業や通信事業者の方々のネットワークと相互接続する事で、新しいサービスや価値を創造していきたいと考えております。
こうした考えのもと、当社は、フィールドトライアルにおける情報のご提供に引き続き、NGNに関する様々な情報を積極的にご提供してまいります。
NGNの概念はこちらに記載されてあります。
NGNの解説はこちらにあります。”

13348312174555691 そして2008年7月22日発表のニュースとして
”平成20年度における「フレッツ光ネクスト」サービス提供地域拡大予定がありました。”
是非ご覧下さい。

この一覧表の下から2段目に、平成21年3月までのサービス予定地域として「由利本荘市」が掲載されておりました。
全国の都市でも決して多くない先進利用地域に我が由利本荘市が選択された事は喜ばしい事です。
私はNGNの説明を読んでも、技術的な事など全て理解できたわけではありませんが、ネット利用者が望んでいる「高速・大容量・高信頼性・低料金」を目指す次世代ネットワークだと理解しています。
9128212103303501 但し、当面はBフレッツ利用エリアからの提供となるようです。
つまり、光ファイバーが敷設されている地域、本荘市の中心部が前提でしょう。
しかし、由利本荘市でも私の住む矢島地区、旧矢島町・旧鳥海町・旧由利町にはYBネットとして光ファイバーが各世帯で活用できる環境は整っており、是非ともこれまで小さな町ながらも先駆的投資をして整備した光ファイバー網でも活用できる様にと願っていますし、関係機関に要請して参ります。

|

« 第4回 由利本荘市交通安全市民大会が開催されました。 | トップページ | 22万床存続に方針転換 療養病床削減で目標緩和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4回 由利本荘市交通安全市民大会が開催されました。 | トップページ | 22万床存続に方針転換 療養病床削減で目標緩和 »