« 4万円が Blu-ray 普及価格か?〜デジタル放送録画に関する調査 | トップページ | 人気漫画「釣りキチ三平」映画化 »

2008年7月12日 (土)

携帯電話業界に黒船来襲

5555012128575561 ソフトバンクモバイルが米アップルの第3世代携帯電話「iPhone 3G」の販売を開始した11日、取扱店はアイフォーン目当ての来店者で終日にぎわった。
一部の店では来店者が殺到、購入希望者数に比べて在庫数が少なく不満の声が上がっていた。ソフトバンクは「アップルからの入荷台数や販売店への出荷台数は今後の予定も含め公表できない。契約者数も当面は公表しない」としている上、店頭での予約は当面受け付けないため、品薄状況は当分続きそうだ。
「初日は在庫が瞬間蒸発する」と公言していたソフトバンクの孫正義社長の強気な予想が当たった形だ。
同日午前7時の発売をめがけて1500人以上が長い列をつくった東京都渋谷区の直営店「ソフトバンク表参道」では店頭の事務処理能力を考慮し、「今日の受け付けはここまで」と書いたプラカードを持った係員が列を途中で切った。
都内の有名量販店も途切れない来店客への対応に終日追われた。「在庫は残っているが、店頭の手続き作業が追いつかない」(ビックカメラ広報担当者)と、こちらもパンク状態だ。
(秋田さきがけ on The Web 2008/07/11 19:53 更新)
*
Eyes0998 連日、デジタル情報関係のニュースで恐縮ですが、これはビッグニュースです。
世界基準で人気の高い機種が世界21の国と地域で同時発売となりました。
特徴は操作が全てタッチパネルで行う事とインターネットと直接接続できる点です。
機器料金は23,040円と割安ですが、毎月の利用料金がやや高めであるとテレビで論評されていました。
日本の携帯電話は近年爆発的に普及し契約台数が1億台となっており、機能、大きさ、料金などで激しい競争が続いています。
携帯電話事業のガリバー企業、NTT DoCoMoも今年シェア50%を割り込みました。
私は平成2年(1990年)から携帯電話を使用しています。
携帯電話と言っても、今の形からは想像も出来ないでしょうが、大きさが縦長25cm×横幅15cm×厚さ4cm程度で、ずしりと重く丁度レンガを一個持ち運んでいるような代物でした。ご覧下さいこのTZ-803Bタイプです。
機器購入料金が150,000円、機器使用保証金200,000円、毎月利用基本料金20,000円、通話料金は東京に遠距離電話を掛けるよりもはるかに高い料金で、秋田市や本荘市など大きな市街部のみ通信可能で、国道7号線でさえ半分もカバーしていませんでした。
*
今私が使っている携帯電話は6月に発売された最新機種で、電話、メール、カメラ、テレビ、iモードニュースと、長女に設定して貰った電子マネーのIDとEdyとSuicaの便利さを驚きながら使っています。
コンビニ、スーパーでの支払いはもとより、東京に出張した際には電車、地下鉄などでわざわざ切符を購入しなくても携帯電話を自動改札機にピッとワンタッチで済みます。
皆さん、電子マネーは大変便利ですよ、設定される事をお勧めします。

|

« 4万円が Blu-ray 普及価格か?〜デジタル放送録画に関する調査 | トップページ | 人気漫画「釣りキチ三平」映画化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4万円が Blu-ray 普及価格か?〜デジタル放送録画に関する調査 | トップページ | 人気漫画「釣りキチ三平」映画化 »