« 県議会、建設交通委員会で要望活動。 | トップページ | 管内選出県議と由利地域振興局との行政懇談会 »

2008年7月18日 (金)

県選出の国会議員と国土交通省への要望活動。

昨日から県議会の建設交通委員会次年度事業と地震災害復旧対策の要望活動を行っております。昨日は仙台にある、東北地方整備局にでしたが、今日は、県選出国会議員と霞ヶ関にある国土交通省の本省を訪問して要望活動を続けました。

Image0026 私達の訪問の面会申し込み等は秋田県の東京事務所で手配してくれています。
面談頂きましたのは、国土交通省では実務部門の責任者である谷口博昭技監と面談できました。秋田県に於ける来年度の事業概略を説明をし、事業促進の要望を行いました。道路分野では昨年、日沿道の延伸供用が開始され、秋田県民は大いに喜んでいる事を伝えるとともに、更なる延伸事業の促進を強く要望しました。
最近、国土交通大臣が真に必要な道路の例示として「日沿道はまだ連結されていない」と発言されている事を歓迎します。
勿論、私の地元の最大の地域課題であります「鳥海ダム」について早期事業着工を要望しました。
Image0027 その後は金井道夫道路局長を訪問し、日沿道事業促進はもちろんの事、秋田県内の
国道の整備促進を要望しました。その後は道路局徳山日出男企画課長始め10名程の関係課長や課長補佐に事業カ所を具体的に記載した要望書を手渡して要望して参りました。
続けて、甲村謙友河川局長を訪問して要望活動を行いました。勿論、「鳥海ダム」の早期着工の要望は忘れませんでした。

Image0028 続けて亀江幸二砂防部長を訪問し、所管する事業の促進を要望しました。更に青山俊行治水課長、竹岡和之河川計画課長補佐始め10名程の皆様に「宜しくお願い致します」と声を掛けつつ要望書を渡し、お願いして来ました。
国土交通省では35人の職員の皆様に要望書を提出して参りました。
*

昼食は二田孝治衆議院議員と議員会館の地下食堂で合流して取りました。
Image0029 午後1時15分に、二田議員の同行を頂きながら谷垣禎一自民党政務調査会長を訪問して、地震災害復旧対策について「特段の支援をお願いしたい」旨を強く要望して参りました。
谷垣政務調査会長からは国土交通省には「現況を十分に調査の上に、手厚い支援策を講ずる様に要請します」との回答を頂きました。

*
この日、東京は朝のテレビの天気予報で「最高気温が34度まで気温が上がるでしょう」と放送されていました、その予報の通り暑い一日でした。毎年の事ながらこの時期の要望活動では汗をグッショリかき、上着まで汗がしみ通ります。
上記の要望活動を終えて、東京駅から秋田新幹線「こまち」で秋田に帰ってきました。

***************************

話は変わって、現在、東京駅の丸の内口駅舎が工事フェンスで、周囲全部が囲まれています。
東京駅、丸の内駅舎は、今から95年前の大正3年に近代化の象徴・赤レンガ駅舎が「東京停車場」として誕生しました。
関東大震災に耐え、戦災復興を経て日本の高度成長期を支えました。
説明するまでもなく、全国への新幹線の始発駅であり、JR鉄道の0起点がある駅です。この度の大改造ではレトロなレンガ作りの駅舎全体を持ち上げて、1階部分を作って乗せ上げる工事だそうです、すごい工事になりそうです。
東京駅の歴史についてはこちら「東京駅の歴史」でご覧頂けますし、東京駅全体の大改装に関する情報も多数記載されておりますので、時間がある時にご一読して見て下さい。

|

« 県議会、建設交通委員会で要望活動。 | トップページ | 管内選出県議と由利地域振興局との行政懇談会 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会、建設交通委員会で要望活動。 | トップページ | 管内選出県議と由利地域振興局との行政懇談会 »