« 第53回自由民主党秋田県支部連合会大会が開催されました。 | トップページ | 地域高規格道路『本荘・大曲道路』整備促進期成同盟会の総会。 »

2008年7月 8日 (火)

旧由利町の西滝沢小学校にお別れ。

私の普段の活動の際に必ず通る国道108号線の側にある、木造の西滝沢小学校が間もなく取り壊される事となり、地域の人々が感謝と別れを惜しんでのイベントが開かれた。
P1000729P1000731 *
*
*
*
*
*
*
地元新聞には下記の様に記載されておりました。
*
校舎にぞうきんがけでお別れ 由利本荘市・旧西滝沢小
幅広い年代が参加した旧西滝沢小の板張りの廊下を使ったぞうきんがけタイムレース
「さようなら西滝沢小学校 想(おも)い出をありがとう」と銘打った「西滝沢水辺プラザ夏まつり」が5、6の両日、由利本荘市由利地域の同プラザと旧西滝沢小校舎を会場に開かれた。
間もなく取り壊される旧校舎で、地域住民らがぞうきんがけタイムレースを楽しんだり、校舎の壁にメッセージを書き込んだりして、地域のシンボルだった旧校舎との別れを惜しんだ。
校舎最後の一般開放となる同まつりのイベントとして、住民組織「西滝沢子ども水辺協議会」(伊藤正弘会長)が企画した。
幅2・1メートルの板張りの廊下を使ったタイムレースには幼児から60代までの30人が参加。小学生以上が30メートル、就学前児童が17メートルのコースにチャレンジした。滑ったり足がもつれたりする光景も見られ、廊下沿いの教室に陣取った観客たちが盛んに声援を送った。
木造平屋建ての校舎は1952年(昭和27年)の建設。西滝沢中校舎を経て、66年(昭和41年)から西滝沢小校舎となった。2004年(平成16年)、旧由利町の3小学校統合で130年の歴史の幕を閉じた。市は、跡地に地域交流施設(仮称)の建設を決め、今月中にも旧校舎を取り壊す計画。
(秋田さきがけon The Web  2008/07/07 08:50 更新)
*
この西滝沢小学校は、黒い瓦屋根と黒く塗られた杉板張り外壁の木造平屋建ての建物で、長い間ここに在るのが当たり前の景色でした。
P1000733 グランドの周囲には樹齢百年を超えるサクラの木があり、道路沿いには春に絵の具を塗りつけた様な真っ黄色のレンギョウが道路沿いに咲き誇り、夏には国道の直ぐ側にあるプールで遊ぶ子供達の歓声が聞こえ、とても存在感のある一角でした。
取り壊しになるのは少し寂しい気持ちはありますが、跡地に地域交流施設が建設される予定ですので、地域の皆様に喜ばれる事でしょう。
P1000730

|

« 第53回自由民主党秋田県支部連合会大会が開催されました。 | トップページ | 地域高規格道路『本荘・大曲道路』整備促進期成同盟会の総会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第53回自由民主党秋田県支部連合会大会が開催されました。 | トップページ | 地域高規格道路『本荘・大曲道路』整備促進期成同盟会の総会。 »