« 県議会の13日目、予算特別委員会が開かれました。 | トップページ | 県議会の15日目、総括審査が行われました。 »

2008年7月 2日 (水)

アユ釣りが解禁になりました。

7月1日、毎年この日を持ち焦がれているアユ釣りファンは全国に多くおります。
私の町、矢島町 はブログの冒頭に掲示してあります鳥海山(標高2,236m) の広大な山ろく降り注ぐ雪や雨を集めて流れる一級河川の子吉川(こよしがわ)があります。国土交通省の「空から見た子吉川」はこちらでご覧頂けます。

子吉川の延長は63キロで矢島町は中流部に当たります。
P1000704 アユ釣りの穴場として、全国から釣りファンが来町しますし、近年特に来町者が増えていると聞きました。
解禁日、釣り場に行ってみたら、釣り愛好クラブのステッカーを貼った関東ナンバーの車が2台止まって釣りを楽しんでいました。
私の知人も居りましたので、「釣って見せて~」と声をかけたら「ちょっと待って~」と返事と同時に釣り上げて見せてくれました。

私が見ていたわずか10分程度の間に2匹釣っていました。
「解禁日だからまだ小さいな」と言いながら見せてくれました。
キラキラと魚体が光っていました。
アユ釣りはご存じの方が多いと思いますが「友釣り」という釣り方で楽しみます。

*
「友釣り」はアユの若魚が縄張りを作る5月下旬頃から、産卵直前に縄張りを解く11月頃までの期間で釣り上げることが可能ですが、一般に漁期は7~8月が最盛期です。
掛けバリ等の仕掛けで武装した囮(おとり)の「友鮎」を縄張りを持つ野鮎の縄張り内に進入させ、友鮎を攻撃してきた野鮎を掛けバリで引っかける。エサや疑似餌を使わないために(ただし、友釣り用のルアーは発売されている)、仕掛けや釣法は独特の進化を遂げ、友釣りの技術を競う友釣り大会も盛んでインストラクターやプロのトーナメンターもいる。(ウィキペディアより)

*
アユ釣りは稚魚放流などをしている漁業協同組合に漁業権があり、釣り客は入漁券を買って釣りをする事ができます。
矢島町ではアユ釣りのポイント2箇所に環境省の補助を受けて、親水スペースの小公園が整備されています。川に降りる階段と東屋と水洗トイレが設置されています。

P1000706P1000705 
*

*

*

また、子吉川を管理している県では、農業用水頭首口などの堰堤に魚道などを建設して、魚類の遡上を助けて自然環境の維持をしています。

P1000707 アユ釣りは矢島の夏の風物詩です。

|

« 県議会の13日目、予算特別委員会が開かれました。 | トップページ | 県議会の15日目、総括審査が行われました。 »

秋田の観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会の13日目、予算特別委員会が開かれました。 | トップページ | 県議会の15日目、総括審査が行われました。 »