« 私の母校、本荘高校が夏の甲子園出場決定しました。 | トップページ | 「鳥海山の会」のホームページが出来ました。 »

2008年7月23日 (水)

我が家の庭の夏模様

真夏の庭で彩りを見せてくれるのは「アジサイ」です。
我が家のアジサイは青色です。
P1000777
ネットで調べたら、Yahoo!きっず図鑑の「アジサイ」が見つかりました。

分類が、落葉低木 ユキノシタ科で原産国は日本だったのですね、初めて知りました。
説明で「花の色のちがいは、土壌の酸性度によることが知られているが、高い場合には青色が強く、逆の場合はピンクが強くなる。」と記載されてありましたので、我が家の庭の土壌は酸性度が高いのだなあと知りました。

P1000778_2 また、「梅雨時の、重く雲がたれこめた天気によく似合う花だ。反対に太陽がさんさんと降り注ぐ季節まで咲いていると、あわれな姿になる。」との説明を読んで、昨年は「雨に輝くアジサイ」を書いたなあ思い出して調べてみたら7月11日に記載しておりました。こちらではここ数日、快晴が続き、気温もグングン上がって雨が降っていませんので、小さな花びらは「あわれな姿」程ではありませんが、一雨欲しそうにしていました。 
P1000779 我が家の庭でこの時期に唯一、オレンジ色の花で彩りを放っているのは「ノウゼンカツラ」です。

ネットで調べたら、こちらに綺麗な写真がありました。
ノウゼンカズラ(凌霄花)

こちらでは色々な花の紹介やエッセーなどがありました。
夏の花・ノウゼンカツラ

またこんなやりとりも見つかりました。
問い:ノウゼンカツラの”ノウゼン”ってどういう意味ですか?
答え:ノウゼンカヅラは中国原産でノウゼンカヅラ科の植物ですが、ノウゼンは古語でノウショウが転じたものと広辞苑にあり、岩波の古語辞典では「なよなよした風情」とあります。
蔓性の草のように支えがないと様にならない木の姿なんですね。

*

この原稿を書きながら、ネット検索の便利さをつくづく感じています。
分厚い百科事典を開く事もなく、必要なキーワードで多くの情報が得られます、本当に便利な時代となりましたね。

|

« 私の母校、本荘高校が夏の甲子園出場決定しました。 | トップページ | 「鳥海山の会」のホームページが出来ました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の母校、本荘高校が夏の甲子園出場決定しました。 | トップページ | 「鳥海山の会」のホームページが出来ました。 »