« 県議会・建設交通委員会の県内調査の1日目 | トップページ | 建設交通委員会の県内調査の3日目と本荘高校同窓会秋田支部総会 »

2008年6月 6日 (金)

建設交通委員会の県内調査2日目

Nec_0587_2 朝一番に訪問調査したのは北部流域下水道事務所でした。

この事務所では、米代川流域の大館処理区及び鹿角処理区の事業を実施しています。両地域は県内でも普及率と接続率共に低い地域ですので、今後は今まで以上の取り組みの促進を期待します。

Nec_0591  次に調査したのは、砂子沢ダムの現場でした。

このダムは昭和54年度に予備調査、昭和60年度より実施計画調査に入り、平成4年度に建設採択され、平成22年度の完成を目指しています。

Nec_0592現況は重力式コンクリートダムの本体はほぼ完成しており、仕上げの工事中でした。洪水被害を防ぎ、潅漑と水道用水の確保を目的とする、多目的ダムです。総事業費は215億円です。

Nec_0595 続いては、鹿角市の急傾斜地崩壊対策事業通常砂防事業を調査しました。それぞれ地域住民の安全を確保する事業が進められていました。

*

Nec_0596 次には昨年9月の豪雨被害の鹿角市花輪地内の米代川の河川災害応急本工事の現場を見ました。被災直後の写真を見ましたが、堤防がえぐられて、まさに危機一髪の状況でした。記録的な豪雨だった事を再確認しました。

その後、鹿角地域振興局で管内の概況説明を聞いて意見交換をしました。

Nec_0601Nec_0598 

|

« 県議会・建設交通委員会の県内調査の1日目 | トップページ | 建設交通委員会の県内調査の3日目と本荘高校同窓会秋田支部総会 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会・建設交通委員会の県内調査の1日目 | トップページ | 建設交通委員会の県内調査の3日目と本荘高校同窓会秋田支部総会 »