« 山手線に「夏の東北トレイン」 | トップページ | 各種の会議が開かれました。 »

2008年6月11日 (水)

高さ世界一・新東京タワーの名称は「スカイツリー」に決定。

東京都墨田区で平成24年春に開業し、関東一円に地上デジタル放送の電波を送り出す新タワーの名称が、全国投票の結果、最多得票の「東京スカイツリー」に正式に決まった。新タワーや周辺の事業主体である東武鉄道などが10日、都内で発表した。
Kis0100009_s応募総数は11万419票。「東京スカイツリー」は大空に向かって伸びる大木のようなタワーのもとに集い、皆で心を寄せ合う様子をイメージしている。
新タワーの名称は、まず昨年10月から1カ月間に全国から公募。集まった1万8606件の中から今年3月、有識者ら10人による名称検討委員会が(1)東京EDOタワー(2)東京スカイツリー(3)みらいタワー(4)ゆめみやぐら(5)ライジングイーストタワー(6)ライジングタワー-に絞り込み、4月から2カ月間、全国投票にかけていた。
新タワーは7月に着工され、高さは610メートル。総事業費は600億円。
(産経新聞 6月10日14時23分配信)

*

東京都墨田区に建設予定の「新東京タワー」の名称が「東京スカイツリー」に決まった。10日、都内のホテルでタワー事業を進める東武鉄道と新東京タワー社が発表した。 
名称決定には6案を対象に、4月から2カ月かけて全国投票を実施。総投票数11万419のうち、「東京スカイツリー」が最も多い3万2699票を獲得した。空に向かって伸びる大きな木のようなタワーのもとに環境に優しい街が生まれ、世界の人々が集って新しい文化が創造されていく、というイメージを込めた名前という。次点は「東京EDOタワー」だった。
「東京スカイツリー」は世界一を誇る高さ610メートルで、08年中に着工し、11年度に完成の予定。総事業費は約500億円。2011年のテレビ放送デジタル化に向けた放送施設として利用されるほか、レストランや店舗なども備えた多機能複合型タワーとなる。 タワーの新名称発表に伴い、新東京タワー社も東武タワースカイツリー社と名前を変える。【江刺弘子】(毎日新聞 6月10日14時40分配信)

*

完成のイメージ写真は、こちらで見る事が出来ました。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/151957/slideshow/87715/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/151957/slideshow/87717/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/151957/slideshow/87716/

*

同じ記事を重複して記載した理由は、総事業費を産経新聞では、600億円と記載されており、毎日新聞では500億円と記載されてる事を確認して下さい。
開発会社の正式な資料による発表ではなかったのでしょうか?
新聞記事の内容にはこの様な違いが多々あると云う事を私達は覚えておいた方が良いと思います。
それと年号の表記を産経新聞では日本元号の平成と記載しておりますが、毎日新聞は西暦で記載されてあります。ちなみに2大新聞の朝日新聞と読売新聞は西暦を使用しています。
私は過去の行事を西暦で言われるとピンと来ません、反対に昭和○○年とか平成○○年と言われると、自分が何をしていた年だったか直ぐ分かりますので、私は日本の伝統文化に則った元号の表記が好きです。

|

« 山手線に「夏の東北トレイン」 | トップページ | 各種の会議が開かれました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山手線に「夏の東北トレイン」 | トップページ | 各種の会議が開かれました。 »