« 由利橋の架け替え事業が進んでいます。 | トップページ | 6月定例県議会が開会しました。 »

2008年6月18日 (水)

県都・秋田市の駅東地区を展望しました。

いつもは車で通りすぎているJR秋田駅に所用があって行ったら、目の前に高いビルがあるので登ってみようと思いました。
そのビルは秋田市の公共スペースや映画館やレストランなどの商業スペースと民間ホテルも入居している14階建ての共用ビルで秋田拠点センター愛称アルヴェと言います。
私は役職柄いつも秋田県の単位でものを見ていますが、県庁所在地の秋田市も我が県の誇るべき県都です。
現在の秋田県の人口は、113万4,000人ですが、秋田市はその内の約3分1に近い33万人が住んでいます。合併して第2都市となった横手市が人口10万2,000人ですから秋田県も地方に於ける一極集中型の県の様相です。
JR秋田駅は、西口方面に城跡である千秋公園があり、デパートもスーパーもホテルも商店街もあり、以前より開けて、賑わっていました。

*
P1000623 もう一方の駅東口側は、20年程前までは駅裏と呼ばれて駅の直ぐ側まで、田畑や原野が広がっていましたが、徐々に開発が進み今では住宅で埋め尽くされ、駅周辺は秋田市とJR等が共同で開発し、とても綺麗な玄関口となっています。
*

*

P1000621 「アルヴェ」の最上階に展望スペースがありましたが眼前に広がる景色は見渡す限り住宅でした。

当然人口も増え通勤車両のラッシュも拡大して、それに対応して駅の東西を地下で結ぶ「秋田中央道路」が作られました。開通の様子はこのブログの9月16日に記載しておりますし、開通後の効果については10月20日に記載しておりますのでご参照下さい。

*

P1000622 更に今年の4月にはNHK秋田放送局がこの建物「アルヴェ」に隣接した位置に新築竣工して、市民広場からNHK秋田放送局の入り口が直結し、情報発信拠点である放送局が非常に身近になりました。

今度は時間を見つけて、NHK秋田放送局を訪問してみたいと思いました。

|

« 由利橋の架け替え事業が進んでいます。 | トップページ | 6月定例県議会が開会しました。 »

秋田の観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由利橋の架け替え事業が進んでいます。 | トップページ | 6月定例県議会が開会しました。 »