« 自民党鳥海町支部大会が開催されました。 | トップページ | 県議会の13日目、予算特別委員会が開かれました。 »

2008年6月30日 (月)

鳥海山ろく線利用促進リレーシンポジウムが開催されます。

由利高原鉄道再生支援協議会、会長である柳田弘由利本荘市長から、上記のシンポジウム開催の通知を頂きました。

Dscn6237鳥海山麓線、JR羽後本荘駅(秋田県本荘市)から矢島駅(秋田県矢島町)までの全長23.0kmの第三セクターによるローカル線です。秋田県と山形県の県境にある東北第2の霊峰鳥海山(2,236m)にむかって1市2町の田園の中を走っています。
観光と地域の足としてスタートしましたが、輸送人員が減少し苦戦しています。しかし通学生の足であり、沿線観光への重要なアクセスとして大切な交通手段と位置付け、奮闘しています。(会社のHPより引用)

*
開業してから23年、その前身である国鉄・矢島線時代から数えると丁度70年になる歴史のある鉄道です。
延長23キロと比較的短い鉄道ですが、地域住民にとっては無くてはならない重要な公共交通機関です。
私も高校時代は3年間この矢島線で23キロ、40分の通学をしていました。
今から40年程前は朝の通勤・通学時間の列車は5両編成で通路一杯に利用者が溢れていました。
しかし、それから時が流れ、沿線住民の減少と社会が徐々に豊かになりマイ-カー通勤への転換などが主な要因として、利用者が減少しています。
さらに国鉄の民営化、不採算路線の廃止対象路線となり、第3セクターで経営して運行を続けていますが、経営は苦戦しています。
表題のシンポジウムはこの鉄道を支援する目的で開催されます。
このシンポジウムの内容は私の同級生が理事長として運営し、私が副理事長を務めております、NPO法人矢島フォーラムの 6月16日に内容のポスターが掲示されておりますのでご覧下さい。
ご都合が付けられる皆様は、是非お近くの会場にお運び頂き参加して頂ければ幸いです。

***************************
Dscn6128 その鳥海山麓線沿線の由利町蟹沢にリリーワールドがあります。
私が昨年ブログを書き始めて間もなくの7月9日に記事を記載しておりますが、今年もこのユリ園のご主人から「綺麗に咲いて今が見頃だから是非どうぞ」とわざわざ電話でお誘いを頂きましたので訪問して鑑賞しました。
「観光ユリ園 リリーワールド」はユリの花 150種 50万本のユリの花が今満開です。
赤や黄色や白など色とりどりに見渡す限り一面のユリのお花畑はとても綺麗で見応えがあり、県内外からの観光客を楽しませてくれています。

P1000696P1000695 
*

*

*

私が訪問した際にこの観光ユリ園の代表者の佐藤忠三さんがおり、「より多く県内外の人々に紹介して、来場して貰いたいものだ」と話されておりました。
畑から掘った球根付きでも、切り花でも、一本500円均一です。
お問い合わせは、
 〒015-0321
  秋田県由利本荘市蟹沢字釜ヶ渕 6
  「観光ユリ園 リリーワールド 代表 佐藤忠三」さん
    電話・ファクス  0184-53-2823

*
とても綺麗な満開のユリが見られますので是非お出かけになって観賞される事をお勧めします。

|

« 自民党鳥海町支部大会が開催されました。 | トップページ | 県議会の13日目、予算特別委員会が開かれました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党鳥海町支部大会が開催されました。 | トップページ | 県議会の13日目、予算特別委員会が開かれました。 »