« 医師不足の現況調査 3 | トップページ | 山手線に「夏の東北トレイン」 »

2008年6月 9日 (月)

鳥海山の会について

このブログの4月26日に鳥海山山開きの紹介記事の中に
『今年の3月に鳥海山麓に当たる由利本荘市とにかほ市の市民で

「鳥海山の会」という組織が出来ました。入会条件はただ「鳥海山が好きだ」と言う事だけです。』と記載しましたが正確を期す為に一部訂正させて頂きます。
まず、会の設立総会は3月ではなく1月17日でした。
Dscn4549

*

*

*

*

*

**

私が書いた「入会条件はただ鳥海山が好きだ」とは規約にはありません。
正確な「鳥海山の会」の規約の中で私が特に共感する部分を抜粋して紹介します。
(趣 旨)
第1条 日々眺望し、登山や観察・研究されてきた秀麗鳥海山を様々な角度から語らい、その魅力と魔力を鮮やかに描き出して鳥海山の全容に迫り、自然の生態系と文化遺産を理解しながら鳥海山の素晴らしさを発信(PR)するとともに、時代に引き継ぐ活動を目的に会を発足するものです。
(事業等)
第2条
(2)行動目標
会員は次の事を目標にし、五官を通して五感を磨きながら日々努めよう。
イ、鳥海山に抱かれながら自然の偉大さと驚異を感じ、自然への敬虔さと畏敬の心を持ちながら修験や山岳信仰などの文化を学ぼう。
ホ、鳥海山を仰ぎながら志を立て、勇気を持とう。
ト、次世代の子供たちに引き継ぐため、団体の育成や交流を促進し、子供たちに鳥海山を学ぶ機会を積極的に設けよう。

*
ちなみに会費は、年額2,000円です。
2月29日には会報第1号が発行されて会員には送付されてきましたし、会報の最後には「今後会報の記事はインターネットでも読める様にします」と書かれてありましたが、4月25日発行の会報第2号には「会報のインターネット閲覧については現在悪戦苦闘中です」と書かれてありました。間もなく皆様もネットで読める様になると思いますのでご期待下さい。
会報第2号発行時点では会員は87名に拡大されていましたし、まだ新加入の申し込みが続いているそうです。
Dscn7652 *

*

*

*

*

*

**

会報第1号に、NHK秋田放送局長の前田成志様から素敵な祝電が掲載されていましたので紹介します。
[鳥海山の会の創立総会が盛大に開催されますことを、心よりお慶び申し上げます。私事で恐縮ですが、4年間静岡に暮らしていましたが、富士山よりも鳥海山が断然大好きです。鳥海山をこよなく愛するみなさん、期待しています。素晴らしいふるさとの良さ、鳥海山の魅力を全世界に発信していってください。貴会のご発展、ご活躍祈念、応援申し上げています。]
毎日、鳥海山を仰ぎ見ている地元の私達にとってはとても嬉しい内容のメッセージですね。

*

「鳥海山の会」お問い合わせや入会申し込みは下記までお願いします。
事務局
〒015-0332
由利本荘市森子字八乙女下123 多田 厚 さん
0184-53-3453  
mtc.ayu@gmail.com

Dscn0003 *

*

*

*

*

*

|

« 医師不足の現況調査 3 | トップページ | 山手線に「夏の東北トレイン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医師不足の現況調査 3 | トップページ | 山手線に「夏の東北トレイン」 »