« 鳥海高原花立牧場公園 | トップページ | 故 佐々木喜久治前知事のご逝去を悼みます。 »

2008年5月 8日 (木)

スギッチデザイン、30種類追加へ

昨年の「秋田わか杉国体」で大人気だった「スギッチ」

テレビ東京系列の大人気番組「TVチャンピオン」の「ゆるキャラ選手権」でチャンピオンに輝くなど、全国的に人気のあるキャラクターでした。

Sugitti

スギッチデザイン、30種類追加へ 6月に第1弾
 県は本年度、マスコットのスギッチを活用したデザインの数を増やす。約30種類を追加する予定で、6月にはその第1弾となる新バージョンが登場する。「秋田の顔」スギッチの活躍の場がさらに広がりそうだ。

 スギッチが登場するデザインは現在108種類ある。しかし、スポーツの祭典のマスコットだったため、競技を題材にしたデザインが多く、スポーツ以外は31種類にすぎない。

 そこで、スギッチを管理する県情報公開センターは、デザインの数を増やし、より多くの場面で活用してもらえるようにすることにした。教育庁や各地域振興局を含む県の全部局を対象に先月、新しいデザインを募集したところ、8種類の提案があった。

 このうち建設交通部は、乗用車に乗るスギッチと、県のマークが入ったヘルメットをかぶって深々とおじぎをするスギッチのデザインを提案した。スギッチは頭が大きいため、乗用車はオープンカーにするという凝りよう。同部では「県の顔として道路情報を知らせるパンフレットなどに登場してもらいたい」と期待している。
                           (さきがけonWeb 2008/05/05 11:34 更新)
せっかく大人気になったキャラクターです。
みんなで親しみを持って大切に育てていきたいですね。

|

« 鳥海高原花立牧場公園 | トップページ | 故 佐々木喜久治前知事のご逝去を悼みます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海高原花立牧場公園 | トップページ | 故 佐々木喜久治前知事のご逝去を悼みます。 »