« キャッチコピーは「秋田に学べ。」 大手学習塾が首都圏で広告 | トップページ | 東京にある全国アンテナショップ、15県を訪問し、調査をして来ました。 »

2008年4月13日 (日)

豪雨災害復旧工事が進んでいます。

私の町、矢島町では昨年の8月22日に豪雨による災害が多数発生しました。
道路の決壊や堤防の決壊が多くの場所で起こりました。
矢島町は今年の3月に、国から局部激甚災害指定地区にされた由利本荘市内で最も被害が大きかった町です。
8月22日の豪雨災害に付きましては、私のブログの8月22日27日28日31日をご覧下さい。
局部激甚災害に付きましては、3月22日に記載しておりますのでご参照下さい。
しかし、災害復旧工事があちらこちらで進められています。Nec_0367_2

写真で紹介しますのは、典型的な道路災害の復旧工事完成の写真です。
道路の片側が川に面しており、豪雨の際に崩れ落ちて片側1車線通行に規制されておりました。
復旧工事の内容を説明しますと、法面(のりめん)の底辺に当たり、川の堤防にもなる部分は「ふとん籠」と呼ばれるもので、針金でダイヤの形に編み組まれており、中に石を積めて完成します。
1枚が横幅4m程度、縦幅が1.5m程度、高さ40cm程度の布団(マットレス)型になります。(
数値は正確ではあ
りません、私の感覚です)
これは河川の堤防にもなり、道路の路肩の底固め基礎にもなります。
その上は、一定の斜面を土で付き固めて、わらしば(草の種を吹き付けたムシロ)を貼り付けて完成です。
時間が経つと青々とした芝が生えてきます。

私はこの様な作業を請け負う建設業で生まれ育ちましたので、この様な景色を見るとつい立ち止まって、見回して仕上がり具合などを点検してしまいます。
体に染みついた癖なのでしょうね。

|

« キャッチコピーは「秋田に学べ。」 大手学習塾が首都圏で広告 | トップページ | 東京にある全国アンテナショップ、15県を訪問し、調査をして来ました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャッチコピーは「秋田に学べ。」 大手学習塾が首都圏で広告 | トップページ | 東京にある全国アンテナショップ、15県を訪問し、調査をして来ました。 »