« 東京でアンテナショップ訪問調査 秋田県・全国商工会・北海道 | トップページ | 秋田県由利地域振興局への訪問と本荘さくらまつり。 »

2008年4月16日 (水)

東京でアンテナショップ訪問調査 和歌山県と富山県

 

有楽町東京交通会館の地下1階には和歌山県と富山県の物産販売店がありました。
和歌山県のアンテナショップは、「わかやま喜集館」と名付けられて、やはり和歌山を代表する特産品の「梅干」が多くの場所に陳列されていました。

Nec_0338_2  人気の売れ筋商品ベスト5は
① 梅干
② じゃばら100%果汁
③ 太陽いただき(果物ジュース)
④ さんまの丸干し
⑤かんきつ類(紅八朔・デコポン) でした。

オススメ商品は、☆釜あげしらす (湯浅町・和歌山市)
一年で一番おいしいシラスの時期になりました。獲れた時にのみ入荷の限定品です。
☆桜羊羹 ¥980 紅葉屋総本舗(串本町)
創業100年。1本1本昔ながらの職人の技で作った、完全手作り羊羹です。表面はパリッと中はしっとり独特の食感・春の時期限定の桜羊羹。

通路を挟んで真向かいには富山県アンテナショップ「いきいき富山館」がありました。
グルリと見渡せば、海産物が多く陳列されているなあ、と感じられました。

Nec_0339  人気の売れ筋商品は、
①ほたるいかの沖漬け
富山湾の春の訪れを告げるほたるいか。富山といえば「ほたるいかの沖漬け」と言われるほどの定番商品。ライターであぶると旨みがます「ほたるいかの素干し」も、人気急上昇中! 沖漬け 180g 1,050円  素干し 20尾 525円
②しろえびの刺身
富山湾の宝石と呼ばれる「しろえび」。刺身は口の中でとろけてしまう。料理にも使える「かまあげ」も人気です。
刺身(冷凍) 80g  1,470円
かまあげ(冷凍) 120g 578円
③かまぼこ屋さんのホクホクおでん
蒲鉾屋が作った、ひと味違うおでん種。新鮮な魚介を贅沢に錬り込みました。(おでんつゆは別売り) 1セット 600円
④氷見の頑固親父のかぶす汁
かぶす汁とは、氷見の漁師の豪快なみそ汁のこと。富山湾のキトキトの魚(かます、フグ、かわはぎ、甘海老等)と自家製の味噌が入り、ご自宅で簡単に召し上がれます。(4人前) 1,000円
⑤昆布〆刺身
旬の魚介を昆布で熟成させた郷土料理。黒カジキ、車鯛、白海老、あおりいか等がおすすめ。 588円~

「いきいき富山館」は交通会館の地下1階にありますが、有楽町駅から交通会館へ向かった真っ正面の柱には大きな富山館のポスターを貼り付けて、地下へと誘導していました。

Nec_0347
「いきいき富山館」の特色としては、毎月、お刺身デーには、富山湾・氷見漁港直送からキトキトの魚を直送し、その場で刺身にして販売!寒ブリ、ふくらぎ、あおり烏賊、甘海老、鯛、ひらめ等、旬のお魚が登場。やっぱり富山の魚は違う!と大好評です。
それぞれの県が東京という大消費地に郷土の物産を拡販しようと皆懸命に努力している事が感じられました。

|

« 東京でアンテナショップ訪問調査 秋田県・全国商工会・北海道 | トップページ | 秋田県由利地域振興局への訪問と本荘さくらまつり。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京でアンテナショップ訪問調査 秋田県・全国商工会・北海道 | トップページ | 秋田県由利地域振興局への訪問と本荘さくらまつり。 »