« 由利本荘市のケーブルテレビ網を利用してTBSの視聴は可能か? | トップページ | 豪雨災害復旧工事が進んでいます。 »

2008年4月12日 (土)

キャッチコピーは「秋田に学べ。」 大手学習塾が首都圏で広告

私のブログ2月17日の記事にもありますが、文部科学省の全国学力調査秋田県は全国1位となりました。
その結果を受けて、大手学習塾が首都圏で「秋田に学べ。」のキャッチコピーで宣伝をしているそうです。Photo

全国学力テストは昨年4月、43年ぶりに行われた。小学6年生と中学3年生を対象に、国語、算数(数学)の各科目で、基礎知識を問うA問題、応用力をみるB問題を実施。公立校の都道府県別平均正答率で、本県の小学校6年生が全4種類の問題でトップを占め、中学校3年生も国語Bの1位をはじめ、全問題が3位以内という好成績を収めた。
「秋田に学べ。」—こんなキャッチコピーの広告が、首都圏のJRの電車内で乗客の目を引いている。小中学生を対象にした大手学習塾「栄光ゼミナール」(本部・東京)の広告で、昨年の全国学力テストで小学6年生がトップの成績を収めた本県にあやかろうと、今月から車両ドアの上に掲示した。
県教育庁義務教育課は「秋田の子どもたちの頑張りをどうにかして発信したいと思っていた。明るい話題だ」と喜んでいる。
広告は縦14センチ、横102センチの横長で、赤地に白抜きの文字が目立つデザイン。大きな文字のキャッチコピーの脇には、小さな字で「全国学力テストで第1位(小6)の秋田県。少人数制の授業、早寝早起き、予習復習は自宅でしっかり。好成績を生んだ秋田の子どもたちの生活習慣に学びたいものです」という説明が添えられている。広告は7000枚制作され、今月末まで掲示される予定。
  (2008/04/10 秋田さきがけonWeb)


各種全国ランキングで、なかなか明るい結果を見ることが少ない我が秋田県において、学力調査で1位になったことは県民にとって本当に明るく、胸を張れる話題でした。
首都圏で多くの人の目に触れる車両広告で宣伝してもらえることは、県民としてとても誇らしく思えるお話です。

この内容は、私の友人の村岡敏英さんのブログの4/4の記事でも触れられています。

|

« 由利本荘市のケーブルテレビ網を利用してTBSの視聴は可能か? | トップページ | 豪雨災害復旧工事が進んでいます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由利本荘市のケーブルテレビ網を利用してTBSの視聴は可能か? | トップページ | 豪雨災害復旧工事が進んでいます。 »