« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

我が家の八重桜が満開です。

今年は北国の我が秋田でも気温が高くて、我が家の一重さくらのソメイヨシノも10日程前に開花し、一週間程咲き誇り、あッと言う間に散ってしまいましたが、今度は八重さくらが綺麗に咲いてくれています。

Nec_0437 この八重さくらは、私達夫婦にとっては初めての子供である長女が誕生した時に記念として植樹したものです。


長女が誕生したのは昭和52年4月23日、午後6時半頃でした。
今年で31歳になりましたので、このさくらの木は確か2~3年苗木だったと思いますので、樹齢は33~4年であろうと思います。
10本植えたのですが、矢島の厳しい風雪に耐えかねて、今は立派な3本と、ちょっと伸び悩んでいる1本があります。
1本はピンク色が濃く、他の3本は薄いピンク色をしていますが、どちらも大変綺麗です。

日本人が最も好きな花と言われている「さくら」ですが、一重も八重もそれぞれの魅力がありますね。

Nec_0441 長女が生まれた日、仕事を終えてから会社の社員と満開のさくらを見ながらお花見をしていました。
会社の車庫にブルーシートを敷いて25人程の社員が車座になって、矢島の銘酒を酌み交わし、歓談しておりました。
私はその日は「今日、子供が生まれそうなのでその時の為にお酒は飲みません」と話して社員と共に楽しい宴に参加しておりました。
宴もたけなわの午後6時30分頃に家内に付き添ってくれていた実家の母から電話が入り「生まれましたよ、元気な女の子です。」との報告を受けました。
社員にもその事を告げると「おー、おめでとう」と大きな拍手を受けました。
社員の誰かが「社長、花見の日に生まれた女の子だから、寅さんの妹みたいに『さくら』と名付けたら良いんじゃない」等との声も上がり大爆笑が起きました。
私は「生まれた子供を見に行くから中座するけど、これから皆は『お花見』から『誕生祝い』に切り替えてゆっくり飲っで行って」と言い残して病院に駆けつけました。
名前は社員から提案された『さくら』の期待には添えずに『美濃里』と名付けました。

Nec_0438
その名前の由来は、長女が誕生する2ヶ月前の2月に53歳の若さで病気の為に急逝した私の父、豊(みのる)の生まれ変わりだな、と思って『美濃里』にしました。
その長女は東京に嫁ぎ、まもなく4歳になる息子のおしりを追いかけ回しながら子育ての最中です。
さくらについてとても詳しく解説されているHPを見つけ、4月24日のブログでも紹介しましたが、皆様に再度紹介致します。是非ご覧下さい。こちらです。
その解説の八重桜については
「パッと咲いてパッと散る一重の桜と違い、八重桜は開花時期が長く、また、色鮮やかな大きな花びらがこぼれ落ちる様に垂れ下がる様は、八重桜ならではの風情でしょう。」と書かれてありました。

我が家の庭では「さくらの次は私の出番だ」と言わんばかりに「霧島ツツジ」が芽を吹いていました。Nec_0436

このツツジも満開になりましたら、このブログで皆様にご紹介致します。

| | コメント (1)

2008年4月29日 (火)

4月臨時県議会が開会されました。

副知事の選任を求める議案を最大の目的として、臨時議会が開会されました。Photo_4
開会に合わせて、2月定例県議会以降必要なと認めて執行した平成19年度一般会計補正予算の専決処分報告と県税条例の一部を改正する条例の専決処分報告もも議題となりました。
午前10時に本会議が開会され、上程議案を知事から説明がありました。
それを受けて、予算特別委員会の開会、各常任委員会に分かれて予算特別委員会の分科会が開催されて上程議案に対する説明と質疑が行われました。
Photo_5 午後1時から議員全員による予算特別委員会が開かれて午前に行われた分科会の経過報告がありました。
その報告を受けて会派議員総会が開会されて、会派の意見が話し合われました。
自民党では、副知事案は同意する事とし、専決予算報告は承認する事が決まりました。
午後3時30分から本会議が開会されて上程された議案の採決が取られました。
副知事の選任については、最大会派の自民党初め多数を持って同意されました。
共産党1名と国民新党1名の2名だけは反対の意思を表明しました。Photo_6
この度選任された副知事・佐藤文一(ふみかず)氏の略歴は下記の様になっております。
昭和37年10月、長崎県生まれ 45歳。
昭和63年 3月 東京大学大学院理学系研究科修了
  〃   4月 通商産業省大臣官房情報管理課勤務
平成 元年 7月 通商産業省基礎産業局製鉄課技術班技術・施設係長
  〃 3年 4月 経済企画庁総合計画局計画官付
 〃 5年 4月 通商産業省生活産業局住宅産業課技術班長
 〃 7年 6月 通商産業省大臣官房秘書課付(海外長期研修(フランス共和国))
 〃 9年 5月 通商産業省機械情報産業局電子機器課長補佐
 〃11年 6月 外務省1等書記官(欧州連合日本政府代表部)
 〃14年 6月 経済産業省大臣官房情報システム厚生課長補佐
 〃16年 6月 秋田県産業経済労働部次長
 〃17年 5月 秋田県産業経済労働部長
 〃20年 4月 秋田県理事
上記の経験を生かして秋田県の産業振興の為に、秋田県のリーダーとして活動される事となります。
国から県に出向された職員が4年間も在職されるのは長い期間といえます。
その分、秋田県の現状と課題も理解して頂けましたでしょうし、これまで培ってこられた知識と経験を生かして秋田県発展の為に活躍してくれる事でしょう。

私は期待しております。

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

東京のアンテナショップを訪問し調査 香川県と愛媛県

新橋駅銀座口の目の前のビルに香川県と愛媛県の全国で初めての2県合同アンテナショップ「せとうち旬彩館」があります。Nec_0358

1階が物産販売で2階はレストランと観光交流センターがありました。
1階の物産販売店で目にとまったのは「楽天市場お取り寄せランキング1位のとうふ」というポスターであった。楽天市場とはインターネットを使って通信販売をする国内(最?)大手会社で全国の多くの人たちが利用しているサイトで、そこでの「ランキング1位」とはすごい事です。丁度私が訪問した日には期間限定イベントとしてその豆腐屋さんが「実演製造」していました。
このお店は愛媛県松山市の「豆風本店」というお店で、物産売り場の一角にとうふ製造機械を設置して実演していました。職人さんは30代の若い方で「楽天市場でお取り寄せランキング1位とはすごいですね~」と声をかけたらニッコリ笑って喜んで「私達も驚いています」と話し、同時に「商品には自信があります」との答えがありました。
ここでは1日に3回の製造を実演しているそうです。
2階はせとうち料理の「かおりひめ」がありました。
香川県の「香り」と愛媛県の「媛」を組み合わせた名前でしょうが、かわいらしい名前が組み合わさったものだと感心しました。
階段を上がった正面に香川名物「さぬきうどん」の手打ち実演コーナーがありました。
若い職人さんが「いらっしゃいませ~」と愛想良く迎えてくれた。
直径3センチ程の丸い棒にうどんの生地を巻き付けて盛んにまな板にドンドンドンと叩き付けていました。
「写真を撮らせて下さいね」と言ったら若い彼は両手でVサインを出して、片目をつぶってポーズを作ってくれましたが、「それは困るよ、作業を続けて」と言ってパチリと写しました。Nec_0359

丁度、お昼になったので昼食はこの店で頂く事にしました。
瀬戸内海の味として愛媛県の鯛めしや岬あじ・岬さばの刺身定食もありましたが、私は私のふるさと矢島町とご縁のある丸亀定食を頼みました。焼き魚とご飯とさぬきうどんと組み合わせの定食でした。
私のブログには時々今から380年前に矢島町に転封になった生駒公の事を記載していますが、矢島町と丸亀市とは生駒公のご縁で交流都市としてお付き合いをしております。丸亀市役所のホームページにも交流都市の1つとして紹介されています。
今でも毎年11月上旬の矢島町文化祭に合わせて、「さぬきうどん」実演販売のグループが来町してくれますし、12月には矢島町からは「比内鶏スープのきりたんぽ」を丸亀市の皆様に味わって貰おうと商工会員が丸亀市に訪問しております。
生駒公のご縁のある香川県と言えば、人口416,000人を誇る香川県の県庁所在地高松市とも矢島町は友好都市の締結をしており、高松市のホームページにも紹介されております。
縁組みの経過は,同じ生駒氏の城下町として栄えたという歴史的に深いつながりがあることで,矢島町から,歴史・文化,物産・観光,教育,スポーツなど幅広い分野において,継続的な交流を進めたい旨の申し入れた所、当時の市長と市議会からの快諾を頂き,平成11年10月27日,矢島町制110周年記念式典に合わせて友好都市協定を締結たものです。矢島町は現在,平成17年3月に近隣市町と合併し,人口91,000人の由利本荘市となってはいますが、友好協定を結んだ時は人口6,000弱の小さな小さな町でしたが、生駒公のご縁を大事にするとして、対等にお付き合いして頂いております。
特に私立高松大学県立矢島高校から特別推薦生として入学させて頂き、その生徒には市営アパートを特別交流市民として格安に貸して頂き、市の行事には友好都市の交流員としてお招きを頂くなど手厚い配慮をして頂いております。
私達は香川県の県庁所在地である高松市と丸亀市に感謝を申し上げたい事と思っています。

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

東京のアンテナショップを訪問調査 京都府と北海道

東京駅八重洲口に降り立つと目の前に「ヤンマー」ビルがあります。Nec_0355

そのヤンマービルの1階に京都府のアンテナショップがありました。
物産販売のみのショップで店内を1周して商品を見ました。
Nec_0351 まず、全国にその名が轟く様な京都の名産品は置いてありませんでした。
それもそのはずです、全国に名前が通っている様な名店はデパートや駅地下街などに個別のショップを出店しているので、府のアンテナショップに商品を陳列して拡販を図る等の必要性は無いのだろうと私は想像しました。
物産はそれぞれの分野で評価の高いものであろうとは思いますが、私には「京都のお土産屋さんが東京駅の駅前にある」との印象でした、お客は誰もいませんでした。
そのヤンマービルの隣のビルに北海道のフーディストがありました。

使用面積の約半分がレストランで半分が物産販売のスペースでした。
レストラン部分は写真をご覧頂ければお解りの通り、北海道フーディストby GINZA LION と書いてありました。Nec_0352
銀座ライオンはサッポロビール直営のビアレストランチェーンで北海道は勿論、東北、関東、関西、四国、九州にまでそのチェーン店を展開しています。
当然北海道の食材をより多く使っているとは思いますが、メニューはファミリーレストランタイプで特別目を引く様な品はありませんでした。
Nec_0353 Nec_0354
物産販売を覗いてみると、北海道の物産が沢山並べられていましたが、北海道のお土産人気NO1の石屋製菓の「白い恋人」や六花亭の「マルセイバターサンド」 等は置いてありませんでした。
「白い恋人」は昨年、賞味期限偽装事件で一時製造販売中止をしていましたが、昨秋より製造販売再開されてからも品薄状態が続いているとホームページに記載されておりました。
これらの人気商品は、京都の名産品と同じく、道のアンテナショップに並べなくても売れる商品ですから出品しないのでしょうか?人気商品ゆえに品薄で販売出来ないのか私には分かりません。
ただ、私個人の思いとしては「北海道物産館」と名を打っているのであれば「白い恋人」と「マルセイバターサンド」が買える店となってほしいものですね。
ちなみに、羽田空港の「北海道物産館」も広ーいスペースのお店がありますが、Nec_0364_3
やはりそこでも「白い恋人」と「マルセイバターサンド」は販売していません。
でも今の時代ですから、通信販売では簡単に購入は出来ます。

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

ふるさとの霊峰 鳥海山の山開きがありました。

私のブログの表紙に大きく掲げているのは私の町から見える鳥海山の雄姿です。

姿麗しい名山ですし、山麓一帯の人々にどれほど大きな恵みを与えてくれているかは、計りしれません。
1974年(昭和49年)第70回芥川賞受賞作家の森敦の小説「鳥海山」の冒頭ではこの様に表現されています。
遠くこれを望めば、鳥海山は雲に消えかつ現れながら、激しい気流の中にあって、出羽を羽前と羽後に分かつ、富士ににた雄大な山裾を日本海へと曳いている。ために、またの名を出羽富士とも呼ばれ、ときに無数の雲影がまだらになって山肌を這うに任せ、泰然として動ぜざるもののようにも見えれば、寄せ来る雲に拮抗して、徐々に海へと動いていくように思われることがある。海抜二、二二九メートル、広い庄内平野を流れる最上川を挟んで遥かに対峙する月山よりも僅かに高く、ともに東北地方有数の高山とされているが、たんに標高からすれば、これほどの山は他にいくらもあると言う人があるかもしれない。
しかし、鳥海山の標高はすでにあたりの高きによって立つ大方の山々のそれとは異なり、日本海からただちに起こってみずからの高さで立つ、いわば比類のないそれであることをしらねばならぬ。
これは私が見ている北斜面が見える秋田県側ではなくて、真裏に当たり南斜面が見える山形県庄内地区から見た表現ですが、さすがは芥川賞受賞作家の文章ですね、見事なまでに鳥海山を表しています。
今年の3月に鳥海山麓に当たる由利本荘市とにかほ市の市民で「鳥海山の会」という組織が出来ました。
入会条件はただ「鳥海山が好きだ」と言う事だけです。
その準備会議の様子が地元新聞に掲載されたら、私も含めて「是非入会したい」との申し入れが殺到し、現在は75名の会員で設立され、現在も増え続けています。
第1号の会報も出来て送られてきましたが、記事は皆「鳥海山が好きで好きでたまらない」との思いが読み取れる内容ばかりでした。
そんなふるさとの山の鳥海山・矢島口の山開きが5合目の祓川ヒュッテで行われ、約40名程の皆様が参集されました。
麓では既に桜も散っているというのに5合目の駐車場に到着するとまだまだ分厚い雪が残っています。Nec_0424

私と一緒に写真に写っているのは私の矢島町後援会長である鈴木清さんです。
鈴木さんは合併前の矢島町商工会会長で現在は由利本荘市商工会矢島地区代表幹事で、由利本荘市観光協会矢島支部長でもあります。
私の父と鈴木さんの父とはまるで兄弟の様に信頼し合っていた親友でありましたし、鈴木さんのお父さんは、矢島町議会議長を務められ、その後に矢島町助役にも就任し、退官後まもなく私の初めての選挙の際に選挙対策本部長を引き受けて頂き、私を叱咤激励をしてくれた大恩人です。
ですから鈴木清会長とは生まれる前からのご縁があり、お互いに矢島に帰ってきてからは矢島町商工会青年部で鈴木さんが部長で私が副部長という時代もありました。初めての選挙の際には後援会青年部を組織して下さり会長を務めて下さいました。私の議員活動をしっかり支えてくれる有り難い後援会長です。
駐車場から雪の上を歩いて200m程の所にヒュッテがあります。
頂上付近は雲がかかっていましたが、8合目当たりまでは姿を見せてくれました。
Nec_0426
私と一緒に写っているのは、真ん中が矢島生まれの矢島育ち、正真正銘の矢島ッ子.
私の真向かい住んでおりました幼なじみの先輩で今は矢島中学校の校長先生として赴任されています。
右端の方は矢島小学校の校長先生です。
この日は強風の為に神事はヒュッテの室内で執り行われました。
Photo_6
私も「今年も無事故で登山者の皆様に楽しんでもらえます様に」と祈願して玉串を奉奠させて頂きました。Photo_7
神事を終えて、強風の中ではありましたが、登山道の位置でテープカットを行いました。
Photo_8
テープカットを終えて駐車場に戻るとスキーを担いだ登山者が数人、山に向かって歩いていきました。
私も毎年この山開きにはスキーを持ってきて、天気が良ければ頂上まで登って春スキーを楽しみました。頂上まで歩いて約3時間半、滑り降りるのが勿体なくて、休み休みに滑ってもおよそ30分で滑り降りてしまいます。
それでもこの春スキーは天気の良い日は半袖シャツ一枚で楽しめる、冬スキーとはひと味違う楽しさがあります。20年も続けましたが、3年程前から登る苦労を思って尻込みしています。6月まで滑られますので今シーズンはまた登ろうかな、とも思案中です。
私の大好きな鳥海山を歌い出しに使っているのが、
秋田県出身で日本の名曲「浜辺の歌」を作曲した成田為三の作曲からなる、これまた大好きな「秋田県民歌」があります。(「秋田県民歌」の部分にカーソルを当て、クリックして下さい。但し、音楽が流れますので、音量に注意して下さい。)
一昨年、携帯電話を機種変更するまでは、着メロがまだ単音、3和音程度だった頃から、娘に編集をさせて、10年近く携帯電話の着メロに設定していた程です。
私は時々これを聞いております、皆様にもご紹介しますので、パソコンのスピーカーをONにしてお聞き下さい。

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

東京のアンテナショップ訪問調査 大分県

ブログの4月22日に沖縄県の物産館を紹介しましたが、その直ぐ近くの銀座のビルに平成18年4月にオープンした大分県のアンテナショップがありました。
大分県と聞くと直ぐに一村一品運動の成功が思い浮かびます。
1980年から大分県の全市町村で始められた地域振興運動で1979年に当時の通産省出身の平松守彦大分県知事により提唱され、各市町村がそれぞれひとつの特産品を育てることにより、地域の活性化を図った戦略です。
少し古い資料ですが平成13年の三菱総合研究所の一村一品運動の解説がありましたので紹介します。下段に記載してあります県庁の紹介に写真が掲載されておりますが、入り口の真正面にガラス越しに竈と羽釜が3個並んでいました。
私の世代には懐かしいが、若い人たちには珍しい品かもしれません。
私には日本の主食である「美味しいご飯が召し上がれますよ」とのメッセージに思えました。
私が訪問した時は、折悪しく開店前のスタッフミーティングの最中でしたが、私の訪問を見つけて店長代理が声をかけてくれました。
私の訪問趣旨を伝えると快く、説明と店内案内をしてくれました。
36席のメインダイニングはミーティング中で見学出来ませんでしたが、個室を二部屋案内して頂きました。
Nec_0345_4 一室は杉の間12席(個室)で日田杉のテーブルが大いに大分県をアピールしています。
Nec_0346_3 もう一室は石の間8席(個室)で大分県産の石が床に貼られておりました。


先輩からのアドバイスとしては、アンテナショップは徹底的に「らしさ」を強調する事が良いと思います。
ちなみにこの店の設計施工は現在工事中の秋田県ショップと同じく「丹青社」でした。
以下は大分県庁のフラッグショップの紹介文です。 坐来(ザライ) 大分は、東京銀座で、レストランを中心に県産品の販売などを行う大分県フラッグショップです。
 レストランでは、関あじ・関さば等の新鮮な魚介類、豊後牛や豊のしゃも、土づくりからはじめるこだわりの野菜など、生産者の思いの詰まった食材を使用し た料理を、旬の時期にご堪能いただけます。
 また、個室を備えた66席のフロアは、どこか懐かしさを感じるくつろぎの空間で、お一人様でもゆったりとお過ごしいただけます。どうぞ銀座にお越しください。
「坐来(ザライ)大分」のホームページはこちらです。
大分県庁のフラッグショップについての情報の広報はショップ紹介のページの下段に
(開設までの経過について)
平成17年 7月 1日 首都圏アンテナショップの開設
平成17年10月17日 首都圏フラッグショップの開設に関する経過報告について
平成17年12月15日 首都圏フラッグショップの運営会社の概要
平成17年12月21日 大分県フラッグショップ什器求評会のお知らせ
平成18年 1月10日 大分県フラッグショップの運営会社が設立されました
平成18年 1月17日 大分県フラッグショップについてのお知らせ
平成18年 2月 6日 大分県フラッグショップの店名等について
平成18年 3月22日 フラッグショップ「坐来 大分」の竣工等について

と表題が記載されており、それぞれ詳しい説明が公開されていました。
このフラッグショップを運営する会社は県とJR九州の共同出資により設立した大分ブランドクリエイト株式会社で、平成18年1月4日に設立されました。それに対して我が秋田県庁のホームページにあるアンテナショップについての説明は
新秋田県東京アンテナショップの名称選定結果について の1ページのみでした。
秋田県庁は情報の積極的公開と発信能力をもっと高めるべきだと私は求めていきたい。

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

秋田市の千秋公園のさくらまつり

 4月19日のブログで記載しました秋田県立美術館移転調査の日に、隣接する日本の都市公園100選になっている千秋公園で、満開の桜を観賞しました。

Photo_13 Photo_14





千秋公園につきましては、上記のホームページから転記致します。

 慶長7年(1602年) 初代佐竹義宣(よしのぶ)常陸国(茨城県)から32才の時、秋田20万石に転封。
 慶長8年 久保田城の築城はじめる。
堀をめぐらし、土手を高く築いた土塁の城。
 慶長9年 久保田城竣工。

秋田藩主佐竹氏は、源氏の流れをくむ名門であり全国の大名の中でも古い歴史を持つ殿様です。
Photo_4  関ヶ原の合戦のあと、秋田20万石に転封された義宣は久保田の地、神明山(現在の千秋公園)に新たに城を築き、城下町を建設しました。明治 2年(1869年)に、12代義堯(よしたか)公が版籍奉還により知藩事に任命されるまでの267年の歴史です。

 この説明を読みながら、我が矢島町の生駒公は高松時代は讃岐17万石であり、4代目で栗林公園造成に着手しながらも矢島1万石に転封されてから380年の歴史があります。
改めて、讃岐17万石の文化と武士道精神を秋田県の雪深い小さな寒村である矢島町(現在人口6,000人弱)に持ち込んでくれた事を改めて感謝しました。

Photo_5  満開のさくらを見上げながら公園内を歩いていたら家内が「あっこれは『手鞠さくら』だ」と声を上げました。
写真をクリックし拡大してご覧頂ければおわかりになるかと思いますが、枝先でさくらの花が手鞠の様に丸く集まっています。
帰宅してから「てまりさくら」で検索した所、手鞠さくらを始めさくらの種類を丁寧に説明しているページを見つけましたのでご参照下さい。
 手鞠さくらは本来八重桜の一種を指すようですが、公園にありましたのは、吉野桜で花が丸いものでした。
家内が『手鞠さくら』を知っているのは着物の柄にあるからだそうです。
それを調べてみましたら、この様な着物の柄が見つかりました。


Photo_15  公園の高台にある本丸部分を一周して坂道を下った所に、お堀に身を乗り出す様に咲いているさくらがありました。色も数種有りとても綺麗でした。

Photo_7  坂道を下った所には秋田県出身の歌手、東海林太郎の胸像があります。
近づくとセンサーが感知して、東海林太郎の歌声がスピーカーから流れる仕掛けになっています。


Photo_8  駅に向かって帰り道の衣料店のショーウインドウに今話してきたばかりの「手鞠さくら」の枝が飾られてあり、思わずお店の方に「てまりさくら」ですね、と声をかけたら、「このさくらは自宅の庭にあるさくらですが、丸くて可愛いなぁとは思っていましたが、『てまりさくら』と言うのですか、へ~初めて知りました、有り難う 御座います」と嬉しそうにしていました。

余談になりますが、果物のりんごに「千秋」という品種がありますが、これは秋田県果樹試験場が開発し、秋田県を代表する千秋公園にちなんで名付けられた品種ですが、長野県がりんご「千秋」の増産に励んでより多く首都圏で販売した為に、数年前に東京の果物屋の入り口で若いお兄さん達が「本場、長野の千秋だよ、美味しいよ~、美味しいよ~、さ~買った、買った」と声を張り上げているのを聞いて、私は愕然とした事を千秋公園に行く度に思い出されます。

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

東京のアンテナショップ訪問調査、鹿児島県。

Photo_2  JR有楽町駅から徒歩3分の位置に鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」がありました。
 1階は特産物販売、2階はレストラン、3階は工芸品展示・販売、9階にはU・Iターン、新規就農相談/鹿児島県事務所があります。
1階では、本場鹿児島のさつまいも加工品をはじめ、「かるかん」や「げたんは」などの郷土菓子、揚げたてのさつま揚げや人気の黒豚加工品など郷土色豊かな特産品を販売していました。
また、健康にも良いということで、今マスコミで話題の本格焼酎(芋、麦、黒糖)、紫いも加工品、黒酢なども数多く取り揃えてありました。
 2Fのレストランでは、本場かごしま黒豚・黒牛などが味わえます。
店員に名刺を差し出して「秋田県も品川にダイニングをメインとしたアンテナショップを新設しますが、先輩ショップとしてご教示を頂ければ有り難い」と訪問の趣旨を説明すると、店長は不在でしたが、ご丁寧に料理長が調理の手を止めて対応して頂きました。
料理長の説明では「ここは開店して14年になります、レストラン部の営業は、鹿児島県に本社があり、鹿児島県内で数店舗のレストランを経営している会社に当初から民間委託方式です。

Photo_3  このレストランのテーマは『鹿児島黒豚』をPRする事でした。その目的は十分達成されて、『鹿児島黒豚』は全国で知名度が上がり、現在『鹿児島県産の黒豚』は品薄状態です。隣接する県の養豚家も『黒豚』に切り替えている所が増えていると聞いています」と自信満々で答えて下さいました。
と同時に料理長らしく食品には関心が高く即座に「秋田県と言ったら『比内鶏』『稲庭うどん』『きりたんぽ』がテーマでしょうね、食材が豊富で期待されますね」とエールを送って頂きました。
 3階では薩摩焼、大島紬、薩摩切子、屋久杉加工品など、伝統と技が生きる工芸品の数々がフロアー一杯に並べられていました。
 また9階には、鹿児島県事務所があり、「鹿児島県へのU・Iターン、新規就農相談を希望される方はどうぞ、お越し下さい」と一階に説明書きがありました。

有楽町駅前のビルにこれだけのフロアーを使って大消費地、東京に鹿児島県を発信しようとする積極性が感じられました。

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

東京のアンテナショップ訪問調査 滋賀県・長野県・沖縄県

 

有楽町東京交通会館の2階には3県の情報センターがありました。

Photo







Photo_2 滋賀県東京観光物産情報センターは県の観光パンフレットや滋賀県内の市町村の観光パンフレットなどの関係の書類が多数陳列されておりました。


Photo_3  同じく2階のフロアーの一角に長野県の観光情報センターがありました。
入り口の信州・小諸・浅間山開きの大きなポスターが目に付きました。

Photo_4  同じく2階のフロアーに沖縄県コンベンションビューローの事務所がありました。
勿論、観光パンフレットなどが多く並べられておりました。
近年、沖縄県国内旅行ではとても人気が高く、PRもとても元気があります。

Photo_5  交通会館の直ぐ近くのビルの1階に広々としたスペースを持つ「沖縄県物産販売センター」がありました。
大通りに出るとひときわ目を引く、沖縄カラーとでも言えばよいでしょうか、ビルの入り口に、朱色の門を付け加えて、左隣には大きなシーサーが口を開けてまるで「いらっしゃい」と呼びかけているようです。

 右隣には、屋台を出して商品を並べて店員が「いらっしゃいませ~、いらっしゃいませ~」と通りすがる人々に元気な大きな声で呼び込みをしてる日焼けした青年がやけに自信に溢れた表情に見えました。
その彼を通して沖縄県の元気を感じましたし、物産も豊富でした。
 私は昨年10月に建設交通委員会で、九州の熊本県阿蘇市に訪問して、観光協会の事務局長や老舗ホテルの総支配人からの説明が思い起こされました。
観光協会事務局長が曰く「これまで阿蘇は関西圏の修学旅行の受け皿として多くの来客がありましたが、近年その座を沖縄県に移行してきており、修学旅行は減少し、苦戦を強いられております」との言葉を思い出しました。
その時の様子は10月26日に記載しておりますので、参考までにお知らせします。

 

大消費地、東京都及び関東3県(神奈川、埼玉、千葉)について驚く様な現実の記事がありましたのでお知らせ致します。

日本人の10人に1人が東京都民…28年ぶり、一極集中が加速

総務省は平成20年4月15日、2007年10月1日現在の推計人口の都道府県別結果を発表した。

 全国の総人口は1億2777万1000人で、前年比でほぼ横ばいの一方、東京都の人口は1275万8000人で、28年ぶりに全国人口の10%を占めた。前年比で9万9000人の増加で、バブル経済期並みの人口流入となっており、東京一極集中が加速している様子が表れた。
東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で作る東京圏の人口も、計3482万7000人と増加しており、全国人口の27・3%を占めた。東京圏、名古屋圏、大阪圏の3大都市圏の合計は計6461万3000人で、同地域だけで全国人口の50・6%を占めた。 
        4月15日21時2分配信 読売新聞

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

我が家のさくらも満開です。

17日に本荘公園の「さくらまつり」の記事を書きましたが、我が家のさくらも満開です。
1_2  私が高校生の時に父が植樹して「樹齢約40年のさくらの木」で、何の手入れもしないのに、毎年とても綺麗に咲いてくれます。


Photo  また、屋敷内にあるコブシの木も白くて綺麗な花を咲かせています。
コブシは雪国では雪消の後に最も早く咲いて春を知らせる花として「北国の春」でも春を告げる木として歌い上げられており、皆様もおなじみだと思います。




隣に並んで、紫木蓮(むらさきもくれん)が咲いています。
Photo_3
この紫木蓮は家内が若い頃に見た日本画の木蓮の絵とその説明文に「木蓮は空に向かって咲くから好きだ」との言葉が頭に焼き付いているそうです。
その想いで毎年春に我が町で開催される庭木市で家内が苗木を買い求めました。
初めは小さな苗木でしたので、中庭に植えましたが、毎年どんどんと成長を続け中庭の主役であるはずの松の木をも遮る様になりました。そこで私は中庭からは掘り出して、敷地のはずれに移植してもらいました。
そこでもどんどん成長して現在に至っています。
木蓮は本来白色なのだそうですが、紫色もあります。
しかし、自分が買い求めて毎年しっかりと観賞している家内によると、少しずつ紫色が薄くなってきているそうです。
コブシと木蓮はほぼ同じ時期に咲き、花の形も良く似ていますが、前述の通り木蓮は空に向かって咲いており、コブシは横、または斜め下ぐらいの方向に向かって咲くので見分けるのだそうです。

Photo_4  今の季節に一段と色鮮やかに咲いて屋敷を明るくしてくれているのは、真っ黄色のレンギョウです。
これも家内の好きな花の一種です。
寄せ植えすると黄色の壁になるので、我が家の敷地のいずれかの場所に黄色いレンギョウの生け垣を作ろうかなと現在思案中です。

生け垣は休まず手入れをする事が必要で形を維持する事は大変です。
現在、我が家の敷地の2面には犬つげの生け垣がありますが、年に4~5回刈り込んでもらっています。
1_4 2_2




 午後に自宅から数百メートル離れた私が所有する山を見に行った所、国の特別天然記念物であり崖地を好むニホンカモシカがエサを食べていました。
私の町も私の山もまだまだ自然が一杯だと感じ入りました。
Photo_5

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

今春高卒者の県内就職、3年ぶり増 3月末現在、内定率は前年並み

高校生の県内就職率が3年ぶりに増加しました。

秋田労働局は18日、今春の県内高卒者の就職状況(3月末現在)をまとめた。内定率は全体98・5%、県内97・7%、県外99・7%と前年とほぼ同じだったが、県内就職内定者数が3年ぶりに増加に転じ、42人増の1697人となった。県外内定者数は1160人で11人の減。県内内定者数が増えたことについて同局は「夏休み前に求人を出した県内企業が増え、早い段階で県内就職を希望する高校生の意向に沿うことができたため」としている。
県内就職希望者も3年ぶりに前年を上回った。1737人で、前年比42人増。県外を希望する1163人を574人上回った。しかし、昨年5月時点の調査時と比べると県内就職希望者は減っており、依然として県外志向は強い。

県内求人数は2005年度以降減少が続いており、07年度は2486人。県内就職希望者が増えたことにより、求人倍率も1・43倍と5年ぶりに前年を下回った。県外求人数は、3819人で前年より285人増えた。4年連続の増加で、求人倍率も3・28倍と2年ぶりにアップした。(さきがけon Web 2008/04/19)

若い人の県内就職者が増加したのは非常に喜ばしいことです。Man
今度、東京や県内で大学、短大の卒業予定者対象に県内就職説明会もあるようです。
県内就職を希望する来春卒業予定の大学生や短大生などを対象とした県合同就職面接会(県、秋田労働局主催)が、22日に東京の中野サンプラザで、来月8日に秋田市の秋田ビューホテルで、それぞれ開かれる。
東京会場では採用を予定している企業36社、秋田会場では121社が参加予定。各企業が個別に面談するほか、秋田会場ではパソコンを使った職業適性診断もできる。
大学、短大、高専、専修学校の卒業予定者に加え、一部企業では既卒者、Aターン就職希望者も対象にしている。
時間は東京会場が午後1時—4時、秋田会場は午後1時—5時。事前の申し込みは不要。問い合わせは県雇用労働政策課TEL018・860・2335(さきがけonWeb 2008/04/19)
残念ながら今の秋田県は若い人が仕事を求めて県外へ流出することが多いのも否めません。
ただ、実際は仕事があれば県内に戻って来たいと言う気持ちを持っている人も沢山いらっしゃることでしょう。
そういった人の働き場所を確保できるように、企業誘致など対策を立てて、
取り組んでいくのが私の役目と思って、地元を大切に日々の活動に努めていきたいと思っております。

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

秋田県立美術館と(財)平野政吉美術館

秋田県立美術館は経年劣化が進み、現在の耐震基準も満たしていない事から、現地での補強改築か、又は現地での新築建設か、はたまた、お堀を隔てた近隣の秋田市中央街区再開発事業に合わせて、移転新築ビルへの入居か?と県民の意見も割れていたのでしたが、この美術館を運営管理する指定管理者である、(財)平野政吉美術館の理事会で移転し、再開発事業への参加を決定して、これまでなかなか進められなかった秋田市中央街区再開発事業が1歩進む事になりました。
私は久し振りにこの美術館を訪問して暫しの美術鑑賞をしました。
千秋公園の堀端に建つ秋田県立美術館Nec_0394 は昭和42年5月5日に開館しました。
双曲線を描く屋根が公園の樹木を背景にそびえ、美術館の建物を特徴づけています。
秋田県立美術館1階の美術ホールは、県民のための貸しギャラリーです。創作発表の場として利用され、生涯学習や芸術文化活動の拠点ともなっています。
2・3階は財団法人平野政吉美術館所蔵作品の展示室です。「秋田の行事」をはじめとする藤田嗣治の作品やヨーロッパの絵画を常設展示しています。
平成18年度からは、財団法人平野政吉美術館秋田県立美術館の指定管理者に指定され、美術館全体の運営にあたっています。
秋田県立美術館を維持運営する指定管理者の財団法人平野政吉美術館について
Nec_0396
財団法人平野政吉美術館「青少年が豊かな人間に」と、平野政吉(明治28年~平成元年 1895~1989)が収集した美術品の内から320点を寄付し、昭和42年(1967)に開館しました。Nec_0397
平野は、秋田県内有数の大地主の長男として秋田市に生まれ、若い頃は画家志望でした。また、わが国初期の航空界に夢を抱き、飛行機の操縦に熱中し墜落もしています。しかし、美術への愛着は強く、10代から93歳で亡くなるまで収集の情熱は衰えませんでした。浮世絵、陶器…等々を集めましたが、特に藤田嗣治との交友から貴重な代表作を所有しました。
藤田嗣治(レオナール・フジタ)は、東京美術学校を卒業後、フランスに渡り、モディリアニらとともにエコール・ド・パリの代表的画家として活躍しました
平成18年には藤田嗣治の生誕120年の年でした。
平野が寄贈した現在の館蔵品は
○藤田嗣治作品とその遺品資料
○西欧絵画
○秋田蘭画など日本初期洋画
○明治初期洋画○中国絵画など5分野で601点です。
この美術館の目玉作品は「世界のフジタ」と称される藤田嗣治作の
油絵「秋田の行事」があります。
上記のホームページの中から「美術館内風景の大展示室(2階)」をご覧下さい。
南側から見た油絵がありますが鑑賞している人が小さく見えるのがおわかり頂けますでしょうか。
「秋田の行事」は、高さ3.65m×横幅20.50mの壮大な油絵です。
カンバス張りでは、20世紀世界最大といわれる「秋田の行事」は1937年(昭和12年)美術館建設を計画していた平野政吉氏の依頼で描かれたもので、氏の為書きとなっています。
製作後30年目に初めて、本美術館で公開された。素朴、豊潤な秋田の風土と「秋祭り」「梵天」「竿灯」を静動対照的に描き分けながら当時の秋田風俗を描き尽くしている。
しかもこの大作をわずか174時間(15日間)で完成、「この記録は永遠に破られないであろう」と作者はその健筆を誇った、と説明されております。
この大作は近い将来、秋田市中央街区再開発事業により、近代的なビルの中に最大級の待遇を施した大ホールに展示される事になります。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

素晴らしい映画を見て感動しました。

も会員である「日本会議」は、美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動する団体として平成9年に設立され、秋田県支部は団体設立と同時に設立されて10周年を迎えています。
今年の1月31日、日本会議秋田支部内では初の由利本荘支部が結成され、私は顧問の委嘱を受けております。
その時の様子はこのブログの2月1日に記載しておりますのでご参照下さい。
その際に来秋された、本部事務局次長から、3月1日から全国一斉に上映される映画明日への遺言は、潔い日本人が描かれている素晴らしい映画ですので是非ご覧下さい」と紹介されており、是非見に行こうと思っていた映画でしたが17日に見ました。素晴らしい映画でした、私の言葉ではとても説明しきれないので、映画館で配布された「産経新聞の映画紹介特別版」の記事を持って紹介させて頂きます。
部下を守り、一人絞首刑も「本望である」
第2次世界大戦後、連合国による日本の戦争犯罪者を裁く軍事裁判が始まった。東条英機元首相らA級戦犯の東京裁判での公判記録は歴史文書や記録映像などで語り伝えられているが、B・C級戦犯の裁判が行われた横浜地方裁判所での記録を知る人は少ない。
映画「明日への遺言」主人公、第13方面軍司令官兼東海軍司令官岡田資(たすく)中将は、この戦犯裁判で、戦勝国・米国に対し、たった一人で法廷闘争に挑んだ。
敗戦で自信と誇りを失ってしまった戦犯が少なくない中、岡田中将は強靱な意志と誇りでこの裁判を法による戦い=法戦と称して臨み、戦勝国の論理で裁こうとする米国の裁判官や検事と真正面から対峙、非人道的な無差別空襲の罪を認めさせようとした。原作は『野火』『俘虜記』『レイテ戦記』など多くの戦記物を著した作家、 大岡昇平の実話『長い旅』。
大岡は「軍人は上級になるほど政治的になり、ずるくなるが、軍司令官クラスには立派な人物がいる」と語っており、歴史に埋もれていた岡田中将の法戦の記録を10年以上にわたる地道な取材活動で掘り起こし、昭和57年、実録『ながい旅』として発表した。
岡田中将が選んだ選択は強固な信念に貫かれていた。昭和20年、名古屋空襲で飛来、被弾して降下してきた米軍爆撃機B29の搭乗員38人を処刑した責任を問われ、B級戦犯として横浜の軍事法廷で昭和23年5月、絞首刑の判決を下される。が、法廷を退場する際、彼は妻に向かって一言こう告げる「本望である」。そして翌年9月、刑は執行され、岡田中将は59年の人生を終えた。処刑台に向かう最後の日、彼は部下にこう言い残した「君たちは来なさんなよ
部下に処刑の責任を負わせたり、事実を隠蔽して責任逃れに奔走する戦犯が少なくなかったが、岡田中将は一貫して「全ての責任は私にある」と主張。裁判にかけられた19人の部下の罪を一人で背負う覚悟を固めていた。さらに米軍が国際法を違反し、無差別爆撃を行った事実を公判の中で立証し、その罪を法廷で訴え続けた。
敗戦直後の世相を見るに言語道断、何も彼も悪い事は皆、敗戦国が負うのか?なぜ堂々と世界環視の内に国家の正義を説き、国際情勢、民衆の要求、さては戦勝国の圧迫も、また重大なる戦因なりし事も明らかにしようとしないのか・・・」。19人の部下を全員釈放させ、ただ一人死刑に処された岡田中将の揺るぎなき信念は現 在も不変である-と「明日への遺言」は訴える。
ここまで産経新聞の映画紹介の特別版の記事です。
Ashitahenoyuigon01_1024
岡田中将の訴えた「無差別爆撃の国際法上に於ける違法性」について映画の解説本に下記の様に書かれてありました。
無差別爆撃については1923年、オランダのハーグで開かれた「戦時法規改正委員会」(日・米・英・仏・伊・蘭)で「爆撃は軍事的目標に対して行われた場合に限り適法とする」と宣言した。これらのルールは守られず、日本においても、1945年2月19日の東京の空襲を皮切りに、軍事的目標のない郊外爆撃、地域爆撃が 行われていた。名古屋の爆撃も38回に及び、最も犠牲が多かったのは、5月14日の焼夷弾爆撃である。「さんざん爆弾で人を殺しておいて、自分はパラシュートで降りてきて助かろう、というのは虫が良すぎる」。これが当時の市民の感情であった、と解説されています。
私が最も心に残ったシーンは、裁判で次第に明らかになる「岡田中将の潔さ、固い信念」などが3人の検察官、5人の裁判委員にも伝わり、裁判委員長がこう促します。「我が国の軍法に報復は正当な行為であるとされてありますが、貴方の命令も報復だったのではないですか?」と助命の水を向けたにも拘わらず岡田中将は 「報復ではなく、処罰です」と答えるシーンです。
報復であると答えた場合には一緒に裁判にかけられた部下も同罪になります。岡田中将はあくまでも軍律に基づいた処罰であり、自分が命令した、故に責任は司令官である自分一人である、と主張したのです。
この事が岡田中将の固い決意を感じ取って裁判員は裁判を決着させたのでした。
更に、この裁判の主任検察官は判決後、岡田中将の助命嘆願を行っております。
この映画は3月1日から全国公開されていましたが、秋田では4月18日に上映終了します。
この映画の鑑賞を自分のスケジュールの中で優先順位を上げてもっと早く見ておくべきだったと猛烈に反省し、後悔しております。もっと早くに見ていたら必ず2度、3度と映画館に足を運んでこの映画を鑑賞し、一度では読み取れないシーンを見る為にスクリーンを見つめていたと思います。
私の中の映画史が塗り替えられました、この映画は私のこれまでの人生の中で第2位にランキングされました、それほど私にとっては素晴らしい映画でした。
ちなみに私の中の映画史の第1位は私の生まれた年である昭和27年に作られた、黒澤明監督作品の「生きる」です。
だいぶ前からビデオテープをダビングして友人に差し上げておりましたが、今ではDVDが発売されておりますので、私がそこまでしなくても良くなりました。この「明日への遺言」もまもなくDVDで発売になる事でしょう、勿論私は買い求めますが皆様にも鑑賞されます事をお勧め致します。
映画「明日への遺言」の紹介の最後に当たり、皆様にこの様な名作の紹介が遅れました事を深くお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

秋田県由利地域振興局への訪問と本荘さくらまつり。

 秋田県の私の地域の出先機関である「由利地域振興局」に訪問しました。
新任の皆様は4月早々に就任の挨拶に私の自宅を訪ねて頂いておりましたが、あいにく不在だった為に今日私が訪問して、地域振興の意見交換をしました。
面談申し込みはしていなかったのでしたが藤原由美子振興局長に訪問しました所、在席意見交換をする事が出来ました。

Nec_0379  藤原局長は私の地元の矢島町出身で福祉分野を長く経験しております。
これまでも福祉の事や矢島町の事など意見交換をしている事が時折ありました。
同席して頂きましたのは、同じく新任になった三浦久一総務企画部長と佐藤龍司地域企課長と、留任されていた菊地政策監でした。
三浦久一総務企画部長は4年前までに県議会事務局に勤務されていた時に、「旧ミネソタ州立大学機構秋田校」であり、現在の「国際教養大学」の設立に関して、アメリカのミネソタ州ミネアポリスまで同行して頂いて1週間一緒に調査活動をした思い出のある私にってはとてもご縁の深い方です。
 由利振興局の今後の政策テーマは何ですか?と尋ねた所「由利地域にとって最大の財産ある鳥海山を核としての総合開発だと思います」との事でした。
この日は次の日程が入っていた為に短い時間の面談でしたが、「また来ます」と挨拶をして部屋を出ました。
次に同じ建物の2階にある由利地域振興局の建設部長に訪問しました。
新任の塚田寛建設部長と保坂啓一次長が在席で面談する事が出来ました。

Nec_0381_2
塚田寛部長は今年の3月まで県庁道路課の政策監として就任されておりましたので、私これまでの地域要望の窓口となって頂いた方ですので、これまでの経過説明は説明する必が無く、いきなり本題の協議をする事が出来ました。
協議事項は国道108号「黒沢踏切の渋滞対策」についてで、3月の県議会建設交通委会で道路課長からの「調査検討します、との発言を受けて取り組みます」、との事でした。また、矢島町の交通環境の最大課題であります国道108号バイパスの事業計画の説明して頂きました。


 本荘城趾、本荘公園のさくらが満開でしたので立ち寄ってみました。
本荘さくらまつりは4月16日から29日までの開催ですが、既にさくらは満開でした。
Nec_0371_2 Nec_0377




公園入り口には大きな看板ゲートがありその前には春の息吹を感じさせる苗木や草花を売する園芸店が店を開いていました。
Nec_0374Nec_0375_2





Nec_0378





 その中の1店は私の町、矢島町の三浦園芸店で綺麗な花や苗木を販売しておりました。私のお友達ですので声を掛けて、母娘並んでもらって写真を一枚パチリ。

Nec_0372
娘さんは私の3女と同級生の26歳ですが、東京勤務時代に知り合った男性との結婚を決めて彼を矢島町に連れてきて三浦園芸店の後継ぎとして働く事になったそうです。
娘さんは両親が仕事に打ち込んでいる後ろ姿を見て園芸店を続けようと彼と話し合った結果だろうと拝察します、とても嬉しいニュースでした。

長女から桜にちなんだ話を聞きました。
ヨーロッパの騎士道精神は「バラの花」に例えられ、日本の武士道精神は「桜の花」に例えられるそうです。
その理由は「騎士道のバラの花は最後まで生き残って命を全うする=生きる覚悟」と言う事を旨とし、「武士道の桜は最期は潔く散る=死ぬ覚悟」と言う事を旨にするからだとの事でした。

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

東京でアンテナショップ訪問調査 和歌山県と富山県

 

有楽町東京交通会館の地下1階には和歌山県と富山県の物産販売店がありました。
和歌山県のアンテナショップは、「わかやま喜集館」と名付けられて、やはり和歌山を代表する特産品の「梅干」が多くの場所に陳列されていました。

Nec_0338_2  人気の売れ筋商品ベスト5は
① 梅干
② じゃばら100%果汁
③ 太陽いただき(果物ジュース)
④ さんまの丸干し
⑤かんきつ類(紅八朔・デコポン) でした。

オススメ商品は、☆釜あげしらす (湯浅町・和歌山市)
一年で一番おいしいシラスの時期になりました。獲れた時にのみ入荷の限定品です。
☆桜羊羹 ¥980 紅葉屋総本舗(串本町)
創業100年。1本1本昔ながらの職人の技で作った、完全手作り羊羹です。表面はパリッと中はしっとり独特の食感・春の時期限定の桜羊羹。

通路を挟んで真向かいには富山県アンテナショップ「いきいき富山館」がありました。
グルリと見渡せば、海産物が多く陳列されているなあ、と感じられました。

Nec_0339  人気の売れ筋商品は、
①ほたるいかの沖漬け
富山湾の春の訪れを告げるほたるいか。富山といえば「ほたるいかの沖漬け」と言われるほどの定番商品。ライターであぶると旨みがます「ほたるいかの素干し」も、人気急上昇中! 沖漬け 180g 1,050円  素干し 20尾 525円
②しろえびの刺身
富山湾の宝石と呼ばれる「しろえび」。刺身は口の中でとろけてしまう。料理にも使える「かまあげ」も人気です。
刺身(冷凍) 80g  1,470円
かまあげ(冷凍) 120g 578円
③かまぼこ屋さんのホクホクおでん
蒲鉾屋が作った、ひと味違うおでん種。新鮮な魚介を贅沢に錬り込みました。(おでんつゆは別売り) 1セット 600円
④氷見の頑固親父のかぶす汁
かぶす汁とは、氷見の漁師の豪快なみそ汁のこと。富山湾のキトキトの魚(かます、フグ、かわはぎ、甘海老等)と自家製の味噌が入り、ご自宅で簡単に召し上がれます。(4人前) 1,000円
⑤昆布〆刺身
旬の魚介を昆布で熟成させた郷土料理。黒カジキ、車鯛、白海老、あおりいか等がおすすめ。 588円~

「いきいき富山館」は交通会館の地下1階にありますが、有楽町駅から交通会館へ向かった真っ正面の柱には大きな富山館のポスターを貼り付けて、地下へと誘導していました。

Nec_0347
「いきいき富山館」の特色としては、毎月、お刺身デーには、富山湾・氷見漁港直送からキトキトの魚を直送し、その場で刺身にして販売!寒ブリ、ふくらぎ、あおり烏賊、甘海老、鯛、ひらめ等、旬のお魚が登場。やっぱり富山の魚は違う!と大好評です。
それぞれの県が東京という大消費地に郷土の物産を拡販しようと皆懸命に努力している事が感じられました。

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

東京でアンテナショップ訪問調査 秋田県・全国商工会・北海道

 

東京では日本全国の味が楽しめるアンテナショップめぐりが、丸の内・銀座のOLの間で静かなブームになっています。

インターネットで「東京」・「アンテナショップ」とキーワードを打ち込むだけで多くの情報が入手出来ます。
私もこの情報を下に15県のアンテナショップを訪問して調査してきました。
 まず、有楽町にある「東京交通会館」を訪問しました。東京交通会館はJR有楽町駅の直ぐ目の前に有り、地下4階、地上15階の建物で最上階の15階は回転展望レストランとなっているとても大きな立派なビルディングです。

Nec_0333

 このビルには1階に秋田県の物産販売の「秋田ふるさと館」も入居しておりますので、早速訪れて、訪問趣旨を話しました所、責任者である参事(東京平鹿町ふるさと会・会長)が説明してくれました。

Nec_0334 Nec_0335




 参事曰く、「数年前までこの場所は、立地最高の交通会館ビルにあっても、やや裏通り的な位置でしたが、目の前にマルイデパート新築開店してからは、人通りも多くなり、来客も増えて売り上げも伸びております。
現在、株式会社化を進めておりますが十分採算の取れる経営が見込まれています。」と嬉しい報告を聞きました。
 秋田ふるさと館の直ぐ隣には全国商工会連合会が経営する「むらからまちから館」があり、全国の名産品、物産が数多く陳列されてありました。

Nec_0337

 同じく1階には「北海道どさんこプラザ」があるのですが、訪問した日は改装工事中でした。

プラザの紹介HPでも改装中な事を知らせておりました。
訪問調査の報告は続きます。

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

東京にある全国アンテナショップ、15県を訪問し、調査をして来ました。

 4月7日と8日の二日間で15県のアンテナショップを訪問調査してきましたので、順次報告致します。
まず始めは、今、秋田県が品川に新しいアンテナショップを出店するビルの工事現場を訪問。ビルの工事現場前の看板には5月オープンの看板がありました。

Nec_0327_2
 位置は品川の駅前で品川プリンスホテルの横を通り、高輪プリンスホテルへ通じる通りで京浜急行が所有しているビルの1階部分約100坪です。
工事現場を訪れ、工事の設計施工業者である丹青社の工事監督にご挨拶をして、説明を受けました。
昨日のブログにも書きましたが、私は祖父が創業した建設業の3代目です。
土木工事が主でしたが、2級建築士事務所も開設して建築工事も手がけていました。
また、現在も本荘市に床面積135坪の三昧(ざんまい)と言う居酒屋と、床面積100坪の居酒屋つぼ八を賃貸していますので、店舗改築工事に当たっては、その仕上がりの説明を受けて、賃貸を了承するなど、建築工事に対してある程度の知識があるつもりです。
設計施工契約をした株式会社丹青社(たんせいしゃ)は、商業施設・展示施設の内装・展示物等の製作を行う会社で乃村工藝社と並ぶ、日本の博物館展示業界の二大業者のひとつです。

 丹青社の概要は 東証1部に上場しており、設立 1959年(昭和34年)12月25日
業種 サービス業 で事業内容は 商業施設、美術館・博物館等の展示施設の内装、ディスプレイの製作などです。
資本金 40億2,675万円(2008年1月31日現在)、売上高 単体394億489万円で連結455億6,322万円(2007年4月〜2008年1月)、総資産 単体309億9,561万円で連結293億3,269万円(2008年1月31日現在)従業員数 単体871人、連結1,379人(2007年7月31日現在)この資料はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用しました。
品川のビルのテナントは天井部分は換気のダクトがほぼ全面に配管されており、最近トレンドのスケルトン(配管むき出しは)タイプは無理で、天井を貼る事、通路は秋田産の石を貼る事、壁は秋田県産の珪藻土の塗り壁等が使用される事、等の説明を受けました。

Nec_0330_3Nec_0329_2
 この日の作業はダイニングの厨房部分の工事でした。
一通りの説明を受けて、帰ろうと思った時に偶然に秋田県の担当である産業経済労働部の青木次長と柴田課長が訪れて合流しました。


Nec_0331_3 
 丹青社との打ち合わせとの事で丹青社の方、3名様とも名刺交換をしてご挨拶をさせて頂きました。
ちなみに向かって左側の青木次長は昨秋、「皇太子殿下の鳥海山登山」をした時の先導ガイドをした方で、向かって右側の柴田課長は秋田県の財政課に勤務の後に請われて人口62,300人の能代市に助役として出向してきたユニークな経験も持つ、実力のある両名です。
両名共に秋田県の魅力発信の為に、より良いアンテナショップが出来る様に最善の努力をしてくれる事でしょうし、期待しています。

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

豪雨災害復旧工事が進んでいます。

私の町、矢島町では昨年の8月22日に豪雨による災害が多数発生しました。
道路の決壊や堤防の決壊が多くの場所で起こりました。
矢島町は今年の3月に、国から局部激甚災害指定地区にされた由利本荘市内で最も被害が大きかった町です。
8月22日の豪雨災害に付きましては、私のブログの8月22日27日28日31日をご覧下さい。
局部激甚災害に付きましては、3月22日に記載しておりますのでご参照下さい。
しかし、災害復旧工事があちらこちらで進められています。Nec_0367_2

写真で紹介しますのは、典型的な道路災害の復旧工事完成の写真です。
道路の片側が川に面しており、豪雨の際に崩れ落ちて片側1車線通行に規制されておりました。
復旧工事の内容を説明しますと、法面(のりめん)の底辺に当たり、川の堤防にもなる部分は「ふとん籠」と呼ばれるもので、針金でダイヤの形に編み組まれており、中に石を積めて完成します。
1枚が横幅4m程度、縦幅が1.5m程度、高さ40cm程度の布団(マットレス)型になります。(
数値は正確ではあ
りません、私の感覚です)
これは河川の堤防にもなり、道路の路肩の底固め基礎にもなります。
その上は、一定の斜面を土で付き固めて、わらしば(草の種を吹き付けたムシロ)を貼り付けて完成です。
時間が経つと青々とした芝が生えてきます。

私はこの様な作業を請け負う建設業で生まれ育ちましたので、この様な景色を見るとつい立ち止まって、見回して仕上がり具合などを点検してしまいます。
体に染みついた癖なのでしょうね。

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

キャッチコピーは「秋田に学べ。」 大手学習塾が首都圏で広告

私のブログ2月17日の記事にもありますが、文部科学省の全国学力調査秋田県は全国1位となりました。
その結果を受けて、大手学習塾が首都圏で「秋田に学べ。」のキャッチコピーで宣伝をしているそうです。Photo

全国学力テストは昨年4月、43年ぶりに行われた。小学6年生と中学3年生を対象に、国語、算数(数学)の各科目で、基礎知識を問うA問題、応用力をみるB問題を実施。公立校の都道府県別平均正答率で、本県の小学校6年生が全4種類の問題でトップを占め、中学校3年生も国語Bの1位をはじめ、全問題が3位以内という好成績を収めた。
「秋田に学べ。」—こんなキャッチコピーの広告が、首都圏のJRの電車内で乗客の目を引いている。小中学生を対象にした大手学習塾「栄光ゼミナール」(本部・東京)の広告で、昨年の全国学力テストで小学6年生がトップの成績を収めた本県にあやかろうと、今月から車両ドアの上に掲示した。
県教育庁義務教育課は「秋田の子どもたちの頑張りをどうにかして発信したいと思っていた。明るい話題だ」と喜んでいる。
広告は縦14センチ、横102センチの横長で、赤地に白抜きの文字が目立つデザイン。大きな文字のキャッチコピーの脇には、小さな字で「全国学力テストで第1位(小6)の秋田県。少人数制の授業、早寝早起き、予習復習は自宅でしっかり。好成績を生んだ秋田の子どもたちの生活習慣に学びたいものです」という説明が添えられている。広告は7000枚制作され、今月末まで掲示される予定。
  (2008/04/10 秋田さきがけonWeb)


各種全国ランキングで、なかなか明るい結果を見ることが少ない我が秋田県において、学力調査で1位になったことは県民にとって本当に明るく、胸を張れる話題でした。
首都圏で多くの人の目に触れる車両広告で宣伝してもらえることは、県民としてとても誇らしく思えるお話です。

この内容は、私の友人の村岡敏英さんのブログの4/4の記事でも触れられています。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

由利本荘市のケーブルテレビ網を利用してTBSの視聴は可能か?

由利本荘市が大型投資をして市民生活向上と情報共有化実現の為に工事が進められているケーブルテレビ網の機能を最大限に発揮して頂く為に「TBS」視聴の可能性について、県の情報企画課に調査依頼をした所、下記の様な回答がありましたのでお知らせ致します。
秋田県議会議員 佐藤健一郎様
                   秋田県情報企画課長 加賀屋建一
     ご質問に関する調査結果について
 ケーブルテレビ放送に関して、主に秋田市のCNA様から実態を伺いましたので、ご報告いたします。
[問い]CNAでテレビ東京の番組を放映できない理由は何か。
[回答]1.CATVによる地上波の再送信には次の条件を満たす必要があります。
・ 発局(IBC、テレビ北海道、テレビユー山形など)の同意が必要
・ 区域外(秋田県外)波の場合、地元民放局(ABS、AKT、AAB)の了解
・ エリア内で受信できる(例えば由利本荘市内でアンテナ受信)レベルが確保されていること
      2.テレビ東京の場合
・ 全国を70%ほどカバーしているが、本県全域区域外
・ テレビ東京は基本的に区域外のCATV事業者への再送信を認めていない。
・ CNAも開局当時再送信を申し入れたが拒否された
・ 青森ケーブルテレビが函館波をアナログで再送信しているのが唯一の例外
      3.IBC岩手放送の場合
・ アナログ波についてはエリア外ではあるが、例外的にCNAがIBCの同意を受け、また地元民放の了解を得た上で、盛岡で受信して秋田市内で放映中
・ しかし、デジタル波については未だ同意が得られていない
[問い]CNAとONTが連携してTBS系を送信することは可能か
         必要額はいくらか、また障害となることは何か
[回答]CNAから以下の情報を得ました。
・ CNAとONTが例えば光ケーブルで接続し連携することは可能
・ 発局に対して放映料等の費用支払いはない
・ CNAとONTを光回線で接続するとすれば、回線使用料はかかる
・ ONTのエリアでIBCの再送信を行おうとする場合、たとえCNA経由であってもIBCの同意が必要であるが、かなり困難
・ 由利本荘市内で現状で山形波(テレビユー山形)のアンテナ受信が可能であればONTは山形波の再送信を目指したほうが有利と推測される
D60_a9584c[その他]
・ 区域外の再送信は全国各地で交渉が難航しており、地域によっては大臣裁定に持ち込まれるなどすっきり決着を見ていない。
・ これらの問題に一定の指針を示すため、「再送信問題研究会」が議論しており、3月に最終取りまとめ案を発表、現在パブコメを募集中ただし、CATV側に有利な答申とはなっていない状況

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

保育園が手のひら認証で送迎の保護者を確認

大阪の私立保育所が、現金自動預け払い機(ATM)などで本人確認に使われている「手のひら静脈認証システム」を、子供の送迎に来る保護者の識別に活用し始めた。不審者の侵入を防ぐ狙いで、システムを開発した富士通によると、保育所や小学校などでの利用は初めて。

000080_2  堺市堺区のハピネス神石保育園(園児約140人)で、4月から本格的に運用を開始した。保護者が事前に手のひらの静脈パターンを登録しておけば、ID番号を入力後、玄関の読み取り機に2秒弱、手のひらをかざすと門扉が開く。園児1人につき両親、祖父母ら10人まで登録できる。費用は約200万円。従来は園のスタッフが窓越しやモニター画面で保護者の顔を確認していた。
3歳児を預けている母親(31)は「朝夕の送迎ラッシュ時も時間がかからず、とても便利。安心して預けることができる」と話している。
   (2008年4月3日   読売新聞)

子供を狙った凶悪犯罪が後を絶たない昨今、少し大げさに感じるくらいのセキュリティ管理が未来を担う大切な子供達を守るのには必要になってきました。
「水」と「安全」はタダ!と言う生活をしてきた日本はとても恵まれていた事を痛感させられます。
子供は国の宝ですので皆で守っていきましょう
防犯意識を持つことも大切です、外出の際は施錠を忘れずに

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

バターが消えたスーパー、原料の生乳不足直撃

 

スーパーなどでバターが品薄になり、店によっては売り場から姿を消す事態に陥っている。バターの原料となる国内産生乳(せいにゅう)が、飲用牛乳の消費低迷の影響で減産されたところに、国際的な穀物相場高騰が酪農経営を直撃。飼料値上がりで生乳を増産しにくい状態となり、バターの原料不足が簡単には解消できな い状況だ。飼料高を受け生乳の価格も上昇し、雪印乳業やよつ葉乳業、森永乳業など乳業各社は4月から5月にかけて、バターの希望小売価格を8~10%程度上げる。消費者にとっては「品不足」と「値上げ」のダブルパンチとなる。
0025_34c
 農林水産省によると2007年4月から08年1月の国内バターの生産量は前年同期比4・5% 減。乳業会社などのバター在庫量は前年より2割程度落ち込み、「原料を確保できないので、すぐに出荷量を大幅に増やすのは難しい」状態だ。
「本日は入荷がありません」。東京都品川区の食品スーパーでは、バターの全商品が品切れとなる日が珍しくない。店員は「週に1回しか入荷せず、その日のうちに売り切れてしまう」と話す。品薄になったのは、お菓子作りなどで需要の高まった昨年末あたりから。業務用バターの価格も、供給不足を反映して急上昇している。国内産の生乳は、消費落ち込みで供給過剰が続き、06年春には大量に捨てられる事態に。これを受け生産者団体は減産に踏み切ったが、今度は中国などで乳製品の需要が強まり、国内でも生乳がチーズなどに使われるようになり、一転して生乳不足になった。バターの国内シェア2位のよつ葉乳業は「出荷量はすぐには増やせない。 生産者が乳牛を増やしたとしても、乳が出るまでに2年はかかるからだ」と説明。業界内には「乳牛を増やしたら、また供給過剰になるかもしれない。飼料高で経営が苦しい酪農家にとっては大きなリスクを伴う」との懸念もあり、簡単には増産できないのが実態だ。
    4月6日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 

農林水産省は、「数年前に生乳の生産量が国内で過剰となり、2006年から07年に乳牛の頭数を減らすなどして生産調整をかけたことが影響した」と認めています。
また、世界的な生乳価格の高騰も影響している。それまで海外の生乳を使用していた乳業メーカー等は一斉に国産に切り替え、国内では残り少ない生乳の取り合いになりました。
農林水産省は、「08年度には生乳を増産する予定だが、蛇口の水のようにひねればたくさん出るものではないため、楽観視できない」と慎重なコメントがありました。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

<小泉元首相>が衆院の解散・総選挙近いとの見方を示す。

私も自民党所属の県議会議員として、最も大事な国民の民意を汲み取る方策として、選挙はとても大事だと考えております。
D60_a8699a_2
今年の7月7日~9日まで開催されるG8洞爺湖サミット
では、5回目の議長国として日本の政治が安定しない状況が現れる事は国際社会に対して、不安を与えかねない事となるので、解散はないだろうと私は思っていましたが、下記の記事の通り、雲行きが怪しくなって来ました。

 自民党の小泉純一郎元首相は7日、横浜市で開かれた党神奈川県連パーティーであいさつし「そろそろ大事な、何とかという『風』が吹き出した気がする」と述べ、衆院の解散・総選挙は近いとの見方を示した。古賀誠選対委員長も「『年内解散はない』とずっと言い続けてきたが、『もう危ないぞ』と言わせてもらわないといけない」と強調した。
 これまで小泉、古賀両氏とも年内の衆院解散・総選挙の回避を強く主張してきた。しかし福田内閣の支持率の下落に歯止めがかからない上、民主党の小沢一郎代表がサミット前解散も視野に攻勢を強める中、両氏が総選挙が近いことを訴えたのは、自民党内を引き締める狙いがありそうだ。【西田進一郎】
     4月7日20時16分配信 毎日新聞

勿論、私達はいつ解散があっても良い様に心の準備はしています。


洞爺湖サミットの会場となるホテルは洞爺湖を眼前に見下ろす高台にある最高級のリゾートホテル「ウインザーホテル洞爺」です。
サミット開催ホテルとして全国にその名が知られて、近年大変混み合っているそうです。

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

由利本荘ひな街道展の矢島町郷土資料館にて

 最近新しい活動報告が続きまして、少し間が開きましたが、3月26日と27日に記載した「由利本荘ひな街道企画展」の矢島町における3箇所目の概要をお知らせ致します。由利本荘ひな街道企画展」につきましては、矢島フォーラム
の2月18日に記載されてありますのでご参照して 下さい。

 矢島町舘町の山田家は、天保14(1843)年に酒田から矢島へ転住し、4代続いた指物師(木を組み合わせて家具や調度品などを作る)の家柄です。

Photo_3  山田家の雛は、昭和の初め頃に家人の女の子の初節句に古今雛などを購入し、それ以降3・4代目が集めたものです。内裏雛は享保雛・古今雛の2対、道具類は雛道具のほかにも、指物職人の目で集められら手棚・水差・堤重箱(行楽用のお弁当入れ)など、実際に使われていたものも一緒に飾られています。特に手棚は、藩主生駒家生駒車紋入りで、藩主の寝室に置かれていたものと伝わっています。
 享保雛は男雛高さ46cm、女雛34cm、古今雛は36cm・女雛35cm。製作年代はいずれも不明です。
五人囃子は童形の囃子は能楽、成人の囃子は雅楽を奏しています。
指物職人の見立てによるものだけあって、道具類の豪華さには目をひかれます。様々な雛道具のほか、藩主生駒家紋の生駒車が施された手棚、酒田から購入した庄内酒井家紋の下がり藤が施された水差、また梨地・蒔絵が美しい重箱、堤重、文箱など、実際に使用されていた道具類も見どころです。


 変わって、藤田家の雛人形の写真も紹介いたします。

Photo_2  矢島町七日町字羽坂の藤田家の内裏雛は高さ男雛40cm・女雛35cm。製作年代も不明ですが、男雛の冠が金色であることから、享保雛の中でも初期(江戸時代中期)のものであるか可能性があります。
伝来の経緯は不明ですが、藤田家には他にも、伝高松初代藩主生駒親正用の采配と、矢島9代藩主生駒親章の奥方の実家である喜連川家の二引両紋入の将棋盤が伝わっています。藤田家に伝わる品々との関係から推測すると、雛も同様に生駒氏に由来したものかも知れません。
姫君たちの初節句に雛人形を送る記述が残されておりますが、若君(男子)の場合は5月5日の端午の節句に兜などが贈られています。誕生のお祝い品ではありますが、子供が幼くして亡くなることが多かった江戸時代、初節句に女子には雛人形男子には兜を、というように子供たちそれぞれの成長を願ってこれらの品々を送ると いう慣習が、旗本生駒家の記録からも見て取れます。
記述に従えば贈られる雛は「雛揃」ではなく、「内裏雛‐対」など、人形のみのようです。また姫君たちには初節句だけではなく、折りに応じての上巳の節句に複数回雛人形が送られる場合があることがわかりました。

 以上で矢島町の3会場のご紹介を致しましたが、とてもふるさとの誇れる歴史と伝統を再発見する事が出来ました。
今後は時間を見つけて、合同企画展の、岩城町・大内町・本荘市など他町の展示物を見てみたくなりました。
この企画展は4月20日まで開催されておりますので、皆様にも是非鑑賞されます様にお奨めします。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

後期高齢者医療制度の名称が変更されました。

「長寿医療制度」と呼び名を変えた舛添厚生労働大臣に厚生族が激怒。
「後期高齢者医療制度」の呼び名を「長寿医療制度」と変えた問題などを巡り、舛添要一厚生労働相と、自民党厚生族の関係悪化が目立ってきた。
3日には舛添氏が族議員への不満をテレビカメラの前で口にするなど抜き差しならぬ状態になりつつある。
「名称をいろいろおっしゃる暇があれば、制度の意味を国民に説得すべきでしょ。私はやってますよ」3日、舛添氏は記者団にそう言って族議員批判を展開した。厚生族の頭越しに、医療制度の呼び名を変えた厚労相に対し、自民党の鈴木俊一社会保障制度調査会長が2日、「私はそんな名称は使わない」と激怒したことへの反論だ。
元々族議員は「スタンドプレーばかりだ」と舛添氏への不満を募らせていたが、2月27日、舛添氏が厚労省職員に「族議員に働きかけ、大臣に政策変更を迫ることは許されない」と厚生族との決別を訓示したことで、溝が深まった。族議員は舛添氏攻撃の「材料」に医療制度の呼び名の変更を使ったようだ。
舛添氏は、従来の大臣とは違う姿勢を示し、国民の支持を取り付ける狙いがあるとみられるが、両者の板ばさみとなる同省幹部は「やりにくい」とこぼしている。【吉田啓志】
  毎日新聞 2008年4月4日 0時16分(最終更新 4月4日 9時23分)Kusuri_2
<長寿医療制度>実施本部発足 広報体制強化に大わらわ
 厚生労働、総務両省は4日、呼び名を「後期高齢者医療制度」から「長寿医療制度」に変えた75歳以上の人の医療保険の仕組みを国民にわかりやすく伝えるため、長寿医療制度実施本部(本部長・舛添要一厚労相)を発足させた。自治体の相談窓口の職員向けにQ&A集を作ることを決めるなど、にわか仕込みの広報体制強化に大わらわだった。
1日スタートした新制度は、野党から「うば捨て山」と批判されるなど評判が悪い。たまりかねた福田康夫首相は同日、舛添厚労相に通称の変更と周知徹底を指示。それを受け、両省は幹部による実施本部設置を決めた。
初会合であいさつした舛添厚労相は「(保険料負担増の)激変緩和措置もきちんととったが、周知徹底されていない。努力が足りない」と不満をぶちまけた。【佐藤丈一】
 毎日新聞 4月4日18時54分配信
Kuumaisu_2
高齢者を支える医療保健費用は毎年増え続けています。
我が国では高齢者を支える成人納税者が減少し続けており、どの程度の負担を国民に求めて、どの程度の保障とするのかを決めるのは国会の役目です。
高齢者対象の財源は、ガソリン値下げで一気に国民の関心事になった道路特定財源の様に、受益者が負担する特別財源ではなく、人は皆必ず年を重ねるのですから、全国民に負担を求める消費税の税率増が最も適切な財源であると私は考えております。
高齢者医療制度の最も大事な事は高齢者が安心して老後を送られる様な税金の使い方を示して実行する事が肝要だと私は思っております。

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

道路特定財源の暫定税率期限切れの影響が出始めています。

道路特定財源を含む税制改正に関連して、各地に影響が出て来ています。
道路特定財源関係についての、これまでの私の意見はこのブログの、10月16日10月20日11月12日11月19日11月20日11月26日1月24日1月31日2月29日に記載しておりますので、時間があります時にご参照下さい。

Humikiri
私は道路特定財源は未だに整備が遅れている地方にとっては道路特定財源も暫定税率も堅持すべきであると主張してきました。
しかし、、道路特定財源の使い道について、道路関係費としては明らかに目的外使用がマスコミで次々を明らかにされて、国土交通省自身から30%道路関係以外に使用した発表があり、私も不信感を拭いきれません。
マスコミで放映された、「職員の健康増進の為に必要と判断した」としてマッサージチェアの購入野球セットに使用した事などは呆れて物が言えませんが、道路の必要性を訴えるミュージカルそれぞれの地元値段よりも著しく安い職員住宅の建設に使われていた事は、明らかに国土交通省の無駄遣いであり、これだけ国民の知る所となったこれらの事柄については再発防止の為に万全の使用基準を作る事が急務であり、国土交通省の猛省を求めるものです

Barrierfree
以下、新聞記事を転写致します。

総務省は4日、ガソリン税などの暫定税率期限切れを受けた全国の都道府県の対応状況をまとめた。
36道府県が道路事業などを凍結しており、このうち、宮城、山形、栃木、石川、三重、京都、福岡の7府県は、福祉予算などの一部を含む経常的経費も凍結するなど、地方の混乱は広がっている。
読売新聞が1日に行った調査では32道府県が凍結する考えを示していた。総務省調査では、32道府県に加え、埼玉、富山、岐阜、徳島、高知県が凍結と回答した。読売の調査に凍結方針としていた福井県は、総務省調査では「検討中」と回答した。
 総務省の調査では、36道府県のうち、道路のみ凍結が25道県、「道路プラス公共事業の一部」が青森、広島、山口、佐賀の4県、さらに経常的経費の一部も凍結するのが7府県だ。
    読売新聞 最終更新:4月4日22時23分

更に東京都の石原慎太郎知事「国会に於いて暫定税率が復活されない様であればとが独自に都税として徴収する事も考える」と発表しました。Kids
秋田県内では大仙市の栗林次美市長道路建設関係交付金の目処が立たない内は、道路建設の事業を一時凍結する3日に発表しましたし、更に秋田市の佐竹敬久市長は4日の会見で、道路特定財源の暫定税率の期限切れを受けて、財源のめどがつくまで、緊急の維持補修費を除く道路事業関連予算62億円の執行を凍結することを明らかにしました。
当面大きな影響はないが、暫定税率の失効期間が長引くと、事業の縮小や先送りなどが予想されるます。
同市の本年度の道路事業関連予算は一般会計と土地区画整理特別会計合わせて約69億円。市は維持補修費のうち緊急性の高い7億円を除いて、残り62億円の執行を凍結します。
市は69億円のうち、道路特定財源からの歳入として32億円を見込んでいた。市のシミュレーションでは暫定税率が1年間失効された場合、歳入が15億円減少。これによって市単独では事業化のめどが立たなくなるものが事業費ベースで37億円相当に上る。
佐竹市長は「基金の取り崩しや市単独での起債は困難。期限切れが長期化すれば、道路整備をやめたり、福祉などほかの予算を削って除雪費に充てることも考えなければならない」と話しました。
暫定税率が廃止されると、新規の生活道路の確保はおろか、今ある道路の除雪作業を含む維持管理すら危ぶまれる状況になります。Snow
収入不足額は秋田県分が309億円、市町村分は96億円で合計405億円の減少となります(平成18年決算ベース)
地方では県民生活の向上の為に整備が必要不可欠な道路がまだまだあります、これらの事業促進は引き続き要望活動を続けますが、安定収入が無くなったら国民・県民にしわ寄せが来ない様に国会論議を求めるものです。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

由利本荘地域における多チャンネル視聴について。

現在由利本荘市に敷設されているケーブルテレビの送信元であるONT基本チャンネルで視聴出来るのは、地デジによる重複を合わせても16チャンネルです。
それにデジタル放送受信機を購入する事によってプラス50程度のチャンネルを視聴する事が出来ます。
料金は基本チャンネルが\1300と一見割安ですが、これは現在ケーブルテレビに加入ていない秋田県の一般的な家庭とほとんどチャンネル数が変わらない必要最低限な番組視聴出来るだけで、電波状況さえ良ければ特別ケーブルテレビを必要としないものに支払っているだけのものです。

多チャンネル放送対応各局の料金の参考例は下記の通りです。Imagephp

①ONT ②CAN(参考) ③J-COM(参考) ④スカパー(参考)

コンパクトパック料金①\1,300

多チャンネル標準プラン
①\4,000 ②\3,700 ③\4,389 ④\3,910

多チャンネルデラックスプラン
②\4,500 ③\5,229 ④\5,700

(ONTは本荘ケーブルテレビ、CNAは秋田ケーブルテレビ、J-COMは全国版ケールテレビ、スカパーは衛星有料放送)

上記料金比較にある「多チャンネル標準プラン」は約50チャンネル「多チャンネルデラックスプラン」は約70チャンネルです。
この他にもWOWWOWや映画・競馬・宝塚などの専門チャンネルは各社追加料金で視聴する事が可能なものが多いです。
(だた、そう言ったチャンネル数もONTは他社に較べると少ないのが現状です。)
この他に各社加入金等がかかる場合もありますが、そちらの料金は加入促進キャンペーなどで流動的な場合があります。
J-COMは国内最大のケーブルテレビ会社で、北は北海道から南は福岡まで全国展開をしいます。

D60_a7716c_3  東京などとはテレビに映るチャンネルが違うので一概に料金の比較は出来かねるとは思ますが、これからの多チャンネル時代に、民放3局とNHKだけと言うのでは視聴者のニーズが満たされると私は思いません。
CANやJ-COMとの連携、提携なども検討する必要があるのではないでしょうか。
そう言った連携によって、「TBS」や「テレビ東京」など首都圏で人気のテレビ局の番組などが視聴可能になり、視聴者も多岐の情報を入手する事が出来る様になります。
情報化社会と言われる昨今、インターネットの普及は目覚ましいものがありますが、まだまだテレビは大切な情報源に変わりはないと思います。
 地方が環境整備を怠る事によって、住民が情報難民になってしまうような事態を避けるため、由利本荘市でも環境整備に力を入れる事が必要であると私は考えています。

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

「夜スペ」は公共施設の目的外使用 正式実施の中止求め仮処分申請

 

塾の刺激は学校教育を変える“特効薬”になるか“劇薬”かと話題になった「夜スペ」に新たな展開がありました。
東京都杉並区立和田中学校で進学塾講師による有料授業「夜スペシャル(夜スペ)」が26日、スタートした。自治体などが費用を負担、塾講師が補習などを行う事例は各地で増えているが、成績上位層を対象にした有料授業に都教育委員会からいったん待ったがかかり延期されていた。「ゆとり教育」の失敗で塾に頼らざるを得な い公立校。塾の刺激は学校教育を変える“特効薬”になるか“劇薬”か (2月27日 産経新聞)

D60_a1770c
 東京都杉並区の区立和田中学校(藤原和博校長)が、大手進学塾と提携して試験的に実施している有料の受験対策授業「夜スペシャル(夜スペ)」をめぐり、同区の住民49人が24日、「夜スペは公共施設の目的外使用」などとして、区などに4月からの正式実施の中止を求める仮処分を東京地裁に申し立てた。
 申立人には、和田中の保護者は含まれていない。申立人らは、夜スペが大手進学塾1社と契約を結んでいることから、公共施設が一部企業の営利目的で使用されることになり、違法行為に当たると主張している。
 夜スペをめぐっては、当初、東京都教委が義務教育の機会均等の観点から問題があると指摘したが、協議の結果、「学力向上という公共の利益のためで違法には当たらない」と判断。今年1月から試行的に実施されている。 (3月24日 産経新聞)

 藤原校長は「PTAは母親が中心だったが、地域本部との合体で父親などにも学校支援活動に参加してもらえ、多様な人材を発掘できる」と力説。「PTA活動の担い手が少ないなか、全国にも同様の動きが広がるだろう」としている。
 藤原校長は東京大学卒業でリクルート出身。夜スペのほか、土曜日に地域本部の学生ボランティアが学習指導する「土曜寺子屋」など教育改革を進めてきた。今月末に退任する。
 文科省は今後、和田中をモデルにした「学校支援地域本部」を全国に1800カ所設置する方針を掲げている。

D60_a8551
肝心な事は子供の学力向上であるはずです、「公共施設の目的外使用」などの理由で公立学校施設の使用中止を地元住民の有志が法的に求めたものです。
皆様はどちらの意見に賛同しますか。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

本荘駅前通りの狭隘箇所の改良について。

 

本荘駅前通りの「さいとう民芸」から「大門角」までの未改良部分約350mに関して、秋田県建設交通部・都市計画課長から説明を受けましたので要点をお伝え致します。
この道路の路線名は「県道羽後本荘停車場線」であり、都市計画道路名「停車場栄町線」も併せ持ちます。
 羽後本荘駅から「きらやか銀行」角までの延長458mにつきましては、片側2車線で両側広幅員歩道付の全体幅員27mで市区画整理事業として昭和46年から昭和62年までに完成しております。

 Nec_0350_4
Nec_0352_2 Nec_0351_3





 

 狭隘箇所は、駅前から完成した道路と同じ27mの幅員で計画決定されておりますが、区画整理事業に反対があったと聞いております。
成田空港闘争を例に取るまでもなく、我が国の法律では個人財産を公共事業の為に強制的に買収は出来ません。
成田空港では35年も前の用地反対住民が現在も滑走路の真下に個人所有地を残して闘争を続けております。
私が知っている強制買収の事例として、1988年のソウルオリンピック開催に向けて、韓国では高速道路整備に当たり、計画した図面に基づいて強制買収した事例があります。
また中国では工業団地造成の為に農家の農地を強制買収しようとしましたが、農家の反対による暴動が起きた事も昨年のニュースです。
 大門角を中心とした部分は現在東西に延長233mの区間が市区画整理事業中であり、平成9年から平成19年度で事業の目安が立ち、全体事業も平成22年度の完成を目標に事業が進められております。
 さて、問題の約350m区間ですが、都市計画決定した昭和46年には1日の車両通行を12,000台と予測して車道片側2車線、全体幅員27mを計画したのですが、現在の通行量調査の結果は、1日5,000台の実績であり、道路構造令による1日交通量10,000台以上が片側2車線という条件には該当しなくなっ ており、現実的には片側1車線で対応可能であります。

Nec_0354












 また、沿道では多くの店が営業しており、直売方式の整備では営業できない店も出てくることが考えられることから、この地区をどのような街にしたいのかの「まちづくりビジョン」が必要であります。住民合意と市とで計画を立てて頂き、それを踏まえ整備手法等について調整して行きたいと県では考えております。

Nec_0355











 事業を進める為にはそれなりの手順が必要です。
まず、単純に県道整備事業として拡幅改良に取りかかっても、地元住民は店舗の移設などを含めての用地買収に応じてくれるのでしょうか?
国も県も市も厳しい財政難の折り、全県の数多い道路改良要望の中で用地買収の目処の立たない地域の改良事業に取りかかる事は出来ません。
又は、駅前から「きらやか銀行」まで、及び現在進められている大門角周辺の様に市区画整理事業として面的な整備をしていくのでしょうか?

Nec_0356 Nec_0357











それは関係住民の意向次第です。
この事業を進める為の第1歩としては、「地元関係住民の協議」をする事から始まります。
当然、市の建設部の現状説明などを聞き、必要であれば県の担当者からの現況説明なども聞きながら、「住民はどのような整備を望んでいるのか」、「用地買収には応じてくれるのか」の意思確認をする事が先決です。
現在、国の一大事として捉えられている「道路特定財源を使った道路整備」について、報道各社がこぞって放送しているのが、用地買収の協力が得られずに行き止まりになっている道路を「無駄な道路」と放送されています。
早期着工を望む方々が中核となって住民協議会を開催される事が第1歩です。

Nec_0358











 県から以前に住民の反対があったこの事業促進を能動的に取り組む事はありません。
この地域の整備について手順を確認します。
・事業を進める為には、まず住民による「まちづくりビジョン」の策定が第一歩です。
・その集約した意見を由利本荘市に提言します。
・用地関係者の内諾を得る事が必要です。
・用地関係者の内諾が得られれば、県は事業着手に向けて初めて第1歩を踏み出す事になります。

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

ソウル便の補足説明と測量協会での講演

 昨日まで私のブログに記載しました秋田・ソウル便存続について補足説明をしました。
面談したのは、秋田県観光課ソウル便特別対策保坂政策監と係員2名に県議会の自民党控え室の応接にきて頂いて、意見交換をしました。

Nec_0346_5









 まず私から「鶴の湯温泉の宿主からはホームページに ハングル文字版を作る事は喜んで了解しました」との回答を得た事をお知らせしました。
保坂政策監からは「秋田空港から田沢湖地区までの乗り合いタクシーのエアーポートライナーもハングル文字版を作る事の了解を得ました」との報告を聞きました。
昨日までの報告の通り「秋田・ソウル便の存続はソウルからの誘客が鍵を握っている」とこの共通理解が出来ました。

Nec_0347_2










 受け入れ体制として、鶴の湯を受け取り先として鶴ノ湯関連の宿、乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖畔温泉郷、更には男鹿温泉郷、森岳温泉に至るまでの受け入れ宿泊施設でのホームページのハングル文字版製作の可能性の調査と宿泊料金とサービスの再確認をする事、等を協議しました。
また、韓国側にマスコミでの取り上げられる様な営業活動の強化についても共通認識を得る事が出来ました。



 午後4時からは私が顧問を務めております、由利本荘測量設計業協会の研修会として私が1時間講演を行いました。

Nec_0348_2










 由利本荘市の「平成20年度事業の概要説明」と今最も政治課題である「道路特定財源の成り立ちと必要性」について等について講演しました。

 最後に測量設計業協会の会員は地元の必要事業を自ら問題意識を持って目を配り、必要と思われるカ所については私の知らせ下さい。
私も積極的に調査をして市民生活の向上に努力しますと申し上げました。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »