« 県議会の23日目、総括審査が開催されました。 | トップページ | 日産GT-Rが復活しました。 »

2008年3月16日 (日)

県議会のスキー同好会と矢島小学校の卒業祝賀会に参加しました。

金曜日の県議会を終えてから、県議会スキー同好会の田沢湖スキーツアーが開催され、参加しました。

日程は午後7時にホテル集合、夕食開始。

スキーツアーはスキーそのものも勿論楽しいのですが、前日の夕食会も楽しみの一つです。共通の趣味を酒の肴にして杯を酌み交わすのは楽しい時間です。ホテルはハイグレードリゾートホテル「四季彩」で、夕食メニューは、お肉と魚介のバーベキューでした。満腹のお腹を撫でながら露天風呂に浸かり、外に見える雨空を見上げながら、明朝の好天を願いました。部屋に戻ってからも同室の仲間と懇談を続け、時計が12時を回る頃にフカフカのベットに潜り込みました。

私のブログの2月8日に「田沢湖スキー場」とホテル「四季彩」などにして記載しておりますので興味のある方はご参照下さい。

土曜の朝、8時30分にホテルを出発、スキー場には5分で到着、早速スキーを開始、とは言っても前日からの雨も上がらず、更に濃い霧も掛かってスキーを楽しむには生憎の天気でしたが、それにもめげずに同好会員一行12人は、リフトに乗って山頂に登り、スキーの滑走開始です。

雨の為に雪も湿って重かったのでしたが、結構楽しく滑る事が出来ました。先頭を切って滑り降りるのは、同好会会長で秋田県スキー連盟会長でもある鈴木洋一さんです。見事な腕前(足前?)でスイスイと滑り降りて行きます。メンバー一行はその後ろ姿を目標に次々と続いて滑り降りてスキーを楽しみました。

県議会の会議中は様々な問題に渋い顔をしているメンバーも、普段は見た事の無い、少年の様な笑顔に変わっています。雪国で生活する私達にとって、降雪は朝の玄関の除雪や車のスリップ事故への緊張など、なにかとやっかいに思う事が多いのですが、雪を味方につけて楽しむスキーの楽しみは雪国に住む人々の特権でしょうね。

Nec_0285Nec_0286 *

*

*

*

*

*

あまりの霧の深さと雨の為に、9時半過ぎにコーヒータイムを取りました。レストランで私の目を引いたのは田沢湖スキー場の今年のポスター。タイムスリップした様なセピア色の写真を大写しにしたもので、子供の表情の真剣な、しかも得意げな顔が最高で見とれてしまいました。

お昼まで滑って昼食懇談後にみんな笑顔で自由解散。

前列の女子は県議ではなく東京に嫁いだ私の娘です、念の為に。paper

*

Nec_0287 午後5時からは矢島小学校の卒業祝賀会に出席しました。
今年の卒業生は48名でその保護者の皆様は何れも子ども達の成長を喜ぶ笑顔で溢れていました。
開会は祝賀会実行委員会の三浦智委員長から、喜びと感謝のご挨拶で始まりました。
続いて由利本荘市教育委員会委員長職務代理者であり、矢島町で僧職に就いておられる佐藤成孝氏から祝辞がありました。
「私が国際座禅堂の建立の為に、岩手県遠野市を托鉢していた時に、町外れの寺の正面に掲げられていた文字に目を奪われ、立ち止まり感銘深く見入りました。

そこには『子育ての三原則、待つ事・許す事・祈る事』とありました。不変の真理だと感じましたし、保護者の皆様もこの様な心で子供さん達を育てて下さい」との祝辞でした。

*

続けて、矢島小学校の教頭 打矢敏昭先生からの祝辞がありました。
「今日の卒業生に渡された卒業証書は、第16,907号から16,954号まででした」との紹介があり、実に多くの矢島の子ども達がここで学び、育った事を再認識しました。
*

Nec_0289乾杯の後、ほど良く時間が経過した所で、先生全員での合唱がありました。歌は松任谷由美が歌った「卒業写真」でした、3部合唱でとても素敵な歌声でした。

私の可愛い後輩でもある矢島小学校卒業生の健やかな成長を願うと共に、輝く未来に沢山の光が降り注ぐ事を願いました。

|

« 県議会の23日目、総括審査が開催されました。 | トップページ | 日産GT-Rが復活しました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会の23日目、総括審査が開催されました。 | トップページ | 日産GT-Rが復活しました。 »