« 県議会のスキー同好会と矢島小学校の卒業祝賀会に参加しました。 | トップページ | 県議会の26日目、予算委員会の総括審査が継続されました。 »

2008年3月17日 (月)

日産GT-Rが復活しました。

7414612043972373 日産スカイラインGT-Rと聞いただけで、血わき、肉おどり、鳥肌が立つのは私(56歳)と同世代の方々でしょう。
平成14年に生産が中止されていましたが、昨年モーターショーで発表され、3月16日にレースにデビューしワンツーフィニッシュを果たしました。

12709011994697043 GT-R、新たな伝説の始まり デビュー戦スーパーGT勝利
トップでフィニッシュラインを駆け抜けた日産GT-R。コックピットから右手を差し出し、人さし指を天に突き上げた本山は、クールダウン周回の終了直前、いったん日産ファンの応援席前で車を止め、喜びを分かち合った。ーー(産経新聞)


〈スーパーGT〉日産「GT-R」ワンツーフィニッシュ、デビュー戦で強さを見せた
自動車レースの国際シリーズ「スーパーGT」第1戦の決勝が15日、三重県鈴鹿市の「鈴鹿サーキット」(1周5.807キロ、決勝52周)で行われた。500クラスでは前日の予選でトップ3を独占した日産「GT-R」がこの日も強さを見せ、予選2位の本山哲/ブノワ・トレルイエ組が、ポールポジションのミハエル・クルム/柳田真孝組を24周目で抜き、そのまま僅差で勝利を挙げた。トヨタ・レクサスSC430の脇阪 寿一/アンドレ・ロッテラー組が3位に入った。ーー(毎日新聞)


5355411556734411 日の丸スポーツカー 復活 ~日産「GT―R」開発
平成19年10月24日、東京モーターショーで注目の車が発表された。
日産が新しく開発したスポーツカー「GT―R」だ。
この車の総責任者は、日産のカルロス・ゴーン社長。ゴーン氏の思いとは、この車で日産の新たなブランドイメージを作り上げること。そこでゴーン氏が開発陣に与えた使命、それは「欧州の名だたるスポーツカーより速い車を作れ」――――。
かつて車が若者の憧れだった70年~80年代、日本のメーカーからも数々のスポーツカーが誕生した。日産で最も有名なスポーツカーは「スカイラインGT-R」。GT-Rとはスカイラインのレーシングバージョンのことで、数々のレースで優勝を飾ったという伝説の車である。
しかし、バブルが崩壊し車も経済性や燃費が重視されるようになった近年は日本の主力メーカーのラインナップからスポーツカーが消えつつあり、GT―Rも2002年に生産が中止された。
しかし、ゴーン社長は昨年、「GT-R」を復活させた。ーー(日本経済新聞)


日産GT-Rの公式HPはこちらです。

ちなみにお値段は、7,800,000円~となっておりますcoldsweats01car

|

« 県議会のスキー同好会と矢島小学校の卒業祝賀会に参加しました。 | トップページ | 県議会の26日目、予算委員会の総括審査が継続されました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会のスキー同好会と矢島小学校の卒業祝賀会に参加しました。 | トップページ | 県議会の26日目、予算委員会の総括審査が継続されました。 »