« 日本農業についての講演会がありました。 | トップページ | ゲーム機最大手のナムコがリハビリゲーム機を開発 »

2008年3月24日 (月)

由利本荘医師会に胸部X線検診車が導入されました。

私のふるさと矢島町で開業されており、由利本荘医師会会長の佐藤誠先生から重ねて医師会活動報告のメールがありましたので皆様に紹介致します。
*

「2008.pdf」をダウンロード

由利本荘医師会は開業医52名、勤務医86名で構成されています。
昨日の続きの医師会活動報告ですが、この度由利本荘医師会の胸部X線検診車を自転車振興会の補助金で更新することが出来、4月より稼働します。
*
~医師会報3月号の紹介ページを添付します。~
入札で4,000万程に下がり,内1,000万の上限で補助金を得ることが出来ました。
今後2,000万程の予算で画像ファイリングのDICOMサーバーを構築し,健診写真だけでなく医師会病院のCT,MRI等の画像も管理(フィルムレスの環境を構築),さらには昨日のネットワーク活用と進みたいと考えております。
尚、来年度の特定健診、特定保健指導の対応は、これも従来の由利本荘医師会独自のシスティムから秋田県保健事業団の全面的な支援を得ることが出来、事業団と同じシスティムで稼働予定です。
今後とも宜しくご理解の程お願い申し上げます。


由利本荘医師会 会長
 医療法人 有誠会 佐藤医院
  佐藤 誠 
*
43711447770483 一昨日に続いて私に上記の内容のメールが来ました。
由利本荘医師会で医療活動に情報化推進を積極的に取り組まれておられる事がよく解るメールでしたので私は佐藤誠先生に「このメールを公開させて頂いて宜しいでしょうか?」と問い合わせた所、「県と市で将来のインフラ整備促進に役立つ資料になるのであれば幸いです。」との返信を頂きましたので皆様にもお知らせ致しました。

|

« 日本農業についての講演会がありました。 | トップページ | ゲーム機最大手のナムコがリハビリゲーム機を開発 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本農業についての講演会がありました。 | トップページ | ゲーム機最大手のナムコがリハビリゲーム機を開発 »